なつぞら 第6週 31話「なつよ、雪原に愛を叫べ」感想・ネタバレ アニメーションの世界に足を踏み入れる

なつぞら_R連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。とうとうなつぞらにアニメーションが本格的に入って来た! これが観たかったんだ!!

なつぞらのモデルは、女性アニメーターの奥山玲子さんという人らしくて宮崎駿監督や高畑勲監督ともゆかりのある人らしい。気になる…! 元ネタを知らないと誰がどのモデルなのかわからないから…今度まとめてみようかな。

スポンサーリンク

なつぞら 第6週 31話「なつよ、雪原に愛を叫べ」

マンガ映画を作る現場へ

天陽くんのお兄さん、陽平さんにとってもなっちゃんは「弟の彼女」なんだw そうだよね…。あれだけ仲良くしていて「恋人でもないしそう言う目で見たことがない」と言われても…!w

お互いに意識したことがないだけだとは思うけど、今週の話で進んだりするんだろうか?

陽平くんは美術学校に行ったのにアニメ製作に行くとは意外。なんとなく意外!! 美術学校に行く人ってみんな油絵とか描くものとばかり思っていた。

31話 中割り_R

https://realsound.jp/movie/2019/05/post-356800.html

なっちゃんが書いた動画を観て、仲さんたちは「なかなか良い」「重力を感じる」とほめてくれた。

その言葉に対して「私なんて全然上手くありません。下手です。やめてください」と言ってしまうなっちゃん。これはあるある。日本人あるある。

プロの人達が「良い」と言っているものに対して素人が「いえいえ私なんて」と言うのは…失礼になるのかな?

仲さんの言う「僕たちがお世辞を言っていると思っているのかい? 僕たちはそんなに暇じゃないよ」は厳しい言葉でもあるし優しい言葉でもあると思う。良い人~~~~!

31話 セル画をもらう_R

https://realsound.jp/movie/2019/05/post-356800.html

前の作品とはいえ、セル画もくれるし。もう既になっちゃんのことかわいがってるじゃん。良い人しかいないわ!

なっちゃんにとって絵は日常に近いものではあるけど、その絵で食べて行こうとは考えていないわけだから…「なろうと思ったことはない」というのも仕方ない。

どこでも勉強はできる

なっちゃんの「どこにいても目の前のことに集中できる」って良いなぁ~~~!

薪割りの絵を描くときも、実際に自分が動いてどんな動きになっているのか確認してから描いている。あたしはあの周りの目が気になってできない…!

31話 頑張ってる_R

https://realsound.jp/movie/2019/05/post-356800.html

あの「頑張ってる頑張ってる…」という微笑ましい視線がなんだか恥ずかしくて耐えられない。そんなこと言ってる場合じゃないし、恥ずかしがっている姿勢が恥ずかしいんだけど…とにかくできないw

 

仲さんが言っていた「日常が勉強」というのは、どこの世界も一緒なんだな…。アニメーターさんも芝居するし、声優さんも芝居するのか。アニメって深かったんや…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました