おんな城主直虎 7話”検地がやってきた” 感想・ネタバレ 直親、直次の頭脳戦?

おんな城主直虎

おんな城主直虎も今回で7話!

亀之丞直親が井伊の里に戻ってきて2話目…。

相変わらず三浦春馬さんの眩しい笑顔が…!!ホント、イケメン!!

かっこいい!!!

Eテレかなんかのタイトルみたいって思ってたけど、

観てみると確かに…検地というのはお金に関わるから大切なことなんだね。

これは私の感想を織り交ぜたネタバレだよ!!(*‘∀‘)

「もう観た」という人向けなので、

まだ観てない方は、U-NEXTで見逃し配信もあるので

これ↓を観てみてね!!

ここではドラマや映画を観る上での動画配信サービスを紹介しようと思います。アニメとかは別にサイト作ったのでそっちでwドラマも今では動画...

ネタバレを含んだ感想なので、そこんところよろしくね!!

それでは、楽しんでゆっくりしていってね!!!

スポンサーリンク

おんな城主直虎のメインテーマ曲って…


先にメインテーマの話をすると…、

これ…長くない?www

こう考えてるのは私だけではないような気がするんだが…。

この動画にはないけど、OPのあの映像が長いよね。

1話の感想、

おんな城主直虎 井伊谷の少女 ネタバレと感想 2017年の大河ドラマ始まったぜ…真田丸と同じ戦国時代の話…。...

にも書いた気がするけど、理科の授業みたいなOP映像

OPの感じは真田丸のが好きだったなぁ…。

あの矢と花がぶつかり合うところ??あれが女っぽくて嫌。

そして「終わった」と見せかけて終わってないところが嫌wwww

終わってないんかい!!まだスタッフクレジットあるんかい!!!

ってなるから嫌www早く観たいのに!!!

でもこのOPテーマ観ないと、

大河ドラマ見るぞ!って感じ出ないから観ちゃう~~~w

おんな城主直虎 7回「検地がやってきた」のあらすじ

直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)の祝言が無事執り行われ、祝賀ムードの井伊谷。小野政次(高橋一生)と新野左馬助(苅谷俊介)の二人は駿府・今川館に出向き、改めて直親の帰還を認めてもらうよう願い出る。

これに対して今川義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。

井伊直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。川名は井伊家にとって最後の砦とも呼ぶべき土地であり、これを敵にさらすことは耐えがたい屈辱だったのだ。

直親は川名の隠し里を隠し通すことを直盛(杉本哲太)に進言する。そして、今川の目付役である政次にも、そのことを頼む。だが、今川の検地奉行・岩松(木村祐一)は、隠し里の存在に気付いてしまう。

政次の苦しい説明で何とかその場をしのいだ時、駆け付けた次郎法師(柴咲コウ)が岩松の妻の命日を供養させて欲しいと願い出たこともあり、検地は穏便に終わる。

おんな城主直虎 公式HP第7回「検地がやってきた」あらすじより

あんなに亀之丞と結婚すると言っていたおとわちゃんが…

まさか自分以外との相手の結婚を勧めるなんてな…。

本当に戦国時代悲しい(´・ω・`)

しかし未だに今川は井伊直満の謀反を覚えてるし

その息子である直親のことをよく思ってないんだね。

直次も言ってたけど、わざわざ今川義元は

「井伊の姫と添わせるのか」

って聞いてきてるからね。これは相当気にしてるでしょ。

それだけ今川にとって謀反って大きいものなんだね。

帰還は認めてもらえたけど待っていたのは検地…。

検地って面積を測って税を徴収する…ものと考えていいんだよね。

やってきた岩松さん、検地に縄使うんだもの。

今の時代では測るのは普通だけどこの時代では普通ではないんだろう。

川名の隠し里を守れ

検地をするということで、嫌がったのが大じじ様の

井伊直平さん!!川名の里は大じじ様のところだからね。

ただ税が増えるのが嫌なんじゃなくて、

川名の里は、井伊の最後の砦ともいうべき場所。

今は今川は勢力を伸ばして強い大名だけど、

その今川もいつどうなるかわかったものではない。

以前今川との闘いでは、この川名の里に隠れ住んで時を稼いだ。

またいつそのような時が来るとも限らない。

大じじ様はいつも大らか…というか大ざっぱだけど

ちゃんと井伊の里のことを考えての怒りだった!!!

川名の里を実際に見て、大じじ様の想いを聞いたことで

直親は川名の里を隠し通す決意をする!!

井伊と今川に挟まれ良いとこなしの目付の小野

川名の里を内緒にするには皆の助けが必要。

直親は直盛を説得。川名の里を守るために自分に任せて欲しいと願い出る。

そして!目付役である直次、鶴丸にもお願いをする。

このお願いが!!!またドラマチックなんだわ!!!(*‘∀‘)

それは後で書くとして…。

政次は井伊家の目付として井伊の里に居る。

小野家としては井伊の里の正しい検地をしたいところ。

でも直親は「井伊の里のために」川名の里のことは内緒にしたい。

直親のお願いで、ひとまず直次も川名の里のことを了承してくれた。

このお願いの時に、小野家のことを考えて

話をしてくれるところが、直親はマジイケメンだと思う。

玄蕃(げんば 直次の弟)も言ってたけど、

「小野家のことをこんなに思ってくれた」のは井伊の里では

直親が初…というくらい珍しい存在。

直親は交渉上手いわ!!

算術と亡くなった奥さん大好き岩松さん

検地にやってきたのは岩松さん(木村祐一さん)

すごく数字に厳しい人で、田畑の大きさを測るのに

この時代では珍しい縄を使っての正確な計測

次の日の仕事に響くからと言って

お酒も夜飲まずに早々に寝て朝早くに出ようとする良い仕事っぷり!!

川名の里を隠そうとしている井伊にとっては、もちろん嫌な人w

道を失くしていたのに、岩松さんは何かに勘付いて

黄金の穂が揺れる川名の里をみつけてしまう。

直親・直次の言い訳?でなんとか事なきを得たところに

瀬名ちゃんより手紙の返事を持ったおとわちゃんが到着。

岩松さんは亡くなった奥様の事が今でも大好きなので、

その奥さんのためにお経をあげて、

岩松さんの検知はほわぁっと終わることができた。

次のページ(にゃんけい)へ続く→

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク