おんな城主直虎 20話”第三の女” 感想・ネタバレ さよならきれいな思い出、こんにちはスケコマシ二枚舌野郎

おんな城主直虎おんな城主直虎

鈴林です!前回は「直親の娘と名乗る者が来た!」というところで終わったけど…。やはり、井伊は荒れたねw今までは井伊の行く末に関わることだったから、六左衛門や直之、そして政次の出番が多かったけど、今回はちょっと久々にしのが多く出てきたように思う。

「王様の耳はロバの耳ーー!!」

みたいに御初代様の井戸に直親の文句を言っているところ笑ったwwwでもあそこで色々と文句を言うことですっきりしてくるよね…。なんとなく気持ちわかる…。

なんとなくだけど、今回って女の人ならめちゃくちゃ気持ちのわかる回ではないだろうか。男の人なら「もし生きていたらどうなったか」という気持ちを考えるとだいぶいたたまれない気持ちにはなると思うwww

あたしは結婚もしてないけど…もし直虎やしのの立場になったら、直親を許せる気がしない。しかも直親は死んでるし!!!もうこっちからは何もできない!!w

しのが言う「すがしく見せていた」って字で書くなら「清しく」ってことかな?あからさまに清く見せていたって感じ…?

スポンサーリンク

おんな城主直虎 20話「第三の女」

のうなったのは我の美しい思い出じゃ!!

ホントだよなぁ…。おとわちゃんはずーーーーーーーーっと直親、亀之丞のことを想って出家までして、鶴、政次との縁談だって断って龍潭寺に預けられて「どうして自分ばかりがこんなに辛い思いをするんだ」って後悔までしたのに。

20話 王様の耳は~

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story20/

それでも修行を頑張って、出家したから亀之丞の妻にはなれないけど亀之丞の竜宮小僧になるぞって決めてたのに…。

どこぞの女子と子まで成して!!!!

なんて奴!!!!

しのが言ってるのは正しい女の気持ちだと思う。これがさ、死ぬ前におとわちゃんやしのに言っていたならまだ良かったと思うんだよ。そして、直親が生きていた時に「あ~こいつ他の女ともよろしくやってたな」ってわかるような人だったらいいけど…。

そこはしのの言う通り「清しく」見せていたのかしら…。

スケコマシがっ!!

ここでたくさん思い起こされる直親の「歯の浮くようなセリフ」wwwwおとわちゃんに対する気持ちとしのに対する気持ちはベクトルが違う…からこんなことができるんだろうなと思ってたけど…www

二枚舌め!!

とか言われてて笑ったwww

おとわちゃん、直親の娘、高瀬(たかせ)があの亀之丞が笛でよく吹いていた曲を聞いて「直親の娘」だと確信して井戸に行くまで…ずーーーっと「当主としての直虎」の仮面を被ってたよね。

傑山さんも昊天さんも、南渓和尚も直之も六左衛門も政次も、みんなおとわちゃんが亀之丞、直親を大好きで亀之丞のために出家したことを知っているから「高瀬」についての話は腫物扱いだった。

20話 高瀬

高瀬(たかせ) 高橋ひかるさん

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story20/

おとわちゃんはみんなに「気を使われている」のが嫌だし、「私情」を挟む当主だと思われたくなかったんだろう。だから「直親の娘」について深く考えることをやめていた。けどしのは直親の妻、直親の娘と聞いて落ち着いてはいられない。

そしておとわちゃんとは「同じ人を好きになった」ライバルであり今は戦友のような人。だからこそ、おとわちゃんの過去を思い返して「おいたわしい」と言ってくれたんだろう。

あやつはこんなことも言っておった

って今までの直親の「恥ずかしいセリフ集」みたいになってて笑ったwww初見時は「三浦春馬さんかっこいい~~~直親イケメン~~かっこいいこと言うぜ~」だけど確かに冷静になるとしのとおとわちゃんで言ってることがコロコロ変わりすぎでしょ!

そして井伊を捧げすぎ!!wすぐ捧げちゃう!!wしのにもおとわちゃんにも捧げてる!おとわちゃんのために…帰ってきたのにさぁ…寂しいからってやっていいことと悪いことがあるよ!!w

寝耳に水の政次

政次も直親の娘の話は聞いてなかったのか…。もし直親が娘がいることを認識していたら政次には話して…そうだと思うんだよなぁ…。ヤるだけやって、子どもが生まれたころにはもうおゆきという娘の傍から直親はいなくなっていた…のかな??

政次は、おとわちゃんのことを好きだと思うんだ。そのおとわちゃんが好きなものを政次は知っている。その一番上にあるのが直親。直親の代わりをやると言って始めた井伊家の当主。

その直親に…隠し子が居たとはなぁ…。亀之丞の笛の曲を口ずさんだ時、政次もおとわちゃんも確信したんだろう。

だからこそ政次は悲しそうな表情でおとわちゃんを見ていた。おとわちゃんがどれだけ亀之丞を好きだったか政次は、鶴は知っている。自分との縁談を断られたり、出家したり井伊を巻き込む大暴走をしたりした。亀之丞のことで色々と相談にも乗った。

20話 政次の心配

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story20/

おとわちゃんはずっと約束を果たそうと待っていたのに、当の直親は子供を作っていた。つまりおとわちゃんとの誓いをとうに破ったということ。もう亡くなっているとはいえ、裏切られていたという想いがあることはすぐ想像できる。

そんなおとわちゃんの想いが想像できたからこそ、あの顔だったんだろうな。政次の位置からはおとわちゃんがどんな顔をしているのかは見えなかった。でも声で無理に笑って明るい声を出そうとしているのはわかったんだろう。

20話 政次となつ

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story20/

武田の間者ということにしてもいい、と政次は助け船を出した。確かにその可能性はまだあるけど…鶴にとっては今回はちょっと悲しい事件だったろうな。

ラストにおとわちゃんと碁を打ってて、ちょっと仲良くなっててよかった。

南渓和尚の出自

南渓和尚

http://www.nhk.or.jp/naotora/cast/detail/nannkeiosyou.html

南渓和尚様は「信じんかったか?」って言ってたけど…たぶん本当のことではないだろうか。南渓和尚は亡くなった人のことで嘘をつくような人じゃない…と思うんだよね。もしこれが嘘だったら、一時の話題のために自分の父、直平さんと自分の母親の過去を嘘とは言え汚したことになる。

そんなことは南渓和尚はしないと思う。きっと本当のことなんだろう。そうでなければ、南渓和尚が一番上の子供っぽいのに家を継いでいないのがおかしい。他の子は皆井伊に残っているのに、南渓和尚だけ出家しているなんて理由がわからないもの。

不義の子だった、なんて直平さんに言わなくて…良かっただろう。気持ちが乱れるだけだわ(´・ω・`)

高瀬は間者なの?

ラストに出てきた…ぎょうけい?だっけ。あいつのことを高瀬が見ていたけど、あれは見たことがある奴の反応だよなぁ。あのシーンだけで、既に高瀬が怪しい。しかしこの時代はDNA鑑定なんて無いから本当に高瀬が娘なのかは不明…。

20話 怪しいな

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story20/

武田は織田と結ぼうとしているのか…。武田の話が出る度に「これってまだ真田丸の辺りじゃないよね…?」って思ってしまうww武田信玄が生きている頃っぽいし…。違うよね??

仮に武田からの間者だったとして、高瀬を使うんだろうか…。そうだったら高瀬は寝返って欲しいなぁ…。

気賀にて

あの井伊を騒がせた旅の男、柳楽優弥さんが次回出てくるのか!そしてとうとう名前が明らかになるのか!!おとわちゃんが人質に取られていたようだけど…一体どうなるんだろう??

おとわちゃんのことだから、ムカついて突っ込んだんじゃなかろうか…w

方久の出番無いなって思ったら、鉄砲づくりを取られてしまったね…。持ってきたのは方久だったのに、未来の儲かる話をただ「馴染み」というだけで別の商人に取られてしまった。超悔しいだろうなぁ…。

しかし悔しさを現す言葉www「ドーーン!」とかwwwなんとなく伝わるけど異質ww

コメント