青天を衝け 5話「栄一、揺れる」感想・ネタバレ 人として守るべき線

Hit the blue sky青天を衝け

鈴林です。

いつもは日曜日に観られるけどだいぶ遅れてしまった。

なんとなく青天を衝けのOPって好きじゃないんだけど、観ている内に好きになったりするんだろうか。

話の内容は面白くなってきた気がする!

スポンサーリンク

青天を衝け 5話「栄一、揺れる」

魂を取ってしまう

前回からの続きで栄一がどうにも怒り…というかムシャクシャした気持ちを抑えられないのはわかる。

500両用意するのは大変だろうにあんな風に言われたらムカつくし許せないよな。

惇忠(じゅんちゅう)さんはいい人だなぁ~。

泣いている栄一を見かけて話を聞いてくれて、どういう気持ちなのかを表す言葉を教えてくれて…。

そしてさらっと話変えたよね?w

栄一の悲憤慷慨(ひふんこうがい)をどうやって晴らすか…とかではなく、「今この日ノ本には栄一と同じように悲憤慷慨している者が多くいる。この本を見ろ」ってねw

鈴林
鈴林

うまいなぁ…

と思ったw 

お役人に対してどれだけ怒ってもすぐに何かできることではないからね。頭良い。

アヘン戦争のことは歴史の授業で習った…というくらいの知識しかないけど、アヘンって麻薬なのは知ってる。

なんとなくアヘン戦争のwiki読んだけど想像以上に長かったw

アヘンで清国の人の魂を取り、その後攻撃を仕掛けて…というのがあの本に書かれている内容なのか。

あの清国の本? と思われるものは…一体どこまでが本当なんだろう。

wiki読んだ感じだと、もともと清国の人らがアヘン好きだったから…というのもあるような…。

明の時代からアヘンが好まれていて、そこに「いっぱい輸出して儲けたいんだわ」というイギリスの思惑が重なってアヘンをたくさん輸出した…とも捉えられるような。

色々考え方はあるだろうけど、ちょっと読んだ感じのあたしの印象はこれ。

あの本しか情報源がないのがまたどうにも信じていいのかわからんよなぁ。

今はPCで色々調べることができるし、参考文献もネットや本屋で手に入れることができる。

でも栄一達はあの本でしか外国の情報を知ることができない。複数の文献を読んで「本当に正しい情報はどれなのか」と確認することができない。

一つの情報源しかないって危ういな…と、栄一たちを観ていて感じた。

「異敵に滅ぼされないために!」となるのはいいけど、考えが一辺倒になってはダメだよね。

人として守るべき線

この時代でも地震はあるよなぁ…。

船が転覆したのは…どこの国? 「おろしあさま」って言っているように聞こえたけど、ロシアの人達…? いやでもこの頃はロシアという国名じゃないしな…。

どこの国でもいいけど、「異敵」と言ってはいるけど地震による津波で死にそうになっている人たちを助け、亡くなってしまった人に手を合わせるって…良い人たちだよ。

徳川斉昭のように「敵が死んだか! 好機!!」って喜ぶのもわかるけど、天災で被害を被った人に「ざまぁみろ!」って言うのはさ…違うよ…。

東湖が

「異敵といえど船に何か月も乗って日ノ本にやってきている、いわば忠臣。異敵と言えども家族や友もおりましょう。」

という説得はとてもよかった。

外国の人でもそうでなくても、家族はいるし友達もいる。彼らが亡くなることで悲しむ人も出てくる。

助けられる人を見捨ててしまうのは後々の名誉にも関わるし、人としてもどうなのって話だよ。

こういう話になったりするとどうしても、韓国の人の「日本の大地震をお祝いします」というのを思い出す。未だに思い出すし、最低なことだと思うわ。

やっぱり…やっぱり良くないことだよねぇ…と感じてしまうよ。

助けている人たちにとって「異敵にここまでするんですか?」と困惑する気持ちもわかるけど、助けないと「日本」という国の見方も人としての価値も下がるからマジで助けた方が「得」だと思う。

この家には無縁仏の祟りが~

栄一のお姉さん、なかさんは縁談が決まった後…とかではなく、まさおばさん達が「あの家は憑き物がいるんだよ!」とか言って縁談をやめようとしていたから…あんな風にボーーっとしてしまっていたのかな。

お千代の言う通り会ったのは数回だけでもなんとなく…心が通じ合ったような気がしていたから縁談が上手くいかなそうなことになって…落ち込んでいたのかな?

ってかなかさん、虫食べてなかった?? あれ何? 虫??

藍の葉に桑の実なんてつかないし…虫食べてるように見えてギョッとしたわ。

お祓い屋の人たち…恰好はそれっぽかったねw

栄一の

「無縁仏の人が亡くなったのは何年前? それがわからないと祠なんて建てられない」

「無縁仏の人が亡くなった年号は?」

という問答面白かった!w

もちろん本当に祈祷できる人もいるかもしれない。神様を降ろすことができる人もいるかもしれない…けど…さぁ…。

あんな風にしょっちゅう「この家には何か憑いてますか?」とか聞かれたくね~~~~!w

神様だってめんどくさいでしょ! なんで人間の家に何か憑いてる~、とかいちいち口寄せされて教えないといけないんだよw

めんどくさいことこの上ないわw 八百万の神様がいるって言っても、いちいち答えるのめんどくさいしやってらんねーーー! ってなるわ。

神様それぞれでも人間の捉え方違うだろうし、付き合ってられないよw

井戸の神が祟ってるとか無縁仏が~って言うけど、あのお祓い屋はいつもあんなこと言ってるんだろうな。

Episode 5: Don't come near the gold ring

https://www.nhk.or.jp/seiten/special/weekly_05/?f=stw

やはり学は身を助けるんだね。知識があることで騙されない。

栄一が年号を把握していて、算数もできるおかげでお祓い屋のインチキを暴くことができた。

栄一の言う通り、無縁仏がいるのは知ってるけど年号は知らないっておかしいもんw

ガチ神様だったとして「そんなこと知るか。お前らの年号など興味はない」とか言うならわかるけどさ…ちゃんと答えてしまうあたりが「人間が考えてます」って感じするよね。

栄一も神様を全く信じてないってわけではないと思う……けど、ああやって人の弱みに付け込むことが嫌なんだよね。

口寄せしたあの女の人も神様を降ろす儀式はしたくせに、返す儀式もしないで気まずそうにそそくさと帰っていくから…w ツメが甘い!w ちゃんと返す芝居もやれよ!!w

さようなら東湖

安政江戸地震…確か「西郷どん」でも描かれてた。

本当…日本って地震多いよなぁ。この頃は「耐震の家」なんていう考えそのものが無いだろうし。

日本は地震が多いところだし、そういうものだと思うしかないけど悲しいことだ。

東湖はあの斉昭にしっかり意見のできる諍臣であり、斉昭の友だったんだろう。

あんな形で分かれることになるなんて、東湖自身も斉昭も思ってなかっただろうな。

地震とは恐ろしいものだ。

栄一たちの家の方も揺れただろうけど、どうなったんだろう。

NHKの番組を動画配信でもっと気軽に観よう。

NHKの番組はほとんどのものが再放送される。大河ドラマだって、朝ドラだって再放送される。

再放送を待たずに楽に見逃したNHK番組を観られるやり方があるのです。

U-NEXTに入って、更に「NHK見放題パック」というものに入るとすごくお得にNHKの番組も他の番組も観られるようになるよ!

こう聞くと

鈴林
鈴林

いやいやどんだけ加入するんだよw

金かかりすぎだろw

ってなるけど、最近そんなに金もかからなくなった!w 何なら普通に入るよりも超お得になる…かも!

レンタルショップでレンタルされるのを待つよりも、もちろん早いし家から出なくて良いし、放送した後ほぼすぐに配信されるから待ちきれない人にも良い。

過去の大河ドラマや朝ドラ他の番組だって配信されてるから好きなNHK番組を観まくれるよ。

当たり前だけどU-NEXTにも加入するから、U-NEXTで配信されてるものも観られるし日本国内のエンタメをほぼ網羅でき…る…んじゃないか?(個人の意見だよw)

※この記事を書いた時点での情報だから、登録する前に自分が観たい番組がまだ配信されているかどうか確認してね!

ココから登録すれば、最初に1,000ポイントもらえる!

→公式ページへ←

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました