相棒16 14話 300回記念スペシャル「いわんや悪人をや」(後編) 感想・ネタバレ カオスな展開と単純な結末 自分はもっと理性的だと思っていた

相棒16_R

鈴林です。やっと相棒観られた…!今回はリアルタイムで観ないで録画での視聴。録画で観る良いところは、一時停止や巻き戻しができるってところだよね。

いつでもトイレに行けるし、気になるところは巻き戻せる。

300回記念スペシャル…!その名に恥じない内容だった…。言わせてくれ。一言で言うなら…

難しかったぁあああああああああああ!!!

もう~~~カオス!カオスが過ぎる!訳わからん!!w

「あれ?あっちが実は偽物で?」みたいになっちゃう。今回の事件難しいわ~。亀山さんが出て来てくれたらもっと嬉しかったところ←

スポンサーリンク

相棒16 14話 300回記念スペシャル「いわんや悪人をや」(後編)

怖いわけですね

前回の感想で、「「君をずっと見てるよ」って怖すぎじゃん!」って書いたけど…この感情はある意味正しかったのか。あの手紙を書いたのは臣吾(しんご)でだから、たまたま目に入ったきれいな人に宛てた手紙だから…気持ち悪かったのか…。

300回記念 常盤臣吾_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

臣吾…犯人…臣吾かよ…。てっきり「超良い子」かと思ったのに…。挨拶してくれるし、明るいし良い人かと思ったのに、外国で傭兵をしていた感覚で人を殺せるのか。まぁ、経験はないけど「仕事」として捉えれば…できるんだろうか。

それはどこであっても関係の無い「仕事」。依頼があればその人を殺す。それが戦場か街であるかの違い、なんだろうか。

臣吾が犯人だったら嫌だなって前回思ったけど、もう今回の中盤くらいから臣吾っぽかった~~~~!「ヤロポロクが犯人」というのはミスリードなのか。

アメリカ・ロシア・ヤロポロク・臣吾…この辺が色々絡み合ってもうめんどくさいことになっている。発端、始まりから紐解けばきっと簡単なんだけど…難しいものだわ…。

社美彌子の真実

社さん…「乱暴された」って嘘じゃねーかよ!!信じてたわ!心配した気持ちを返せ!w

でも…愛し合っていたならそれはそれでよかった。

あの「乱暴された」というエピソードは、警察上層部に目をつけられた時に言おうとしていた作られたものなんだろうな。甲斐峯秋さんも社さんとヤロポロクのことを知らないということは、それだけ秘密にしていたってことだよね。

14話 甲斐さんに報告_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

内調時代に、スパイとスパイを探す間柄だけど生まれてしまった愛。そして生まれてしまった子ども。スパイと捕まえる立場の恋って…とっても洋画チック。きっとこんな映画ある。

たぶんだけど…ヤロポロクがアメリカに亡命したのは、いずれ社さんとマリアちゃんと一緒に暮らすためじゃないだろうか。ヤロポロクと社さんが仲睦まじいのは、社さんとの初対面の事件でもオヤジに言われてたよね。

右京さんとカイトくんには「口説かれました」って言っていたけど、確か…「プーケットのビーチで仲良さそうに一緒にいたよな」とかなんとか言われていた。

あれがもう答えだったのか。ロシアでも日本でもないところでだけは、堂々と仲良く過ごせる。タイでさえもピリピリしている必要は無い。

亡命前にゆっくりした…というところなんだろうか?

筆跡鑑定の話の時に、マリアちゃんに届いたバースデーカードの話をしている時点でもう…ヤロポロクとの関係はわかったようなものだよね。普通、強姦して生まれた子ども宛てにバースデーカードなんて贈らないし。

大事に思っている子どもだからこそ、贈っていたのか。そしてきっとこれに右京さんは気づいていたんだろうな。

臣吾の取り調べ中、泣くのを我慢しているように見えた。社さんは自分で言っていたけど「もっと理性的だと思ってた」か…。あの取り調べの時も、きっとそう思ったんだろう。

ヤロポロクの道すじ

完全に予想もあるけど、自分なりにまとめる。

社美彌子とヤロポロクは、スパイとスパイを取り締まる側だが恋に発展し後に子どもをもうける。マリアちゃんと一緒にタイのプーケットに旅行に行く。

ヤロポロクは社さんとマリアちゃんと一緒に過ごすために、ロシアからアメリカに亡命することを決意。たぶん…ロシアに帰国命令が出た時とかに「一度帰国すればいつ戻れるかわからない」から亡命したんじゃないだろうか。

ヤロポロクはアメリカ大使館に亡命成功。日本へは「ヤロポロクはアメリカに出国した」と嘘の報告をする。

14話 寺返り_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-35637/

ヤロポロクが日本に残された理由は、右京さんの言う通り「暗殺を期待して」のことだと思われる。ロシアとしては、ロシアを裏切った者を抹殺したい。アメリカとしては、本国に居られても困る。

ロシアからの見返りも魅力的で、ヤロポロクが邪魔だったから、アメリカに出国させず日本で暮らさせることになり、北麻布?だかのあのボロッちいマンションにヤロポロクは住むことになった。

ロシア側に、アメリカ側はヤロポロクの居場所をリーク。ロシア側は、かつてロシアで捕えていたことのある臣吾に連絡。傭兵の臣吾にヤロポロク・アレンスキーの抹殺を依頼。

この時に臣吾は社さんとマリアちゃんの写真をゲット。

本来ならマンションで殺した段階でヤロポロクの遺体は発見されるが、アメリカ側・もしくはロシア側がヤロポロクの遺体を回収。どこに始末したかは不明。

ロシア側かアメリカ側から替え玉も用意され、管理人は「外国人の区別などつかないだろう」ということでスルー。

という…ことかなぁ…。

臣吾の理由

この事件は、冠城さん好みの「カオス」という状況だったわけだけど…その分?というかそのせいもあってか、臣吾が坊屋一樹を殺した理由は単純明快な感情から来るものだった。

ストーカーが、自分の監視対象に近づいた者を攻撃する感覚。

ヤロポロクを殺害する時にみつけた写真を見て、社さんに一目惚れして「どうせ始末されるから」と写真をもらって…それからずーーーーーっと持ってたのか…。さながら、アイドルのブロマイドの様に。

14話 どこまでも困らせてくれる_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

社さんのことを監視している…坊谷一樹に気づいたということは、そもそも臣吾はずっと社さんを監視していたということ‥‥にならないだろうか?冠城さんはよく殺されなかったなぁ…w

社さんを傷つけようとする者にのみ、怒りの矛先が向いたのかな。冠城さんはなんだかんだと社さんの仕事仲間だし、一緒に食事もしているし殺害対象とはならなかったんだろうな。

でも…言っちゃ悪いかもしれないけど…公安が傭兵に負けてんなよ…!wこれは遠回しに公安にケンカを売っているんだろうかw警察の公安が、ロシアの傭兵上がりの男の子に監視対象がバレて、あげくそいつに殺されるなんて…。

死んでおいて言うのはひどいかもだけど…ダッサ!!!

公安ダッサ!!!!どや顔で調査しといてバレてるし!!

下手くそか!!!w

社さんが好きだから、社さんが好きだった相手もわかったんだろうか。ヤロポロクの持ち物を漁ったりしてヤロポロクと社さんの関係に気づき、自分が殺したヤロポロクの振りをしようと思ったのかな。

ロシア人だったから「ロシア語講座」の封筒を使い、社さんに手紙を出す。指紋は一切付けずに、ヤロポロクに似せた筆跡で、大好きな社さん宛に手紙を出す。

14話 特命係_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

坊谷一樹については、本当に「罪の意識」が芽生えたんだろうけど…きっとそれは「人を殺してしまった…!」とか言う大それたものじゃなくて、「花瓶を割りました」くらいの…小さなものなんじゃないだろうか…。と思ってしまう。

だって自分で埋めてるし…。「バーニー」とか言い出して右京さんたちを騙そうとするし。

瀬戸内米蔵さんの「杉下右京に目をつけられたら終わりだ」という忠告を無視してしまったのが、臣吾の敗因だと思う。バーニーとは知り合い、とかあの寺で飲み明かした、とかも作り話なんだろうな…。

嘘が上手過ぎでしょ。どんな才能だよ…!

青木の指令ごっこ

こいつ出番ねぇーなーと思ったら、まさかのビデオメッセージ!wしかもスパイ映画風w音楽はミッションインポッシブルかw

右京さん達は、臣吾の調査を青木にお願いしていたのか。いつもは特命係のあの部屋に行って自慢げに話してくれるのにどうして今回は…ビデオなんだろうか。

だから冠城さんも「あいつ図に乗ってますね」って言っていたのかなwあの指令みたいなやつ、やってみたかったのかなw

そして出番があのビデオだけなのも…w

セーフティーゾーン幸子

14話 花の里で_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-35733/

月本幸子はヤクザの情婦だった女で、服役経験もある。でも、花の里を経営している…。警察関係者御用達の、とっても安心感のあるお店になった訳だけど、右京さんが通っている、というだけでだいぶ信頼感あるよね。

推理についての「杉下右京ブランド」も良いけど、お店選びや芸術関連でも「杉下右京ブランド」は発揮されると思う。

今まで花の里でたくさんの秘密の話をしてきたけど、幸子さんは「聞いちゃダメそうな話」という空気を読むと、「お買い物に行ってきます」とか言ってくれるからね。優しいし、なんて気の付く人なんだ。

幸子さんは、かつて情婦だったからこそ、社さんのヤロポロクへの想いがわかった…のかな。女同士だから、というのもあるけど…。「許されない関係」的なところは一緒…だし?

意外と仲良くなれるのかもしれない。

調べてくれたら教えます

14話 バーニーを調べたんだから!_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-35637/

今回はこの言葉をけっこう多用していたイメージ。捜査一課ですら、ただの情報源として扱っているのがさすがは特命係だ。

中園参事官の髪の毛が無くなりそう…と心配した人もいたと思うw「ややこしい!」って言って頭をガシガシやるのは…視聴者の代弁だろうかw

伊丹さんと芹沢さんにも使ってたなぁ。「特命係のギッタンバッコン」だっけ?これは…イマイチですね。次回に期待ですw

益子さん…!!益子さんと冠城さん達どんだけ仲良くなってるの!?wあれが元官僚のコミュニケーション術だと言うのか!?すごく…すごく仲良くなってる!

初登場の時、益子さんめちゃ怖かったのにもう段々かわいく見えてきたよ…w

舞い戻る雛子

14話 得度2_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-35637/

14話 得度_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

出家したからてっきりもう政治家はやめたのかと思ったら…それを足掛かりにして、また戻るつもりなのか。強い。そこまで政治に参加したい気持ちがわからない…!

14話 風間楓子_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-35637/

フォトスの風間楓子との関係も謎だけど、片山雛子も謎だわ。

今までは1人だったけど、片山雛子が頼れる人が増えたからね。瀬戸内米蔵さんが出てきたし蓮妙さんもいるし、今までよりもだいぶ違った形で舞い戻れるんじゃないだろうか。

瀬戸内米蔵さんも、片山雛子から頼まれた段階で察しがついていたとか…怖いよwなんでわかるのw察しが良すぎw

14話 計算済みよ_R

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0014/

右京さん・瀬戸内米蔵さん・片山雛子・冠城さん・蓮妙さん…。この面子に亀山さんが居たら、もっと会話は変わるのに…と思ってしまった。亀山さんの方が瀬戸内米蔵さんとも片山雛子とも関係が長い。

あたしは観られてないけど、蓮妙さんの事件にも関わりがある。亀山さん…戻ってこないかなぁ。陣川くんくらいのペースでも良いから!!もっと出番無くてもいいから!2シーズンに2回とかでも良いから!!

次回はサスペンスの定番

次回はまたしても15分拡大。どうしたんだ、拡大ばっかりじゃん。ありがとう!!!w

次回はサスペンス番組の定番、遺産を狙う親族たちの話か…wこんなに露骨にサスペンスやられると逆に違和感w右京さんとサスペンスもののテンションの差がw

サスペンスっぽさの中に、どこか相棒らしさが出てきたりするのかしら!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク