西郷どん 4話”新しき藩主” 感想・ネタバレ ロシアンルーレットで藩主決め

西郷どん_メインビジュアル_R

鈴林です。どうしよう…今のところ「西郷どん」をそこまで面白いとは思えないんだよなぁ…。これから面白くなるのかしら。歴史ものだから仕方ないけど、登場人物紹介でネタバレするのはやめて欲しいんだよなぁw

でも次回は北川景子さんも出るから楽しみ。タイトル的にも明るい話のようだし!

スポンサーリンク

西郷どん 4話「新しき藩主」

疑わしきは罰せよ

4話 いざ切腹_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

4話目にして赤山靱負さんが早々に切腹…!早いよ~~特に思い入れとか持てない内に死んでしまった印象がデカい。吉之助とかから半ばドラえもんのように頼られていたら切腹してしまった。斉彬派だった、というだけで死ぬことは悲しい。

この時代的には「切腹だった」だけでもまだマシな方なんだろうか。本当に罪人なら打ち首もあるだろうし…。介錯人として、吉之助の父親である吉兵衛を指名したのはなんでなんだろうか。それほどに吉兵衛を信頼していた、ということ…?

4話 見守り隊_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

赤山さんの弟役が井戸田潤さんか…wセリフが少ないのはわざとかな?なんか今年の大河は、ドランクドラゴンの塚地さんが出ているせいかお笑い芸人が多く出るな。

赤山さんの切腹…痛そう。当たり前だけど痛そう。あれを間近で見守らないといけないのが悲しい。毎回思うけど、切腹する人って所作が本当にきれいだよね。練習するわけでもないだろうに…。悲しいくらいにきれい。

4話 血がついた衣_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

切腹後のあの衣をずっと吉之助が持っているのに…ちょっと疑問は感じる…けどそれほどに慕っていたということなんだろうな。妾である由羅のせい、ということで吉之助は怒っていたけどどうして現藩主の島津斉興を恨まないんだろう?あいつの方が悪くない?

4話 我慢じゃ!_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

大久保正助のお父さんも島流しになっちゃうし。切腹じゃないだけマシだけど、それでも家族としては悲しいよ。最後に相撲を取ったのは、吉兵衛が最後に勝負をつけたかった、というのもあるけど「相撲にかこつけて次右衛門に応援を言いたかった」ということなんだろうか?

4話 島流し前に_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

これから島流しされる人に表立って「頑張ってね!」なんて言えないから、「最後の相撲」ということで応援したのかな。西郷家と大久保家仲良すぎでしょ…!

この辺のシーンが赤山さんの死のシーンと温度差があったのを感じたw

藩主決めロシアンルーレット!

もちろん創作だろうけど、まさかロシアンルーレットをするとは思わなかった!マジかよ!怖すぎ!!w

上様、江戸の殿様から茶器が贈られる=隠居しろ、という事なのか…。知らなかった。なんで茶器=隠居なのかよくわからないけど。隠居してこの茶器使えよ、ということなんだろうか。ちょっと遠回しにするのが日本っぽい。

阿部正弘さんは「隠居しろよ」的なことをけっこうストレートに言っていたけどね。

それでも隠居したがらないなんて…島津斉興の藩主へのこだわりは何なんだろうか。不正もバレて、色々バレたのに「調所がやったんだもん」で全部通そうとしている。息子が嫌いだからって、それでどうにかなるもんでもないだろうに…。

斉彬が言う「島津家取り潰し」というのも…本当、だったのかな?しかし取り潰しになってもいいから藩主になりたいだなんて…幼児返りとしか思えない。老害が権力を持っていると困る、という典型かな…と思ってしまった。

まともな判断ができないような人は、上に立たないで欲しいよね。

4話 拳銃取り出し~_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

お願いしても聞いてくれないからって拳銃を取り出すところ、「出合え出合え!」って言うくらいだから、息子であっても殺される理由はある、と思っていたのかな。

4話 由羅_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

拳銃持って近寄ったら由羅が邪魔してきたけど…、この時代なら尚更「女に守られるとは」という考えが多いんじゃないだろうか。後妻に守られる夫。しかも藩主なのに。こんなにかっこ悪いことは無い。普段威張り散らしているだけに余計にかっこ悪い。

藩主決めるのにロシアンルーレットやって、ちゃんと自分が先というのがかっこいい。撃つまでにドキドキしているのが伝わる。弾が出なくてホッとしたため息、すごい芝居だった。

4話 いざロシアンルーレット_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

あれを見て、自分はしないなんて…負けだよね。憎らしい息子に負けてしまう。斉興はやらないわけにはいかない。しかし…あれだけ手が震えていたら弾出た時に死ねなくて辛そうだけど。

できなかったことを笑う人は居ないだろう。でも勝負は降りてしまった。だから斉彬の勝ち。

それがわかっているから、斉興も「茶でも飲んでゆっくり暮らそう」って言ったんだろう。しかし…由羅はそれが嫌なんだwお前が嫌でも従うしかないじゃんって思うし、嫌ならどっか行け、と思ってしまう。

斉彬に向かって銃撃っちゃうし。弾出ちゃうし。斉興、よかったね撃たなくて。脳しょうを江戸にまき散らすことは無かったよ…!

あそこまで「藩主である斉興」に執着されると、瓦板が言っていたような「由羅の呪い」ってのは本当だったんじゃ…って思う。小柳ルミ子さんの芝居がたぶんわざとだけど、嘘くせえんだよな!!

「私が憎いなら殺せ!」的なやつ。あれムカつくw久光もあのお母さんを守ろうと思えるのが逆にすごい。

物語に関係無いけど

斉彬役の渡辺謙さんの芝居が聞き取りやすくてビビる。本当に申し訳ないが…訛っているせいか、みんななんとなく聞きにくいんだよね!!w意味はわかるんだけど、なんか聞き取りにくいのよ!!

そこを行くと斉彬さん!江戸暮らしの設定のせいか、きれいな日本語!聞きやすい!!芝居も上手い!ありがとう!!w

自分のこと、とは言いつつもお父さんの斉興さんをちょっとバカにするようなことを言うシーン、本当に聞きやすかった…。

訛ってない人が、島津家周辺くらいしかいないから、その辺の人達が話すと聞くのが楽。

新藩主パレード

4話 斉彬さまじゃーーー!_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

実際はパレードとかじゃないんだろうけど、どう見てもパレードだった。

あれだけ新しい藩主が生まれて喜ぶということは…それまで押さえつけられていた…ってことだよね。今までの藩主、島津斉興に対してみんな諦めだったりやるせなさを持っていた…ということなのかな。

4話 来るぞ来るぞ!_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

新しい藩主が江戸からやってきた、というだけであそこまで盛り上がるなんて…斉彬さんとしては嬉しいことは無いだろうな。そして反対に「待たせて申し訳ない」だったり「今までごめん」という気持ちになったと思う。だから泣いていたのかしら。

斉彬が通った後で、立ち上がって「うぉおおお~~!」って言うなんて、本来は…きっとマナー違反だろう。取り押さえられても仕方ないかもしれない。

でもお付きの人も止めないし、みんなで声出して喜んでいるのが観ていて楽しい。

4話 新藩主_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

ちびっこも「新しい殿さまかぁ!」とか言っちゃうし。わらわら寄って来ちゃうしwそしてそのちびっこを止めずに「子どもは国の宝じゃ」って言って「新しい殿さまはこんな顔じゃ」って言って顔を見せてくれる優しさ…!良い人!!

吉之助がよく言う「ちぇすとー!」がすごく…「ドラマだよ!」感を感じさせるから、あんまり好きじゃないんだよね…w意味もよくわからん…←

4話 謹慎中でも聞こえてくる_R

https://www.nhk.or.jp/segodon/story/04/

次回は相撲取って、何か希望を…通す回なのかな…?誰かが死ぬとかそーいうことが関係無さそうになる回かしら。あと糸ちゃんと正助と吉之助の関係がなんかあるんですかね!!

吉之助の最初の妻って誰かな~~~。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク