ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者 感想・ネタバレ

ルイズたん

とうとう10巻!!9巻のラストでタバサと戦ってしまう才人…。タバサを殺せるのに、やっぱり殺せなかったことがこの巻で生きてくるのが本当に好き!!!

ここまで読み返してきてさ…ルイズと才人ってずっともだもだしてるんだね…w前に読んだ時は面白くって早く早く次を!!って感じで深く考えてなかったけど…。

ルイズひどいよね!?wシエスタもアンリエッタも才人のことを少なからず想っている子はみんな自分の気持ちに素直に認めているのに、才人に「好き」とも言わずに自分のプライドを守り続けてあげく他の子に行きそうになるとすんごい怒るし…!

勝手すぎません!?wもちろんそーいうキャラってわかってるけど…才人乗り換えてくれないかな~~wって思っちゃうよねwwwwもちろん見た目で惹かれてるんではなく、芯から高貴な部分に惚れてたりするんだろうけど…報われて欲しいわ…。せめてもっとさぁ(´・ω・`)

シエスタはその辺わかってるよね。2番でもいいなんて、好きな人に言えるのがすごい。アンリエッタは恋するのは初めての普通の女の子としている。自分の気持ちに嘘をついたりしてないところが好感持てるわ!(*‘∀‘)気づけないと嘘をつくは違うからね!

ジョゼフが眠るタバサに話しかけるところ泣けたわ…。やっていることは惨いこともあるし正しくないけど、ジョゼフも悲しい人だなって思う。いっそ弟のシャルルが憎むに値するような性格だったなら、仲が良くない兄弟だったならよかったのに(´・ω・`)シャルル王子はとってもいい人でみんなが「ダメ」というジョゼフのことを本当に好きだった。

偽りのない心からの笑顔だからこそ、ジョゼフは自分の汚さが返ってきて辛くなったのかもしれない。シャルルのきれいな心を見ていると自分すら「ジョゼフはダメな王子」と思ってしまう…とかかな…。自分で殺したのに、ジョゼフが一番悲しんでいるのかもしれない・・・・。

イルククゥ、シルフィードの人間の姿も出てきたね!「タバサの冒険」読んでたら先に出てきてたんだけど、今回は外伝はあとで!w

タバサは9巻で才人に助けられた時から少し惹かれていた…のかな。助けられたとき、あのタバサが泣いてしまっているのがもう泣ける(´;ω;`)良かった(´;ω;`)

帰りの荷馬車の荷台でのルイズ…うん・・・・(´・ω・`)

いやかわいいんだけどさ…。嫌な子だわ~~~~腹立つわ~~~~。どうしてこう上に立ちたがるのか!上からじゃないと安心できないとかそういう心理的なのがあると思うけど、ちょっとさぁ・・・・。ギーシュの

「その…ルイズ。そのぐらいにしておかないと、きみの名誉が…」

って地味に面白いwwwギーシュ優しいwwww

本当にラストのタバサの夢。温かい夢すぎて泣ける(´;ω;`)よかった(´;ω;`)

良かったねタバサ(´;ω;`)幸せになって!!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク