相棒9 6話「暴発」感想・ネタバレ 罪を取り換えて裁かれることなどあってはならない

相棒9_R相棒

鈴林です。

簡素なサブタイトルに似合わず中身はとても濃い回だった。

何が正解だったんだろうか。

右京さんだけ取り残される形…になった印象。

スポンサーリンク

相棒9 6話「暴発」

罪を取り換えて裁かれることなどあってはならない

Episode 6 I need to talk to you.

麻薬取締捜査官って、天涯孤独の人で且つ薬剤師の資格を持つ人がなりやすいんだ。

マトリのほどんどは薬剤師の資格を持ってるって知らなかった。

薬に詳しいからこそ、違法薬物かどうかもわかる…ということなのかな。

麻薬の捜査でヤクザに潜入捜査って、めちゃくちゃ怖そう。

たった1年…されど1年、という長さだよね。

命がけの捜査だからこそ、実を結びたかった。

だから…鎌田は死を選んだんだろうか。

後藤が鎌田の怪しい動きをみつけて殺した…と組の中ではなるだろうけど、後藤の中では「人を撃ってしまった」という事実がずっと残る。

でも後藤がマトリの協力者だったことがおおやけになると、出所した後の生活が不安になるし…。

業務上過失致死で送検したくなる五月女さおとめさん達の気持ちもわからないでもない。

五月女さんにとって鎌田は大事な部下だったからこそ、後藤を協力者としてではなく一介のヤクザ、一介の売人として送検したということだよね。

マトリの1人が死んでしまったからこそ、マトリが持つ資料の多くを警視庁に提供してくれた…ということでもある。

右京さん1人が、後藤を殺人容疑もしくは自殺ほう助で送検しようとしていたけど…後々のことを考えると右京さんが正しいのかはわからない。

でも右京さんの言うように「罪を取り換えて裁かれること」が正しいとも思えない。

今は良くとも、時間が経ってから後藤が辛くなる時がやってくるんじゃないだろうか。

一緒に潜入捜査をしているような仲だった鎌田のことを、頼まれたとはいえ撃ってしまった。

撃った…というか引き金を引いたのは鎌田なんだけどさ。

あんな状況を目の前で観てしまって、これから先いつも通りに過ごせるものなんだろうか。

後藤の将来的なことを考えると、殺人で送検した方がよかったかもしれない…

でもそうすると二見会の他の人にも「後藤はマトリの協力者だった」ってバレちゃうから出所した後に命を狙われてしまう…という危険もある。

何が正しかったのかわからない。

正義と法に厳しい右京さん

後半は右京さんだけが孤立してしまったように見えた。

でもさっきも書いたけど、本当に優しいのは右京さんなんだろうか。

それとも他の人なんだろうか。

部署や所属する組織の面子とかどうこうじゃなく、後藤1人の未来を考えた時…殺人で裁かれなかったことはプラスになるんだろうか…とか考えるとわからん。

右京さんにとってまだ神戸さんは「外の人」という意識があるせいか、ビデオの中身が消されていても「消えてますか…」という感じだったな。

神戸さんにも裏切られ、伊丹さんも三浦さんも右京さんの敵みたいになってしまったけど…

花の里で神戸さんに会った時には文句を言うこともなく「僕は今でも…」って今までと変わらないテンションで話してくれる右京さんは大人だった。

あたしなら怒ってしまいそう。

久々に右京さんの正義マシーンなところを見た回だった。

元はといえば呉では…?

呉純一が鎌田に「ヤクの出所はルベルタ共和国」とか流したのがダメだったよね!!!

こいつが鎌田にルートのことを言わなかったら、鎌田が疑われることもなかったのに。

潜入してると「この情報をどこで聞いたか」とかの整理が難しくなってしまうものなのかな。

角田課長がマトリからもらったデータから、ルベルタ共和国の人を捕まえに行ってたけど

「ワタシ、ニホンゴワカリマセン」と言いつつもちゃんと車に乗ってくれたの笑ってしまったw

通じてるやんけ!!!w

うっかり口を滑らせるってのは…良くないね。

雉も鳴かずば撃たれまい、ってやつかしら。

画像引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_09/story/0006/index.html

相棒9 7話の感想

相棒9 5話の感想

   相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました