コードブルー スピンオフ もう一つの日常 1話 感想・ネタバレ ネットに書いてある医療と目の前の医療

コードブルー もう一つの日常コードブルー3

鈴林です。映画公開を控えたので、まさかのコードブルーのスピンオフ公開とか! やったね!

観るに決まってるじゃないですかぁ~~! しかも土曜日にはスペシャルもあるしね。めっちゃお金かかってるのを感じる。観るよ…全部観るよ!

いやぁ…久々にコードブルー観たけど、少ない時間ながらやっぱり面白かった。このスピンオフはFODで配信されないのかな? 土曜日のスペシャルも…いずれ配信されるとは…思うんだけど…。

映画に力を入れているから観られるようになるとは思うんだよね。観られるようになって!!(強い希望)

スポンサーリンク

コードブルー スピンオフ もう一つの日常 1話

ネットの診断と医師による診断

これ聞いたことあるやつ~~~!

昔は一般の人は医術に関することは調べられないし調べても理解できないことが多くて、全てが医者任せだったけど今はスマホでなんでも検索できる時代だからね。

そして病気についても、治療法についても色々とネットに載っている。

だからと言って…ネットに「今まさに病気で困っている人」の診断が載っているわけではないんだよね。アレルギーとか、体質とか、その他諸々を診て、お医者さんは診断をくだしている。

そこに素人考えの「スマホでは! こうやって出てました!」という考えは邪魔でしか無いんだよね。否定しようにも、患者には知識が無いからその「知識」から説明しないといけないかもしれない。

今回の…こうた君とその親は正にそれだよね。こうた君を心配するのは良いんだけど…もっと病院を信頼してあげてよ…。

まぁね? 灰谷先生が…あんだけ…しどろもどろで話すから不安になるのもわかりますよ!w

でもさぁ…と思ってしまう。こんな風に思わせるのがさすがのコードブルー。やっぱり面白いわ。

名取かわいいよ名取ぃぃぃ!!

相変わらずいっつもスマホ見てるーーー!!

始めは名前も思い出せなかったけど、こう見えて本当はかわいい奴だって…あたしは覚えてたぜ!! 何話か忘れたけど、緋山にすっごい懐いている名取を…私は忘れない。

灰谷がこうた君のお父さんにタジタジになっているのを見て、声かけてあげるのも優しさを感じる。

始めは出ていくのをやめたんだよね。灰谷自身で解決すべき問題だから、名取は声をかけなかった。

でも手術が必要な段階になっても灰谷が渋っているから…

「自分たちがやってきたこと」

をしっかりと灰谷にも教えてくれた。医者になるって…本当に大変なんだね。医学書も100冊以上読まないといけないし、6年以上も勉強しないといけない。

1話 立ち向かう名取_Rコードブルー公式ツイッターより

誰が書いたかわからない、責任の取れないネットの記事よりも、生きている目の前の医者の言うことを聞くべき…!

名取がそんな感じのことを、こうた君のお父さんに言った時スカッとしたわ!

橘先生の言うことも理解できる。橘先生の言う、「親の気持ち」はそのまんま自分の気持ちなんだろうな。自分と重なるものがあるからこそ、あの言葉が出る。

でも名取に「同僚のために熱くなれるなんて」って声もかけてくれるし…やっぱり橘先生は見る目あるよね!!

緋山に似てるよ本当…。緋山大好きっ子名取…!

ラストの灰谷と名取の会話もかわいい。スピンオフ楽しいわ~~~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました