記事内に広告を含む場合があります。
PR

金田一少年の事件簿 Neo 8話「薔薇十字館殺人事件」感想・ネタバレ 高遠の兄弟を守れ

Kindaichi Shonen no Jikenbo Neo 金田一少年の事件簿 Neo(山田涼介版)

鈴林です。

薔薇十字館殺人事件きたーーーー!

アニメでも観てたから犯人知ってるんだけれども、ドラマでやってくれるのも嬉しい。

アニメと同じような感じの場所が現実にもあったなんて…!

セットじゃなくて元々あった場所っぽいけど、どこなんだろう。

ものすごく行ってみたい。

スポンサーリンク

金田一少年の事件簿 Neo 8話「薔薇十字館殺人事件」

高遠の兄弟を守れ

金田一と高遠が協力するこの展開めっっっっっちゃ好きなんだよね。

普段は敵なのに、祭沢さんの死体が発見された時の2人での捜査とか物凄く好き。

アニメでも良かったけど、ドラマでも良いなぁ~~~~!!

美雪も真壁もわからない金田一の考えを高遠が当然のように理解しているのが最高。

高遠の考えを当然のように理解している金田一もまた良い。

高遠が「自分のルーツを知りたい」と言っていたのを聞いて、余計に高遠の兄弟を助けようとしている金田一はもう優しさの塊。

優しさでできてる。

高遠の正体がバレてみんなに疑われた時も「高遠じゃない!!」ってめちゃ庇ってくれるし。

ホントに高遠じゃないから金田一は「違う!」って言ってるだけなんだけども、「こいつは殺人鬼だからきっとこいつだ」という思考回路じゃないところがもうすごく良い。

高遠に罪を着せようとしたからって兄弟を殺そうとする高遠は…気が短いよねw

気持ちはわかるけど、殺すのは待とうぜ!

真壁が高遠の兄弟!?

まさかそういう展開もアリとは。

原作・アニメだと真壁はもちろん出てきてないだろうけど、こういうドラマならではの展開も面白いな。

もし真壁が高遠の弟だったらそれはそれでめちゃくちゃ面白いんだけどね。

高遠のお父さん役

石塚運昇さんがこのドラマに出演されていたとは。

声だけじゃなくて生身でも出演してたってことで良いんだよね。

突然良い声が聞こえるからめっちゃわかりやすい。

金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 完結編の感想

金田一少年の事件簿 雪影村殺人事件の感想

金田一少年の事件簿 イッキ見の期限は2022年8月31日まで!

4月から新しい「金田一少年の事件簿」ドラマが始まるからって、堂本剛版の金田一少年の事件簿も含めて配信してくれるなんて思わなかった。

これのためにHulu入り直したわ!w

ジャニーズが主演ということもあり、期間限定なのは残念だけどもしかし「過去の金田一少年の事件簿をまとめて観られる」という良さはデカい。

堂本剛・松本潤・亀梨和也・山田涼介…の金田一少年の事件簿が観られる!

ありがてええええ!!

個人的には堂本剛版がすごく嬉しい。(ビデオ観てた派)

配信されないだろうなと諦めていたから心の底から嬉しい。

ジャニーズファンも「金田一少年の事件簿」ファンも、観ようぜ!!

色んな意味で楽しいよ!

無料期間は2週間!

コメント

  1. モリタ より:

    薔薇十字館は金田一の20周年の時に連載されていたシリーズのひとつですが、自分持ち本当に好きな事件ですね。高遠が最初から協力体制だったのは今のところこの事件だけですし、事件の捜査を協力して行ってるシーンでは、意見や行動が見事に噛み合う二人を見て美雪があきれながら「微妙に似た者同士?」と言ってるのが笑えました。ただ、原作で一番笑えたのは、金田一と高遠が一緒に入浴してるシーンでしたね(笑)。あのインパクトは凄まじかったですね。
    ドラマではなぜか真壁が目立ってましたが、今までも原作のキャラが削られた穴を別のキャラを代役にすることで辻褄を合わせることが映像化では度々あったので、そこまで気にはなりませんでしたね。もしも真壁が高遠の弟だったら一気に真壁が重要人物になって大変だと思いますけど、そんかIFを想像するのも面白いですね。ちなみにですが、金田一37歳の事件簿では、剣持は既に勇退、明智は出世して現場には滅多に出てこないため、なんと真壁が刑事になり、剣持と同じように金田一を頼り、また金田一も真壁を頼るような関係になっています。

    • 鈴 林 鈴 林 より:

      金田一と高遠が一緒にお風呂入るんですか!?
      インパクトすごいですね!w
      「こうやって真壁使うんだ~」という気持ちでしたw
      突然の重要人物扱いになって、それはそれで面白そうです!
      37歳の事件簿では、本当に真壁がレギュラーメンバーになってるんですか!?
      もうドラマからの逆輸入みたいなものじゃないですか! すごい…!

      • モリタ より:

        37歳の事件簿はいろいろ設定が変わってまして、金田一はブラック会社に勤めるサラリーマンで、立場としては営業部主任ですが、仕事ができないダメ社員でバカにされてます。美雪はヒロインの座を降ろされた感じで、金田一とLINEで連絡をとってる描写はあるものの一切姿は見せず、金田一と結ばれてもいません。職業は大手航空会社のチーフパーサーで世界を飛び回る日々だそうです。代わりにヒロインを務めるのは金田一の部下の葉山まりん。明るい性格で好奇心旺盛。金田一とともに事件に巻き込まれてから金田一の推理の助手を宣言し、金田一を信頼する。剣持は勇退しながらも体を鍛えることは怠らず、明智は警視長に出世。そして高遠は死刑囚として特別監獄に収監されながら、今も現役で地獄の傀儡師であり続け、ファンクラブも存在し、被害者の会も存在する模様。逮捕前に12人の弟子を作り上げていたようで、その弟子たちが次々に事件を起こす。他の金田一の友人達はそれぞれ仕事してますが、真壁がかつての剣持ポジションとは思いませんでした。
        金田一は何らかの、おそらく高遠絡みの、そして速水玲香が巻き込まれたらしい事件で何か大きなトラウマを負ったらしく、今現在は謎解きはしたくない、関わりたくないと思っていて、事件解決には消極的。でも事件に常に巻き込まれ、その優れた頭脳から謎を解きたくなくても解けてしまう···。決め台詞は「謎がすべて解けちまったよ(ぜ)」。速水玲香は芸能界を突然引退しており、現在はフラワーショップを経営。高校生になった息子を育てているらしい。でも父親に関しては不明で、金田一は「玲香ちゃんの旦那」ではなく「息子さんの父親」と読んでいたので、血は繋がってない可能性がある。おそらくそれが金田一のトラウマにも関わってるのではないかと思われ、いったい何をされたのかと心配されている状況···。あまりにも少年時代と違いすぎるのでオススメはできませんが、いつか読んでみてください。

        • 鈴 林 鈴 林 より:

          ありがとうございます!!
          1話目だけ読んだのですが「あれだけあったのに美雪と結婚してないんかーーい! もうかわいそう!!!」というのが感想でしたw
          高遠が捕まっている、というのも意外でしたが金田一がトラウマを抱いているというのも意外でした。
          あれだけ死体を見たのにトラウマになるって一体何が…!!
          より興味が出ました。ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました