まんぷく 第5週 30話「信じるんです!」感想・ネタバレ 新しい土地へ

まんぷく_R連続テレビ小説 まんぷく(朝ドラ)

鈴林です。萬平さんたちはまた新しい一歩を踏み出すのか。

克子姉ちゃんちにずっといるのが辛いと言っても、行くところが無いんだもんなぁ‥どこかに行くにしてもお金は必要だし。

と思っていたところに世良の紹介! 世良は友達…親友ではないけど、仕事をする上ではこれほど頼りになる人もいないよなw 萬平さんの才能を買ってくれてるし。生きていくためにハンコ屋をしていたけど、これからは…塩職人?w

スポンサーリンク

まんぷく 第5週 30話「信じるんです!」

真一さんも帰ってきて

真一さんも戦争から帰ってこれて本当に良かった。真一さんが明るくなっていることでみんな困惑していたけど…それほどに戦争が辛かったということなのかな。

日常に戻ってくることができた喜びが、あの明るさに出ているんだろうか。

みんなが生きていたのを見られたのは嬉しいけど、挨拶もせずに忠彦さんの靴を履いて帰ってしまうなんて…戦争はどれほど辛かったんだろうか。人と人が戦い合うって、やっぱり地獄なんだな…。

戦争に負けて良かったのかもしれない。もちろん勝ててたら一番良かったんだろうけども。

泉大津へ

世良からの紹介を元に泉大津に引っ越すことを決める萬平さん。

克子姉ちゃんの家にいるのも…きつくなってきたのは確かだもんね。ハンコ屋さんも増えてきて、これ以上ハンコ屋の商売を続けるのも難しいだろうし。

結局、神戸茂は一緒についてくるのかな? 来週のあらすじを見ると神戸もいるっぽいしタカちゃんもいるようだけど…!

萬平さんは色々と仕事を思いつくなぁw

コメント