おんな城主直虎 32話”復活の火” 感想・ネタバレ 殿をしている殿が好き。政次の素直な気持ち

おんな城主直虎

鈴林です…。気になりすぎて読んできちゃった…。小野政次のwiki読んできちゃった…。「おんな城主直虎」の原作は読んでないけど…歴史には沿うだろう…。

そうか…フラグは感じていたんだ。死亡フラグみたいなのがすごい立ってるなって…感じてはいた…んだよ…。

でもなぁ…。この話…辛い…。次回は確実に泣くと思うから…月曜に一人で観ようかな…。来週は日曜に更新しないと思う。よろしくな…。

確かに復活の火は感じる…。あったよ、確かにあった…。近藤康用の株が暴落だぜ…!

おんな城主直虎を見逃した方は、ビデオマーケットで観るのがオススメです! 他のドラマの見逃し配信もたくさんしているので、流行に遅れません(*‘∀‘)他のドラマや映画・アニメも観られるので是非チェックしてみよう!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 32話「復活の火」

殿をしている殿が好きじゃ

この回の、この政次の言葉が超印象的。おとわちゃんの自由奔放なところに惹かれているのであって、女性として好きなわけではないってことをなつに言いたかった…のかな。でもさぁ…「自由奔放なところに惹かれてる」って…もうそもそも全部好きなんじゃないの…?

32話 殿をしている殿が好き_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

政次は、幼いときにおとわちゃんに「鶴と夫婦にはならん!」って言われたのをずっと気にしているんだろうか。あの時のおとわちゃんは亀之丞との夫婦約束を大事にしてたから、鶴丸との夫婦は断固拒否していた。

今と昔とではだいぶ状況が違うけど…政次は子供の頃のあの「断り」があったから、もうおとわちゃんにそーいうアタック…というか行動をとるのをやめたのかな…。

なつに対して「手放したくない」って言ってて

(‘Д’)

って顔であの辺のシーン観てた。なつの言う通り、あの場では「殿のことは何でもない」って言うのが正解だろう。でも政次は優しくて、そして本当は正直だから包み隠さず自分の気持ちを話したんだろう…。

32話 何とも思ってないって言うの_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

政次もおとわちゃんをもらわないなら…おとわちゃんの嫁のもらい手がなくなるじゃないか!! (´;ω;`)

なつも優しいし、政次も優しい…。このシーンが…より死亡フラグを感じさせた。

井伊家の当主は面白い

徳川に事情を説明するために書状を持って行った傑山さん。瀬名ちゃんがおとわちゃん達、井伊のことをめちゃくちゃ心配してくれてて…嬉しいね。

32話 なんと_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

瀬名ちゃんの故郷だしね。家康からも「面白い」と言われるおとわちゃんすげ~~~。

潰したと思わせて、本当は井伊は潰れてないし虎松だって死んだと思わせて死んでないし。井伊は計画的に潰れただけだから!!

主従交換

政次が井伊の殿様、おとわちゃんは次郎法師という尼。今までとは逆の立場…での囲碁打ち。いつもより政次が砕けた話し方だな、と思ったけど、そっか、いつもみたいに敬語っぽくなかたんだww

幼馴染なんだから…いつもやってなくてもいいのにね、とあたしは思う。

32話 日の光のしたで_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

碁を打ってる時の、2人の会話すごく良かった。おとわちゃんは未だに自分が井伊家当主をしていることに自信を持ってない。

もし政次がまだ当主でいたいのなら、それも構わないと思っている。でも政次は違う。おとわちゃんは今までにたくさんの人に愛されてきた。

気賀の商人にも、農民にも、そして盗賊たちにも、おとわちゃんは愛されてきた。みんなをよりよくしようと、前に進もうとしているのがみんなに伝わったから愛されてきた。

政次が、今まで厳しいことをおとわちゃんに言ってきた政次がそれをおとわちゃんに伝えるからこそ、喜びもひとしおだと思う。おとわちゃんが当主になってすぐは、政次は「こんなに辛いこと代わってやる」的なこと言ってたもの。

2人で月の明かりの元、囲碁を打って。

「日の光りの下で打てるようになるんだな」という会話…。

儚かった。とても、そうはならないような…そんな気を起こさせる感じだった。

今川バイバイ!!

武田が攻め込む準備をして、今川はそれに備えている状況…。関口は裏切らないと思ったけど…超裏切ってた~~~~wwwwしかも21人の武将に裏切られてた~~~www

今川ってば人望無さすぎーーー!!どんだけ裏切られてるんだよ!!

武田の武将、誰だかわかんないけど…そいつが「戦は1に調略、2に調略」って言ってたけど…、「勝つための土台を作り上げる」ってことなんだろうな。ぶつかり合って戦うのも良いけど、戦う前に決着つけた方が被害出ないしね。

32話 調略大事_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

今川氏真が「蹴鞠小僧(けまりこぞう)」って呼ばれてて笑ったwwそんなポケモンの短パン小僧みたいな言い方wwwめっちゃ似合うわwww

政次が小野の家臣に今後のことを説明したとき、関口が置いていった関口の家臣にも寝返るよう進言していた。

今川の武将が裏切ったことも、関口の家臣のこともそうだけど…みんな生きたいんだよな。どうあっても生きたい。誰の家臣でもいい。より生きられる方につくだけだ。

もちろん命をかけて守りたい人もいるだろう。でも今川も関口もそうではなかった。いつもどんな風に人に接しているかで、その人の中身が伝わる。

関口も今川も命をかけて仕えたいという武将では無かったということ…だよな。

わかっていましたよ

小野の家臣に説明したとき、政次はブーイング…とまではいかないけど「なんだって!?」とか言われることも想定していたんだろう。

32話 口添えしてやる_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

でも違った。政次の家臣、小野の家臣は「わかっていましたよ。私達は私達で、殿を騙していたんです」って言ってくれる。

政次めっっっちゃ嬉しそうだった~…。政次見てたら、おとわちゃんを大事に思ってるって伝わるよね…。もう誰でもわかるよ。よく見てればわかる。龍雲丸だってきっと気づいてるよ。

政次は優しいから、きっと家臣にも優しかったんだろう。だからこその家臣からの信頼…!

嫌われているからこそ

32話 井伊谷3人衆_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

井伊谷3人衆の一人、近藤康用が「小野は怪しい!」って言いだしたのは…あーやって問題を提示して「こんなこと言う俺ってばマジ役に立つでしょ!?」というご機嫌取りだと思う。

このままだと井伊と小野の好きなようにやられるから…。

もう少しで、うまくいくところだったのに…もう少しだったのに…。

32話 危ない_R

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/

政次がここまで疑われるのは、それだけ騙すのが上手だった、と言える。政次の人となり、これまでの人生、なんかを見ていないと誰も信じられないだろう。直親とおとわちゃん、そして南渓和尚くらいしか、政次を理解してくれない。あとは…なつか。玄蕃とか??

外から見たら、政次は井伊を陥れる今川の敵。おとわちゃんの立場をずっと狙っている敵…。

次回は…「嫌われ政次の一生」か…。元ネタは「嫌われ松子の一生」だよね…。この映画めっちゃ泣いたんだよね…。この映画のタイトルをあてはめてくるということは…政次は…やっぱり死ぬんだろうか…。

歴史無視でもいいから何とか生かして欲しいんですがなんとかならないでしょうか…!!

次回はたぶん泣くから、日曜には観ない。月曜日に観る。あ、でも観たいからすぐ観るかもしれない…。とにかく楽しみ。超絶楽しみ。政次生きてくれ…。

おんな城主直虎32話を見逃したら!

おんな城主直虎を見逃したら、ビデオマーケットがオススメです。おんな城主直虎は、見放題作品、では無いんだけど、U-NEXTよりもポイントが少ない216ポイントで1話観られます!(*‘∀‘)

なので初月無料付きのこのリンクから始めると、おんな城主直虎が2話分はすぐに観られる!大河ドラマを見逃した方は、↓をクリック!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク