アンナチュラル 7話「殺人遊戯」感想・ネタバレ あなたが死んでなんになるの?

アンナチュラル_Rアンナチュラル

鈴林です。アンナチュラルの一挙放送を観るにあたって、この7話は観た方が良いという記事を読んだと思うんだ。もうどの記事かわからないけど。

すごく…すごく面白かったけど悲しい内容だった。あくまで法医学なドラマだからその後どうなったのか、までを描いてくれないのも逆に良いのかもしれない。想像させられると面白いよね。

スポンサーリンク

アンナチュラル 7話「殺人遊戯」

法医学的な死因と個人的な意見での死因

横山くんきれいな顔してるのにいじめられちゃうのか…。なんとなくあたしの中でイケメンはいじめられないのかと思っていたけど、そんなことは無いんだね。スクールカーストの中ではどんなきっかけであれイジメられる原因になりうる。

白井くんを助けてくれたのは嬉しい。でもそれがきっかけで標的が横山くんに変わってしまったから、余計に辛かったんだろうな。お互いに傷をなめ合うように会話はするけど、学校では助けることができない辛さ。

横山くんも限界だったんだろうことがわかる。

ニュースでもよくいじめをきっかけに自殺してしまう事件があるけど、学校なんて行かなきゃいいのに…。行かないことでまた何か起こるかもしれないけど、わざわざ心を壊しに出かけることは無いんじゃないかと思ってしまう。

7話 これって・・・_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep7.html

ミコトを会話の相手に設定したのはちょうどよくミコトの弟さんから連絡先をもらったから…かな。ちょうどいいから法医学の先生とゲームをしながら、いじめを暴露しようと思ったんだろう。

ミコトも「いじめが原因」と先に言わずに、法医学的見地から話をしたのは上手いと思った。あくまでも法医学の死因は刺殺。でも本当は違う。いじめが原因による他殺。

殺人遊戯というタイトルだけど、遊戯っぽさを少なく感じる。白井くんは「ゲーム」と言ったけど、本当はゲームじゃなくてある意味SOSを出していたんだろうな。

7話 死因特定_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep7.html

学校の先生も助けてくれなくて、放っておかれた。同級生に相談してもダメ。それなら…死ぬしかない。

と考えてしまう横山くんの気持ちもわかるけど…悲しい辛い…。

UDIの活躍

ミコトたちは毎日の業務とかやらなくていいの!? ってくらいに外に出てばっかりな気がするけど大丈夫なんだろうかw

7話 誓約書!_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep7.html

ミコトが当事者になって久部くんや東海林だけでなく中堂さんまで手伝ってくれるとは。中堂さんは坂本さんのところに行って道具まで借りてきてくれるしねw 「クソ!」の応酬が面白かったw 口癖だから取るのは大変だろうなぁ…。

生き残ってしまった人の罪悪感か。前に何かの番組で見たけど大きな災害や事故で生き残った人にも良くあることらしい。どうして自分だけ生き残ってしまったのか。死んだ人と生き残った自分を分けたものは何なのか。

探しても答えなんて何もみつからないのに答えを求めてしまう辛さ。白井くんも「生き残ってしまった者の罪悪感」を感じて、死のうと思ったんだろう。

でもミコトの言う通り、あそこで白井くんが死んでも…何にもならない。いじめていた奴らは名前を変えて転校して、転校先でもまたいじめをしていくだけだ。親やその親類がお金で解決する道もあるだろう。

そうして風化してしまうのなら。捕まってでも、いじめた奴らに何か復讐めいたことをして欲しい。いじめも、もっとわかりやすく罪になればいいのに。

パラビでこのドラマを観よう!

このドラマはParavi(パラビ)で観ることができるよ。

今までTBSのドラマは、見逃してもティーバーとかでしか見られなかったけど今はParavi(パラビ)で配信されてる。

後進の動画配信サービスだけあって、サイトもだいぶわかりやすいし説明も多い方…だと思う。

ここに書いているのは、記事を書いた時点の時のものだから、本当にその作品が観られるかどうかは公式ページで確認してね。

→Paravi(パラビ)公式ページへ!←

コメント

タイトルとURLをコピーしました