アンナチュラル 6話「友達じゃない」感想・ネタバレ 友達ではないが親しい存在

アンナチュラル_Rアンナチュラル

鈴林です。アンナチュラル一挙放送の第二部に突入。第二部からはほぼカット無しで放送してくれてるっぽい。

よかったぁ~~~! いつの間にか知らない会話されてるのがもったいない気がしてしまってならなかった。東海林夕子が主役…というわけではないが主になる回。仮想通貨の話も出てくるし、早いな…。

スポンサーリンク

アンナチュラル 6話「友達じゃない」

字面よりも誰が言うかが大切

ミコトと夕子が「友達じゃない。ただの同僚」って言うのと、フリー記者の宍戸が久部くんに「友達だもんな」って言うのがここまで違うとは…いっそ感動する。

6話 友達じゃない_R

文字だけだったら、宍戸の言葉の方が優しいけど言っている本人の真意とか普段の行動とかを考えると…宍戸の言葉の方には何もないのがわかる。

友達とは言いつつも、都合のいい存在としか思っていないだろう。

でもミコトと夕子の間には友達以上の何かがきっとある。同僚でしかないし、友達ではないかもしれない。

それでも相手の無実を証明するために奔走したり考えたり、全てが終わったら飲みに行ったりもする。友達じゃなくてもできること。

こーいうの大事~…。

UDIの寄付金の行方

6話 逃げるしかない_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep6.html

神倉所長がUDIの今後のために色々と厳しくなりだした矢先に東海林が疑われ出してかわいそうとしか言いようがない…w でも中堂さんの言う通り、東海林が任意同行で連れていかれたりしたらその事実だけでも寄付金が出るか怪しくなってしまう。

5話でのこともちょっと問題なのにそれに加えての任意同行だからキツイ…w

神倉さんの早口の言い訳面白かったw 嘘っぽい気もするけど相手が警察だから緊張したのかな? ともとれるw

しっかりした相手と合コン

高級ジムの合コン行ったら相手は身元のしっかりした人…だなんて幻想なんだな…w

仮に大きな会社で働いている人だったとしても、クズな中身なんていくらでも変えることはできるしなぁ~…。月の会費5万のジムって高過ぎじゃん…。家賃並だよ~~それを払えるUDIってすごいんだなぁ。

6話 疑われる東海林_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep6.html

法医学って儲かるのかしら、と思えてしまう。

宇宙を感じる

6話 坂本さんのところにも行く_R

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep6.html

坂本さんはもう出てこないのかと思ったら、今回の事件で情報を引き出すために出てくるとはw 都合のいい使われ方してて笑ったw

ムーミンのぬいぐるみですぐに釣られてしまう坂本さんチョロイ…w でもそこがこの人のいいところなんだろうか。ディレクターズカット版だと出演部分がだいぶ短くなってて印象が薄いのが悲しい。

任意同行に詳しい

中堂さんはやっぱり経験したことなんだろうなって思うけど、一度任意同行についていったらどうなるのか詳しくてちょっとだけ笑ってしまう。

過去に捕まったけど証拠不十分で釈放されたって言われていたし、その時の経験なんだろうけど中堂さんのメンタルをもってしても辛いものだったんだろうな。

狭い部屋に閉じ込められて、いつも死体と向き合っているから人を殺すことも躊躇が無いとかそんなこと言われ続けたんだろうなぁ…。

事情聴取を受ける前の段階で逃げる…というか「運よく席を外している」状態だからギリギリ罪には問えないくらいなのかな? でも身分を偽ったりして腕の端末を調べに行ったからアウトなのか…な?

パラビでこのドラマを観よう!

このドラマはParavi(パラビ)で観ることができるよ。

今までTBSのドラマは、見逃してもティーバーとかでしか見られなかったけど今はParavi(パラビ)で配信されてる。

後進の動画配信サービスだけあって、サイトもだいぶわかりやすいし説明も多い方…だと思う。

ここに書いているのは、記事を書いた時点の時のものだから、本当にその作品が観られるかどうかは公式ページで確認してね。

→Paravi(パラビ)公式ページへ!←

コメント

タイトルとURLをコピーしました