鎌倉殿の13人 37話「オンベレブンビンバ」感想・ネタバレ 家族の最後の晩餐

13 people from Kamakura鎌倉殿の13人

鈴林です。

何の呪文だと思ったけど、大姫が言っていた「唱えるだけで良いことが起こる呪文」を間違って覚えたものだったんだ…。

ここで大姫という名前が出るのもなんか嬉しかったし、北条家みんなでの酒飲みも楽しかった。

そして泣いた。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 37話「オンベレブンビンバ」

りくは強欲な女

Episode 37 I didn't call Tokimasa.

お前がもうちょっと「欲がありつつも、周りの人のことを心配する人」だったら時政もここまでにはならなかったのに…。

グイグイ来るから時政も断れない…というのもあるんだろうな。

惚れた弱み、というか何というか…。

上昇志向が強すぎて夫を使ってどんどん自分も上に行こうとしている。

Episode 37 Greedy Woman

頼朝が生きている頃ならそれも良かったんだけど、一度てっぺんを味わってしまった後だとそれが厄介になってしまってる…んだよな。

他を蹴落として上に行こうとするのは悪いことではないんだけれども、周りを気にしなさすぎるというか…。

いや周りを気にしないってのも時には良いものなんだけど、他からすると畠山を無理な言い分で討伐しておいてまたかよ…という気持ちにしかならないんよ…。

似せ絵が得意

Episode 37 Good at drawing portraits

後鳥羽上皇が描いた絵は特徴捉えてて似てるとは思うけど、特技なのかな…? とも思ってしまうw

慈円の絵、似てたと思うけど「後鳥羽上皇の絵を破り捨ててしまうとは!」という自分のセリフを回収してしまった。

鎌倉でのことがすぐに伝わりすぎだろう。

電話でもあるのかな? ってレベルで早い。

ちゃんと時間が経過してるんだろうけど、それにしたって早い。

裁きも尼御台が行う

Episode 37 Masako Takes on Politics

鎌倉幕府を習う上で絶対に「尼将軍」って習う単語だと思うんだけど、こういう事情で政子が政治をすることになったのか。

というかこの時代の女性って漢字書けないんだ…!!!

衝撃だった。

平仮名しか書けないのはどうしてなんだろう。よくわからない。

漢字が男性のものってのもよくわからない…。

字が読めるってだけでもすごい時代なんだろうけどさ。

恩賞をくれたのが政子だったし、畠山を討つように言った時政に対して不信感? があるせいかみんな政子に送るようになったのは…もう仕方ないな。

小四郎と時政があんな風にバチバチやり合うようになるのは悲しいけども…畠山がいなくなったのはマジで悲しいんよ。

ウザがられるおばさん のえ

Episode 37 - Small bones are not removed.

魚の小骨が苦手で魚食べるの苦手になっちゃうの…わかるよ!!!

どうやって魚取って良いのかマジでわからんのよ。

取ってくれるならありがたいけど、実朝としてはなんか恥ずかしくて頼みたくないという気持ちなのかな。

わかるよ!!

京都から来た千世がめちゃくちゃ良い子そうで安心。かわいい。

Episode 37 You don't seem popular.

本当はのえは呼ばれてなかったんだろうけど政子に「良かったら」とか言われてぐいぐい「行きます!!」とか言っちゃった感じなのかな。

千世に対して京での祭りでの役割? とか政子がわからないであろうことを聞いたりしてて…性格悪かったね。

「あまり京でのことには詳しくないのですか? 光源氏の物語にも書いてありますけど」

とか言って煽ってくるし。

ああいうウザったい奴はどの時代でもいるってことだな。

千世が「空気読んで!」とばかりに「私の話はもう…」って迷惑そうに言ってたの良かった。

のえって本当に小四郎との子どもいるの…?

小四郎はたぶん京都行かないと思うぜ…。

妻の笑顔のために死ぬ

Episode 37 I Want to See Your Happy Face

時政はりくが立てた計画がうまくいかないことをすぐに気づいたんだ。

でもりくに「それじゃあ上手くいかねぇよ」と言っても「じゃあどうすれば良いのですか!」って怒りだすし、

時政にも小四郎と政子たちから政を取り戻す術を思いつけない。

というか時政はもう小四郎たちに譲って、伊豆で農業とかやってても良いと思ってた…気がする。

りくと一緒に伊豆に引っ込むことができれば…とか考えてただろうな。

Episode 37 Riku's Request

でもりくはそれを望んでいないし、「政範のためにも」という言葉を使ってどうにか時政にまた執権として返り咲いて欲しいと思っている。

だから時政は渋った顔もしたのか…。

りくは「覚悟を決めた殿方の顔は、こうも艶っぽいのですね…」って無理に「覚悟を決めた」とさせるようなことを言って無理に決着させたけど

結局時政がした覚悟は自分の死への覚悟だったのかもしれない。

気さくで話を盛ってしまう和田おじさん

Episode 37 I make up stories

和田さんマジで良い人~~~~!w

実朝にめっちゃ懐かれてるのマジでかわいい。

和田さんもかわいいし、ちょくちょく「息抜きに」とか言って通う実朝もかわいい。

和田さんが今回話してたのって、上野広常かずさ ひろつねのことだよねw

遅れてきたの自分のことにしてて笑ったw 

もう上総広常が死んでるし、あの場に当時の人がいないからって好き勝手言っちゃってww

八田さんに「俺が聞いた話と違うなぁ」って言われて「ちがう?」って素直に返しちゃうのも笑ったw

Episode 37 - How dare you pinch your wife's cheek!

巴のほっぺをつねって、その後巴にやられてしまう和田さんもまたかわいい。

ああいう風景が実朝をほんわかさせてくれるんだろう。

そして上総広常から始まった「武衛」という呼び方がまた出てきて久々すぎて笑ってしまったw

本当の意味を知っている八田さんから「おい」みたいに怒られてて困惑してるのもかわいい。

そこで登場した平六が「みんな武衛、武衛」って言ってくれるのもとっても良かった。

そう…みんな武衛なんだよね!! 意味わからんけどそうなのよ!

すぐ裏切る側に呼ばれる三浦

37. I'll be on the betrayer's side soon.

平六たち三浦がしょっちゅう「裏切る側」に呼ばれるのはどうしてなんだろう。

平六も平六で「ニヤッ」と笑ってそれっぽい返しするから…ってのもあると思うんだよなぁ。

マジで自分に利があるとき…小四郎を裏切っても良いと思える時はガチで裏切るけど、そういう時がほぼ無いから小四郎側についてる…とかはありそう。

全成と実衣の息子の時元は、自分と実朝の差についてずっとムカついてたんだ。

まぁ…同じ源氏の血を引く者なのに確かに扱いは違うけども…全成は頼朝の後を継ごうとしてなかったしそもそも武将じゃないし…。

今更言っても仕方ないのでは? とも思ったけどさぁ。

しかし平六はいっつも二重スパイみたいなことしてるよ。

家族の最後の晩餐

Episode 37 - Father Rebels

厳密には晩餐じゃないだろうけどさ。

小四郎と政子が時政の謀反の計画について話している時に、本人が酒と肴を持って現れたらそりゃ驚くよね。

Episode 37 Group Dancing

時政が「オンベレブンビンバ」と歌い出したのは、その呪文を唱えることで全部上手いこと解決してくれないかな…という望みの気持ちが出ていたんだろうか。

超序盤以降、ああやって北条家が楽しそうに酒飲んでるところ無かったらとっても良かった。

すごいちゃんと家族してた。

小四郎もうろ覚えの呪文を大声で言っててちゃんとボケててとても良い。

実衣も政子のことを嫉妬するめんどくさい感じじゃなくて、ちゃんと妹してた。

Episode 37 A Spell that Makes Good Things Happen

時政が庭? にある茄子を見て「ちげえよ~」って直し出して、小四郎と五郎も一緒に直してくれるのもとても良い。

家族してたわ。

頼朝と一緒に来て北条家も大きくなったし有名にもなったけど、頼朝と一緒じゃなかった時の方が幸せに過ごせていたのかも…と考えてしまった。

まぁこんなのマジで戯言なんだけどね。

暮らしていればどうしたって金も名誉も欲しくなるし、色々手に入れてから「やっぱりあの頃が良かった」とかって結局無いものねだりなんだよな。

金も名誉も力もあって更に家族も仲が良いのが最強ってだけ。

家族の仲が良くないからって「昔が良かった」ってのは、持たざる者からしたらクッソ腹の立つ戯言なんだよね。

話が飛んだ。

この北条家の飲み会…泣けたわ。

あの楽しそうな会が、北条家のみんなの「最後の家族の時間」だと思うと悲しかったしある程度みんな理解しているであろうことも悲しかった。

風景としては楽しそうだけど、この後を思うと泣けた。

北条は身内にも厳しい

Episode 37 We must be strict even with our own people.

小四郎が言っていたように、時政にはわかりやすく謀反を起こしてもらわないといけない…よね。

変に庇ったりすると「身内に甘い」と言われるし、隠すと「親を殺すなんて」とそしりを受ける。

だから誰がみても「これは謀反だ。これなら親でも討つしかない」と思ってもらえる状況になってから、討つ必要がある。

時政からすれば実朝だって孫だし、孫に剣を向けたりしたくなかったはずだけど…もうヤケクソというか「こうすれば…」という思いもあるんだろうな。

実朝がああやってはっきり否定してくれて内心嬉しかったんじゃないだろうか。

小四郎だって父親の時政を殺したいわけなんてない。

でもああやって謀反を起こされてしまったら、殺さないわけにはいかない。

そして時政もりくのために引くわけにいかなかった。

何も気にせずに大事なものを大事にするだけで良かっただろうに…悲しいんよ。

太郎もさすがに小四郎に「父上はおかしい!」なんて言えない…状況だよな。

小四郎が太郎に自分の仕事を見せようと思ったのは、過去の自分と同じような太郎に今の小四郎を見てもらいたいからなんだろうか。

画像引用元:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/37.html

鎌倉殿の13人 38話の感想

鎌倉殿の13人 36話の感想

NHKの番組を動画配信でもっと気軽に観よう。

NHKの番組はほとんどのものが再放送される。大河ドラマだって、朝ドラだって再放送される。

再放送を待たずに楽に見逃したNHK番組を観られるやり方があるのです。

U-NEXTに入って、更に「NHK見放題パック」というものに入るとすごくお得にNHKの番組も他の番組も観られるようになるよ!

こう聞くと

鈴林
鈴林

いやいやどんだけ加入するんだよw

金かかりすぎだろw

ってなるけど、最近そんなに金もかからなくなった!w 何なら普通に入るよりも超お得になる…かも!

レンタルショップでレンタルされるのを待つよりも、もちろん早いし家から出なくて良いし、放送した後ほぼすぐに配信されるから待ちきれない人にも良い。

過去の大河ドラマや朝ドラ他の番組だって配信されてるから好きなNHK番組を観まくれる。

当たり前だけどU-NEXTにも加入するから、U-NEXTで配信されてるものも観られるし日本国内のエンタメをほぼ網羅でき…る…んじゃないか?(個人の意見だよw)

※この記事を書いた時点での情報だから、登録する前に自分が観たい番組がまだ配信されているかどうか確認してね!

ココから登録すると、最初に1,000ポイントもらえる!

公式ページへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました