相棒3 18話「大統領の陰謀」感想・ネタバレ 殺人鬼が全ての罪を被ってくれるかと思ったのに

Buddy 3相棒

鈴林です。

まさか相棒3の終盤になっても浅倉の話が出てくると思わなかった。

浅倉と亀山さんの話…良いよなぁ。事件と全く関係ないけど大学時代の話とかもちょっと気になるもん。

スポンサーリンク

相棒3 18話「大統領の陰謀」

今度のは俺じゃない

亀山さんは美和子と別れてから生活がどんどん汚く…というか雑になっていくなぁw

部屋に服は脱ぎ散らかしたままだし、テーブルの上の物も片づけないし酒飲んでそのままソファで寝ちゃって…テレビも付けっぱなしだしw

いつもは片づけを美和子に任せてたんだろうなってのが、この相棒シーズン3で嫌というほどわかってしまった。

浅倉が夢に出てきて「今度のは俺じゃない」って教えてくれるなんて…もう…もう神託みたいなものじゃん。

夢というのは見た人の深層心理とか言われるけど、あの時点で亀山さんは事件のことも浅倉の指紋が出たことも知らない。

だからもう…浅倉からのメッセージじゃん。

亀山さんと浅倉のこの絆みたいなの本当に好き。

優しい国務長官

Episode 18: I'm a citizen from today

あの共和国での国務長官、藤さんは浅倉の正体に気づいていたのにあんなに優しかったのか。

かつての自分を取り調べて送検した検事なんて良い印象が無いだろうに、同じホームレスになってあんなに優しく接してくれるなんて。

あの川辺で気づいた時にいじめる人だっているだろうに。

大統領に本当のことを話した時も「私が面倒を見ます!」って掛け合ってくれるのがまた優しい。

一緒に仕事をして…過去のことは気にしないように会話して。

殺人鬼であることも知っているのに変わらずに接している藤さんマジで優しくて良い人だわ。

だからこそ夜中に大統領が仕事を依頼した時、何かおかしいと思ったんだろうな。

その後浅倉の姿を見なくなったけど、だからといって大統領への印象が変わるわけでもなかったのは大統領がそれほどに人格者だった…からなんだろうか。

殺人鬼が全ての罪を被ってくれるかと思ったのに

平本昌恵が「大統領なんてホームレスが亡くなったなんて」とか言っていた時点でもう犯人はわかったようなものだったけど、事件としては悲しいものだった…と思う。

浅倉は良いように使われただけじゃないだろうか。

大統領の判断はうまいと思う。

お金での取引にせずにグラウンド建設を辞めさせることを引き合いに出した。

そしてそれを書類にして残して保管していた。相手が政治家でもそうじゃなくてもあんなことで取引するんだったら書類にした方が良いよね。

大統領がスーツケースに詰めて、そして…浅倉にやらせたんだなぁ。

というか浅倉への報酬が1000円って安くない!? あれって1000円札だよね!?

鈴林
鈴林

お前が持ってた札2枚とも渡せや!!

と思ってしまった。


浅倉に死体を運ばせた後は「名誉国民」とか聞こえのいいことを言って追い出して、共和国を維持し続けていたんだな。

そして平本昌恵は今回の被害者がみつかったこと…そして特命係が平本市長のところに来たことをきっかけにして大統領を殺した。

一度殺人という解決策を覚えるとそれに頼るようになってしまうのかな。悲しい。


右京さんが言うように、既に平本昌恵も殺人鬼だ。

Episode 18 You are also a murderer

人を殺してなんとかしようとするのがその証拠。

既に死んでいるとはいえ、そして元々殺人鬼だったとはいえ浅倉に罪を擦り付けて政治家の妻を続けて行こうとしていたなんて…図々しい。

亀山さんの「ふざけんなよ」が本気でとてもよかった。

ラストの浅倉が見守っているところは、状況としてはすごく怖いけど…浅倉がお礼を言いに来ている、と捉えればすごい良いシーンだわ。

親友って良いね…!!!

画像引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_03/next/index.html

   相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました