永田カビさんの「一人交換日記」について感想ってか思う事たくさん。ネタバレ?あり

漫画の絵

この漫画は

pixivコミックで連載してて、

今本屋でも人気?の

「レズ風俗に行ってみた」

のマンガの作者さんの、

自分との交換日記のマンガ。

(レズ風俗レポ読みました)

この永田カビさんの日常…

ってか感じることの漫画なんだけど…。

色々と書く前に、

このブログの説明にも書いてるけど、

これは私個人の考えであって

責任は私のみ。

あくまでも個人の考えだから。

う~~~~~ん…。

モヤモヤしてきて読み直してるけど…

はっきり言う。

私、

この人嫌い。

この人の考え方や生き方が嫌い。

なんだかんだ言っても、

今のこの人が居るのは

永田カビさん自身が

選択してきたことの連続じゃない。

読み返していても

イライラしてくる。

この気持ちを

このブログに書きなぐって

私がスッキリするために書いてる。

苦情はまぁ受け付けるけど…。

うんまぁw

この人の親は

一般的な考えを持っている

よくいる部類の人だと思うけどね。

あたしも

適当に生きているというか

「一般的な人生(大学に行き、

良い会社に入り

女であれば

結婚し子供を産む)」

というものを

歩んでいないから思うけど、

大人の大半は

この一般的な生活を

子供にも望むものだと思う。

自分も

親も

そのように暮らしてきたから

それが子供にとっても

幸せ

って感じているんだと思うよ。

子供が

自分の考え通りに生きなくて

怒るか

許すかは

また人それぞれだけど。

永田カビさんさ…。

孤独孤独っていうけど、

漫画読んでたら

さも被害者

のように

見えてくるけど

それを選択したの

この人じゃん。

もっと

人と

触れ合おうと思えば

できたはずなのに

してないじゃん。

親にも

言いたいこと

全然言えてないじゃん。

親のすねをかじって

実家で働かずに暮らしていたのに

急に

「一人暮らしする」

って言ったら

そりゃあ心配するよ。

この辺でも

親の愛見えるじゃん。

1人暮らしを心配されてるのは、

今までの生活で

安心できるような部分が

なかった

ってことでしょ?

自分のせいだと思うんだよね…。

この人は

「自分を評価してくれない」

「認めてくれない」

って言うけど、

じゃあ

永田カビさんは

お父さんと

お母さんと

おばあちゃんを

認めて評価したことは

あったのかな?

お父さんだって

娘である

永田カビさんに

もっと言いたい事あったと思うけど、

たぶん少ししか言ってない。

「~~~で会話が成立しない」

って言うけど、

それでも伝えることはできると思う。

手紙なり

それでも話続けるなり

なんなり向き合えばいいのに。

この家の人らは、

永田カビさんのお父さんの事は

知らないけど、

このお母さんの話も

観た感じ…

全然話し合って

解決しようとしてないって

気がする。

自分がして欲しいこと、

したら嫌なことなんかを

言わなくても伝わると

思ってるというか…。

日本人だし、

察する

って力は

外国の人より

長けてるとは思うけど、

それでも

「喋って伝える」

ことは

しっかりした方がいいと思うんだよね…。

お母さんが

寝ている永田カビさんに対して

快くない言葉を言うのもさ…。

わかる気がするよ。

世間一般の、

自分の娘と同い年の子は

結婚したり

仕事を頑張っているのに

どうしてウチの娘は

実家にスネかじって

今も布団に寝ているんだろうって。

そりゃね

近所にも聞かれたら

気まずいだろうよ。

でも

これが

現実なんだから

受け入れないと。

こんな風に思うのが

世間一般だし。

「みんなと同じ」

が良いのも

国民性なんだよ。

他人と違うのは

良い例であればいいけど

悪い方に

「他人と違う」

だと

後ろ指しか差されないし。

自分でしている仕事とか、

今までの自分の人生を

心のどこかで

「こんなはずじゃなかった」

とか

どこか他人のせいとかにして

受け入れられてない気がする…。

なんとなくね。

友達を作ってない

作れなかった、

どっちかわかんないけど

他人と触れ合ってないのも…

めんどくさかったからって

理由なのかなって思うよ。

今まで生きてきて

誰にも愛されたことが~って

言うけど…

じゃあ

永田カビさんは

誰かを愛したことがあるの?

失恋の経験がないってことは…

たぶんないと思うけど。

他人に興味を持てないのに、

自分には持って欲しいって

おかしいと思う。

漫画を読んでいて

自分のことを

自分で認めているように

見えなかったけど、

そんな人のことを

「人として好きになって」

って

虫が良すぎると思う。

教会でも行って

無償の愛をもらえばいいと思う。

年相応ってか・・・

精神が成長していなさすぎて

他の人との

会話や接触で

その違和感に

押しつぶされているような印象を受ける。

私の考えだけど、

小さい子供の頃って

特に親に

「無条件に自分を受け入れて欲しい」

って思ってると思う。

でもそれが

人として成長していくに従って

変わっていく。

永田カビさんは…

「無条件に自分を受け入れて欲しい」

って

ずっと思ってそう。

思ってもいいけど、

じゃあそれなら

永田さん自身も

「無条件で他人を受け入れる」

べきだと思う。

他人の家には

ずかずか入らせてもらうけど、

私の家は絶対にダメ!

近寄らないで!

っておかしいからね。

無償の愛

って言っても

こんなのは悲しいし、

許してもらえても

それは友達でもなんでもない。

人間大抵の人は

ギブアンドテイクだと思う。

もちろん例外あるけど。

仕事以外で

他人と会っていない人に

友達がそうそう増える訳もないし、

恋人もできないと思う。

他人と関わらないことに

全力で生きてきたことの結果が

今なんだと思った。

仕事を

すぐ辞めるループに陥ったのも…。

気持ちはわかるよ。

あたしもそんな感じだし。

確かにすごく申し訳ない。

あたしは親にだけど。

あたし自身の考えは、

仕事は向いているものの方が良いし、

無理して続けても体壊すし。

現に壊してしまったし。

だから辞めることは良いと思うし、

引っ越しも別にいいけど…。

引っ越しを繰り返してしまいそうになったことで、

どうして世間の評判を気にするんだろう。

世間の評判気にしたって

しょうがなくない??

自分の人生だし、

永田カビさんが引っ越しを繰り返したら

世間にどんなダメージが??

全人類からの信用とか大きいし、

そこまで

全人類は

一人に注目していない。

心の病気のせいもあるかもしれないけど、

もっと自分の失敗とか

できないことを受け入れるべきだと思う。

もっと自分を好きになるというか…

ダメな自分を受け入れるべき。

この辺も

家族と似てるのかな??

永田カビさんの家族も

「理想の家族像」

「現実の家族」

が違うから

そのしわ寄せを

お母さんや

永田カビさんにしている…

んじゃないかと思うんだよね。

引っ越しも

気づけることを気づけなくて

失敗したならいいじゃん。

次頑張ればいいじゃん。

別に

人生で一度しか引っ越しできない訳

じゃないし。

お母さんが

永田カビさんの本を

お父さんに見せるのを躊躇したのもさ…。

世間一般として普通だよ。

自分の娘が

レズとはいえ

風俗利用したことで本出してるわ、

その内容で

親子のこと

書かれてるしで(私は買ってないから内容知らない)…

「お父さん見て見て!!

うちの娘が風俗利用したんですって!!!」

って言えないでしょ!!!

嫌だよ!!!

ショックでかい!!

お父さんが

永田カビさんに送った文も

言い方厳しいけど

「勝って兜の緒を締めよ」

てな感じの意味だと

思うけどね。

「無条件で私を愛して欲しい」

って28年生きて、

それだけ一緒に生きてきて

まともに対話もしてない成人に対して

その考えはなんか変。

親子と言えど、

別々の人間なんだから

考えはそれぞれなのに。

永田カビさんなりのフィルターで

世界を見ている感がする。

まぁあたしも自分のフィルターで

見ているんだけども。

「お互い大事な存在になることを

前提とした出会いが欲しい」

って…

そんな裏打ちされた出会い嫌だわ。

こーいうとこが嫌い。

保証されていないと

やりたくありません、

失敗したくありません

って感じ出てる。

腹立つ~~~~~!!!!

あたしももちろんだけど、

世の中の人は

色々失敗して現在があるのに、

なんで自分だけ

保証されようとしてるんだよ!!!

経験値無いなら

余計に今から失敗しろよ!!

都合のいいときだけ

年齢のこと持ち出しやがって

選んだのは自分じゃねぇかよ

馬鹿野郎!!

少しも自分を認めることのできない奴に

恋人なんか

超優良条件が無い限りできないと思います!!!

はーーーーー

ちょっとすっきりした!!!!

永田カビさん好きな人や

ご本人には大変申し訳ない。

でもこれが私の考え。

言いたいことあるかもしれないけど

とりあえずこんだけかな~。

漫画読んでて思うけど、

実際に永田カビさんと会ったら

あたしは説教しつつめっちゃ連れまわしたいね。

もっと人と触れ合うべき。

もう動物でもいいから

他の生き物と触れ合おう。

なんと続きもありますw

レズ風俗レポ読みました→

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    そんなド正論、多分百も千も承知だと思いますよー。
    でもね、頭でいくら分かってても気持ちが子供のままで付いていかない。そーゆーアンバランスな自分を自覚してまた自己嫌悪に陥って無限ループに嵌る。そんなしょうもない性もまた、人間という生き物の一面かと。割とそういう大人になれないコトナは世の中にはたーくさんいるから、これだけ本が売れるし共感されるわけで。
    (真っ当に苦労して生きている人間から見れば、この手の人種は目障りこの上ないでしょうがね。)
    私もこの親に愛がないとは思いませんけど、親が悪いでもなくカビさんが悪いでもなく、「相性が悪かった」の一言に尽きると思ってます。運が悪かった、それ以上でもそれ以下でもないんだと悟れたら、きっと双方報われるのになーと思いました。

    • 鈴 林 より:

      まさか本当にコメントがあるとは思ってなかったのでびっくりしました!
      わざわざコメントして頂いてありがとうございます。
      ん~~まぁそうだと思いますね~。私の性格なんでしょうけど「悩んでも答えが出ないなら悩むのをやめろ」と思っているのでこーいう人を見ると
      元気出せ!!!!!!って思っちゃうんですよね(´・ω・`)
      運と相性は確かにそうですね。双方もう少し「理想」から抜け出せればなぁ・・・と思いました。
      感想書くとこうやって話せる感動が私は今嬉しいです!!!

    • 匿名 より:

      永田カビさんの言葉も絵も、『健全』で『正しい』方には全くわからないでしょう。呆然としてしまいました。
      こんな場所でカビさんを傷つけないでください。私はカビさんを守りたいです。

      • 鈴 林 より:

        こ、コメントありがとうございます。
        いやホント・・・読んでくれたり考えを言ってくれるのはいいんですけど・・・。
        人のブログで、私の、感想を書く場で何を言ってるんですかwwwww
        私は呆然とする、というか笑ってしまいましたwww
        私は別に『健全』でも『正しく』もないですけどね。そう見えたのならありがとうございます。

        • 匿名 より:

          横からすみません、言いたいことはわかりますけど、笑ってしまいましたwwwの返しはさすがに人と話す礼儀としておかしいでしょう…
          私はあなたのそういうところが嫌いです

          • 鈴 林 より:

            コメントありがとうございます。
            左様でございますか。あなたのその考えも別によろしいのではないですか?
            私は特にあなたに興味はわきませんでした。

  2. 匿名 より:

    良い漫画を教えてくれてありがとうございました。
    読み進める度に共感できるところが沢山あって自分にとっての救いになりました。
    「レズ風俗に行ってみた」の方も買おうと思います。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      感想を書いただけですが、そう言っていただけて嬉しいです。ありがとうございます!
      この本の作者の方もそうですが自分のことを認めて、受け入れれば色々見え方が変わってくるのかな、と思います。
      救いになったと言って頂けて嬉しいです!
      無理しないでくださいね。ありがとうございました。

  3. はっちゃん より:

    通りすがりに一言。
    鈴林さんの感想は、健康的だと思いました。
    歯に衣を着せないご意見も好感が湧きます。
    ネットのような環境で個人的な感想や意見を述べると
    いろいろな立場の方が、その方から見た正論を貴方におっしゃっられる。
    貴方が最初に思われた事とは、別に置いておいて他の方のご意見を素直に受けられている所も素敵だと思いました。
    ただ、この本を読まれ方のほとんどが、永田さんの心身を心配すると思われる内容でしたが、鈴林さんのお気持ちが心配のあまりに怒りへ転ずるのは、距離のありすぎる方に対して、ちょっと行き過ぎてるのかなとも思いました。
    真夜中のラブレターみたいなとりとめの無い内容で申し訳ありません。
    失礼致しました。

    • 鈴 林 より:

      はっちゃんさん、コメントありがとうございます!
      なんだか・・・本当にありがとうございます!好きなように感想書いてるだけなんですが、そう言って頂けると嬉しいです!
      個人だと多角的に見ているつもりでも限界がありますからね。元々ブログを始めたのも、自分の感想をアウトプットしたいという
      欲求だったので色々意見を交わせるだけで嬉しいんですw
      行き過ぎwそうですねw言われてみれば確かにそうだな、と思って笑ってしまいましたw
      「人をコントロール」しようとする気持ちの表れかもしれませんね。
      とりとめなくてもなんでも嬉しいです。この「一人交換日記」については
      「くそーー!吐き出すぞ!」という気持ちで書いたのに、思いがけず他の人の反応を得られてびっくりだけど嬉しいです。
      ありがとうございました!

  4. よっち より:

    あの漫画pixivでみました
    20代にもなってうだうだ言いながら
    ヒキニートで寝てるか、起きててもPCに浸って
    寂しいからとレズ風俗行って本出して、これで家族から認めてもらえるのでは?
    と勘違いしてる姿が滑稽だと私は思いました

    でも良かったと思います
    そんなクソみたいな生き方や被害者意識に共感する仲間がいっぱいいるみたいで
    カビ氏はきっと今家族からは得られない肯定感を他社からはもらえているようですから

    肯定的な意見ばかりの中、吐き出す事ができない思いがあったので
    ついコメントお邪魔しました
    問題があれば削除してください

    • 鈴 林 より:

      よっちさん、コメントありがとうございます!
      よっちさん言い方キツイ!でもわかる!!w以前コメントくれた方も仰ってましたが、一定層、永田カビさんのような人も
      いるんですよね。だから人気があるというか受け入れられているのも・・・あるのかなぁと。
      それでもイライラしますよね!?も~~~こっちはお金に困ったりしてるなか、この人はよくわからん悩みでひきこもってんのかよ!
      いい暮らしだなぁおい!!とか思いますよ!!w
      お邪魔だなんてとんでもない、ありがとうございます。
      こーいう人も居るって受け入れた方が良い気持ちももちろんあるんですが、「いいな!くそ!!」とも思うんですよね。

      • より:

        被害者意識、確かに当たってますね

        そういえば、今日ちょうど江原◯乏さんの著書読んだのですが、江原さんならカビさんに、なんて言うんだろうなと引いた気持ちになってしまいました。

        • 鈴 林 より:

          ぺさんコメントありがとうございます。
          被害者意識を持つことで自分を持っている・・・キープしているのかもしれないですが・・・
          傍から見るといいものではないですよね・・・。
          江原さんのような包容力というか・・・「世間一般でも優しいと言われている」、そういった方と接して欲しいですね。
          「世間一般でも優しいと言われている」って謎ですが・・・w美輪明宏さんとか!!

  5. 匿名 より:

    突然失礼します。
    永田さんのマンガを私はピクシブで拝見してたのですが、何かモヤモヤしてました。
    そんな時こちらのブログで感想を見つけました。ブログを拝見して私自身が永田さんに対しては大変だったろうなぁという気持ちよりも社会に対しての考えの甘さ、幼さのが気になって腹が立ってたんだなとモヤモヤの原因がわかって本当にスッキリしました。
    辛いと感じる度合いも人それぞれで、この感情が正しい!という正解がないのもわかっているんですが、鈴林さんの感想で激しく共感してしまい、そのまま勢いでコメント送らせていただきました。
    突然のコメント失礼いたしました。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます!
      気持ちよくわかります。私も似たような軌跡を通ったと思いますw
      大変だったんだろうなとも思うし、親に恵まれなかったのかな・・・選べるものじゃないしね・・・とか思ったんですけど
      それにしたってちょっとあんた!という思いが読む毎に出てきてしまって・・・w
      正解が無いとはわかっているのですが、どうしても・・・こう受け止めきれないものもあるんだなって感じました。
      いえいえ、勢いでいいんです!私もこれ勢いで書きましたw
      ありがとうございました!

  6. 通りすがり人 より:

    前の方もおっしゃってますが、すごく健康的で正論な感想だと思いました!
    私自身、この漫画を読んで「何か気にはなるけど、共感は全くと言っていい程出来ない」という不思議な感覚で、他の方の感想を読みたくて検索してみました。
    怒りは感じなかったんですが、鈴林さんと近い感覚はあったんだなと納得です。

    なんか自分で生きづらい状態にしてるんだろうなぁと。
    もっと楽に考えたら良いのになって。

    でもこういう他人が些細に思うことを大きく捉えて、とことん考えてアウトプット出来る人が哲学者や作家という限られた人になるんでしょうね。
    「普通」じゃないことが出来るって凄いことなのに、気づいてなくて勿体ない人だなぁと思ったということが、こちらの感想読んで気付けました!

    って通りすがりで長々と私の感想まで書いてしまい、すいません。
    長文失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      通りすがりにありがとうございます!
      いえいえとんでもないです!ありがとうございます!
      「教官は全くと言っていい程できない」笑いましたwww確かにそうですねwww
      当人からしたらもちろんどれも「大事件」だし「生命の危機」に感じるんでしょうけど・・・
      少し視点を変えたり考え方を変えるだけで色々軽くなったりすると思うんですけどね(´・ω・`)
      他人が流してしまうようなことを拾えるってことは、確かに「限られた人」ができることなのに・・・!
      元気出してよ!ってなりますねw

      コメントありがとうございました!

  7. 4 より:

    まず、ありのままの姿や元からの性格・感性を否定し潰す親に育てられた子供は、親の前で、自由な発言や行動ができなくなります。上手く気持ちを伝えられなくなり、自分で気持ちに収集がつかなくなり、突発的な行動をとったり心を閉ざし引きこもったりします。
    永田さんは、体も病んでしまっています。生きることだけでやっと、働いたり結婚したりなんて、二の次三の次です。それなのによくここまで否定できるなーと驚きました。頭が岩のようにかたいタイプの人間の、テンプレートですね、鈴木さんは。
    そして、「他人を無条件で受け入れろ」の件について。
    わたし的に、永田さんは親に少しは愛されていたとしても、無条件で受け入れられていたとは思えません。だとしたら、親という無条件安全シェルターというものがなかった人に、人を無条件で受け入れられるのでしょうか?
    そこらへんの考えも、ひっじょーに浅はかです。
    当然、その穴は他人で補うしかなくなります。だから、「お互い大事な存在になることを前提とした出会いが欲しい」という気持ちになるのです。
    ここまで自己肯定感が低くて、上手く失敗してこれなかった(親に失敗や立ち直りの方法を教えてもらえなかった)人なのに、クソみたいな文章書きやがって、このクソ馬鹿脳みそ綿菓子野郎。
    てめえみたいに、普通の親に育てられて、ペラペラのなんのへんてつもない安心できる生活を送ってこれた人間が、想像を絶する苦痛に満ちた生活を送っている人間のこと評価すんな、オナニー野郎。
    てか体を壊してしまってる時点で、弱者だろ。
    弱者をいじめるサイテー野郎。

    • 鈴 林 より:

      17さいさん、コメントありがとうございます。
      17さいさんも、永田カビさんと似たような境遇にいた、いたことがある、もしくは現在もいる、んだろうなと想像します。

      17さいさんの言う通り、「頭が固い」かもしれませんが、私は永田カビさんは
      「命を奪われるような危険にない」
      「家にいることができる」
      「お金は多少なりともある、今すぐ無くなりそうという危機にはない」
      ということから「まだ幸せ」だと思ってます。
      17さいさんの言うことから考えると「永田カビさんはかわいそう。私もあなたを癒す、助けるために頑張る!」なんかが理想の書かれ方…なんでしょうか?
      私はそれは違うと思うんです。
      そこが「弱者をいじめるサイテー野郎」と思われる所以だと思いますが。
      親に否定されてきた、誰も受け入れてくれなかった、他者に逃げるしかない、失敗の仕方を教わらなかった…
      これって全部人のせいにしてません?
      認めたくないし、嫌だけど、「仕方ないこと」だし「変えることのできないこと」じゃないですか。
      周りがそうでも、自分の考え方、捉え方でどうにでもできるんですよね。永田カビさんにはそこに早く気づいて実践して欲しいです。
      語弊がありそうですが、初対面・そこまで仲良くない人に「無条件で全部受け入れてよ!私辛い!!」って言ってもほぼ無理だと思います。
      話が逸れた気がしますが…体を壊すくらいに、心を壊すくらいに辛かったのはわかります。
      が、「他者に憧れを持ちすぎている」気もします。
      永田カビさんは弱者でしょうか?
      自分の内面や生活、思考の経緯をここまで形にしていますし「弱者」だとは私は考えたことがなかったです。
      病気治って欲しいな、とは思います。
      これで答えになっているか、微妙ですし話が逸れて着地しているか怪しいですがひとまずこんなところで。
      コメントありがとうございました!

  8. 匿名 より:

    こんにちは
    永田さんの漫画2作読みましたが、作者は境界性パーソナリティ障害の典型例です。
    (他社への評価が極端に変わる、リストカット、自己否定などなど)
    鈴林さんのご意見は普通の方の健全な考えかと思いますが、世の中
    なにかが原因で多くの人の考え方に共有できない方がおられます。
    私には境界性パーソナリティ障害の人がどういう考えをしているのか知れた
    という意味で非常に興味深かったです。

    • 鈴 林 より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      境界性パーソナリティ障害・・・
      wikiを少し見てきただけですが、症状など多くてよくわからなかったです。
      そうなんですね!
      他の人の考えに同調したり、共有?したり・・・しなくてもいいとは思うのですが・・・
      うまく言えませんが、私はどうにも良い感情は持てませんでした。
      病気などに詳しいと、同じものを読んでも受け取り方がまた違ってくるんですね!
      コメントありがとうございました!

  9. るる より:

    一言だけですが、全く持って仰る通りだと思います。
    私の中にあった違和感を言葉にしてくださっているようで、読み終わった後にホッとしました。
    あなたのようなことをいえる人がが、永田さんの周りに一人でもいたらこんなことにはならなかったのかもしれませんね。
    聞く耳を持ったかどうかはまた別の話ですが…
    永田さんの存在をコンテンツのように読者も出版社も考えているように思えてなりません。
    このまま壊れていくのを生殺しのようにみんなで見守っているようで、そら恐ろしい感じがします。

    • 鈴 林 より:

      るるさん、コメントありがとうございます!
      同じように感じてくれる方が居てよかったです・・・!
      確かに、もしいたとしても永田さんの方から離れていきそうですね。
      コンテンツ・・・なるほど、観察対象というか自分に関係がないからこそ、
      面白おかしく見守ることができる・・・という感じでしょうか。
      年齢を重ねれば重ねる程、厄介になりそうなので早く幸せになって欲しいですね(´・ω・`)

      コメントありがとうございました!

  10. モヤイ より:

    日が経ってしまっているのに、書き込みスイマセン!
    永田カビさんが女児の服を着ておむつを履いたり、パンツ見せてたり、なんかすごい画像があったのですが、ほんとのことなのでしょうか?
    永田カビ 顔 で調べると出てきます。
    鈴林さんの意見が聞きたいです。
    ほんとのことだとしたら、なにやってるのとあきれます。。

    Amazonレビューでいろいろ書かれていました。

    • 鈴 林 より:

      モヤイさん、コメントありがとうございます!
      見てきました…。女児服着てたのは本人のようですね。「大人なのに女児服着てる!」のアカウントで
      永田カビさんって出てますし・・。
      写真を見た正直な感想は
      「うわああああああ…パンチきいてる・・・」
      ですねww

      Amazonレビューも見ました。☆1で一番評価?されてる方のレビューがわかりやすく、適格な気がしてすごいと思いました!
      分析すごい!そして永田カビさんひどい・・・w笑うwwwあれは笑うくらいにひどい・・・w
      女児服着てるやつは・・・まぁイタイけど・・・!コスプレだと思えばまぁ・・・。
      でも親も見てるツイッター上でよくやるなぁ、とかパンツも見せるなんてどうしたの、とは思いますね。

      意見が聞きたいなんて、なんだかホントすみません。ありがとうございます。
      私本買ってないんですけど、一応・・・!読んだ方がいいですかね・・・これは・・・!本は本で何かありそう。
      永田カビさんに肯定的な意見というか前向きな気持ちでもう観られないので、ツイッター全く見てなかったんです。
      顔ついでにツイッターもさらっと見てきたんですが・・・。

      何故か恐怖を感じました。笑えもしないけど、何か怖い。漫画を読んでなんとなく人柄を知った気になっているせいなのか。
      恐怖を感じますね。。。

      本を出して、受け入れられて、人気も出て、お金も入って、何かふっきれたんでしょうか・・・。
      悪い意味でもいい意味でも。。。

  11. MAYU より:

    はじめまして。私は永田カビさんと似たような経験と、症状を持つものです。
    記事を読ませて頂き、こういった症状はなかなか理解されないと分かっていても、やはり憤りと悔しさを感じました。

    全文を通して思ったことは、鈴林様は、ご自身のご家庭や、今までに身近な方から見聞きされたことだけを基準に、カビさんを批評しているということです。思ったことをそのまま書くという、記事の趣旨には合致していると思いますが・・・。

    まず、カビさんは親御さんと話し合いをしていないとご指摘されていますが、子供の精神を病ませてしまう親というのは、話の通じる相手ではありません。カビさん自身も、『一人交換日記』の中で、“お父さんと話していると、一人でいる時より寂しい”と述べており、母親もそれに同意しています。

    誰しも、人生の中で一度は、“こいつに何を言っても無駄”と思わせる、話の通じない相手にあったことがあるかと思います。カビさんの場合、それが父親だったのです。これが学校や職場で出会った赤の他人であれば、距離を取る、精神的に追い詰められる前に(可能であれば)退職するという方法も取れるかと思います。
    しかし実の親となると、自分で稼げるようになるまでは、その存在と離れることはできないのです(稼げる年齢になる頃には、既に精神を病んでしまっている場合も多い)。

    更に酷い親になると、家庭の中の独裁者・神様のような存在になり、世間的に白とされることでも、親の前では黒と言わねば許されないような、異様な空気を作り出します(時には道徳観すらひっくり返る)。

    自分の認める価値観以外は、子供の人格レベルですべて否定する。常軌を逸した叱り方。突然怒り出すので、沸点が分からない。意味不明な理由で怒る。逆らえば、何日間も冷たい態度を取る。好きにしたいなら、庭で暮らせと言われる。

    こうなってくると、子供は不利益を得ないよう、親の顔色を伺い、常にビクビクするようになり、家庭は心休まる場所ではなくなります(カビさんの場合は、恐らく父・母・祖母の仲が芳しくなく、家庭内が常に緊張状態にあったため、常に周りを見て、身の振り方を考えていたのだと思います)。

    加えてこのような家庭の場合、物心つく頃には自分の家がどこか余所の家と違うことに気づき、その“おかしさ”を他人に悟られ、変な家の子と思われないよう、或いは親の顔に泥を塗らないよう、世間の目を気にしながら生きていくようになります。やたらと周囲や世間の目を気にするのには、こういった背景があるのです。

    少なくとも、私は幼稚園の頃から、そうやって気を遣いながら生きてきました。何度もストレスから発熱・嘔吐を繰り返していましたが、当時は周囲からは単に身体の弱い子供だと思われていました。
    遂には幻覚症状が出て入院もしましたが、診察中は親が隣にいたため、結局何も話せませんでしたね。当時の悔しさや劣等感、先生にも友達にも、“親がおかしい”と助けを求められない辛さ、今でも鮮明に思い出せます。
    鈴林様は簡単に友達に相談しろと仰いますが、家庭や金銭の問題は、大きく根が深いものほど、なかなか他人に話せないものです。

    私の想像ですが、カビさんの場合は、常に母親の味方であり、イエスマンでなければならないという重圧もあったのではないかと思います。
    彼女の言動を見る限り、もろもろの不安の根源は、母親から聞かされた『(愛も理由も感じない結婚だったが)子供ができれば何とかなると思った。でも、何とかならなかった』この言葉だと思います。このようなことは本来、間違っても(たとえ子供が大人になっていても)本人に言うべき言葉ではないと思いますが、母親は気づかなかったのでしょう。

    親にこういうことを言われると、真面目で感じやすい子供の場合、『では、私の生まれてきたことに、一体なんの意味があったのだろう』と、真剣に思い悩んでしまいます。結果、意味のあることをしなきゃいけないと過剰に考え、親の期待に応えることこそが、存在意義であるかのように錯覚してしまうのです。
    ツイッターによれば、カビさんの母親は、あまりの辛さに外階段で何度も泣いていたそうですから、その度に母親の味方でいようと思ったであろうことは、想像に難くありません。
    カビさんは、世間的には褒められた人間ではないでしょうが、この方がいなければ、うつ病になっていたのは間違いなく母親です。皆それぞれに苦しく、負の連鎖が起こっていたのでしょう。

    このような状態が酷くなると、母親との同化があまりにも進んでしまって、お母さんがあんなに辛いのに、自分だけ楽しい思いをしているのは悪いことだ思い込んでしまう場合もあります。
    カビさんの『〇〇する資格がない、〇〇したらバチが当たる』というような思考回路は、ここからきている可能性があるのかもしれません。
    遂には自分の本当の気持ち(嬉しい・楽しい・つらい・美味しい・ああしたいこうしたいなど)を無意識に押し殺すクセがついてしまい、本来は親や周りに言われただけのことを、自分が思っていることのように錯覚してしまいます。
    しかし、本当の気持ちとは常に違うことをしているので、どこか違和感を感じていたり、心身に何らかの異常を来すようになります。

    三つ子の魂百までとはよくいったもので、家族という集団の最小単位で学んだことは思考の基本となり、学校に会社に、ずっと付いて回ります。つまり、常に異様なほど人に気を遣ってしまったり、言われたことには必ず従わなければならないと思ってしまったり、何でも自分に否があると責めてしまうのです。このような状態では、対人関係や社会生活に支障を来すのは明らかです。しかし、本人は無意識にやっていることが殆どです。

    はちなみに、思考が狭かったり、精神の一部が幼いままなのは、家庭の中で生き残っていくこと、親に認めてもらうことが目下の最重要課題であり、周りに意識を向ける余裕がなかったからではないかと思います。

    反抗期に大暴れでもしてくれれば、親も『何でこんなことに・・・?』と疑問視するのですが、変に優しかったり、内向的な性質の子の場合、ひたすら内に溜め込むので、行くところまで行ってしまうんですよ。そして、ある時爆発する、それが今のカビさんです。言い方は悪いですが、親を手にかけないだけ、まだ良い方かと思います。

    鈴林様は、カビさんに『もっと頑張れと言いたい』と仰っていますが、彼女は既に、死ぬ気で頑張っていますよ。小さい頃からずっと頑張ってきたからこそ、病気になったのです。本来、小さな子が悩まなくても良いことを悩み、しなくても良い努力をしてきたのだと思います。

    更に言うなら、世の中のすべての人は、天に与えられた環境の中で、精一杯生きていますよ。頑張っていない人なんていません。あなたのその発言は、他人を馬鹿にし過ぎです。笑い交じりに言って良いような言葉ではない。

    無償の愛が欲しいなら、教会に行けというのも、正直ふざけるなと言いたいですよ。
    自分を信じることができるのも、他人を信じることができるのも、心を開くことができるのも、過去の経験・土台があってのことだと知ってください。
    それは本来、幼少期に家庭の中で育まれるものであり、大人になってから獲得するのは容易なことではありません。学校で酷いいじめを受けた子なども、恐らく難しいでしょう。何度も深く傷つけられた人間は、これ以上傷つくことを恐れ、臆病になりますから。

    それを当たり前にできることだと思っている人は、自分が恵まれていることを知らないだけです。

    鈴林様のように、当たり前に親に申し訳ないと思えることも、本当にありがたいことだと思います。私はそう思うことはできても、親と一緒にいると過度の緊張からか酷い頭痛が始まってしまうので、数時間しか一緒に過ごすことはできません。

    私の親は、アル中の父親に、虐待を受けながら育った人間です。親戚中に、精神病を患っている人間が沢山います。精神の歪みは、子育てを通し、数世代に渡って引き継がれていきます。ですから、親を責めることはできませんし、祖父母もまた、辛かったのです。
    『自分でなんとかすること』とはいっても、人間の力では、最早どうこうできない呪いのようなものが、世の中には存在するようです。因縁とはよくいったものです。

    カビさんや私の述べていることに、共感しろというつもりはありません。人は皆違う土俵で生きているので、共感できないことの方がむしろ多いでしょう。ただ、世の中にはこういうこともあるのだと、知ってほしいのです。
    ご自身の経験や価値観の中だけでは、測れない世界があることを。そして、もし今後そのような人にリアルで出会うことがあったら、無意識に心無い言葉をかけることだけは止めて頂きたい。そう、切に願います。

    • 鈴 林 より:

      MAYUさん、コメントありがとうございます。

      コメント全部読みました。(当たり前ですが)
      内容が内容なのでこれもまた、感じたままをできるだけフィルターを通さず書きます。
      ご承知おきください。

      はっきり言います。
      私は、MAYUさんのように言われると
      「私はこんなにかわいそうで大変な経験・生活をしてきたの。
      だから私のことは他の人より優遇・大事にして欲しいの」
      と言われている気になります。

      冷たいことだとは思いますけど、でもそう感じてしまいます。

      そして「言った」「言わない」になりそうですが、
      私は「もっと頑張れ」とは書いていません。

      引っ越しなんかの時に書いてますけどそれはもちろん別の意味ですし。
      解釈の違いというものでしょうか。

      そしてMAYUさんは書いていただいた通り、
      毒親?という両親だったんですね。

      これもはっきり言います。

      いやそんなの知りませんよ!!!!

      いや、もちろんそんな親は経験してませんし、話からの想像でしかありません。

      しかし、永田カビさんの症状、というか状況?、
      またはMAYUさんのようは状況の方と出会った際に、

      私、そんなに「心無い言葉をかけないように」意識しないといけないんですか??

      永田カビさんも含め、その人達と何の関わりも無いのに?
      その人達から私に対して何かしてくれるわけでもないのに??

      私は無償の愛を持つマザーテレサなどではありません。

      何故、関わったことのない人達のために心を折って話す必要があるのでしょうか?

      「親に抑圧されて育ったのね…。かわいそうに…。気使って会話しなきゃ…。」
      ということを求めているということですか?

      会ったばかりの人・友達でも
      私はそんな哀れみを持って人と接したりしません。
      失礼じゃないですか。
      哀れみ、の正しい意味ではないかもしれませんが人を下に見ている感じがあるように思います。
      そんなスタートから人のことを下に見るのなんて嫌ですよ。

      家庭のことを説明していただいて、ありがとうございます。

      私にできるなら友達にしてくださいよ!!!!!!!
      逆でしょう!!!
      順番が逆!!!

      「なかなか他人に話せない」
      ってそんなのわかってますよ。
      そこを越えて話すからいいんじゃないですか。
      全く知らない人に言うのも、また第3者の意見としていいですが
      友達や身近な人に相談するのが一番だと思いますけどね。

      MAYUさんめちゃ自己分析できてるのに、なんだか前に進めてなさそうな雰囲気を感じます。

      MAYUさんの言う、「何を言っても無駄」という人間がいる、ということを
      MAYUさんのコメントで感じています。恐らくMAYUさんも感じているかと思いますが。

      MAYUさんは、永田カビさんとご自身を重ねていて
      自分が言われたら嫌なことを私が言っていたので怒っているんですね。

      もっと気を使えと、かわいそうと思って欲しいということが文から伝わります。

      虐待受けて育って、親を責めることができない、祖父母もまた辛かった…ですか。
      全体的にですけど、MAYUさんはきれいごと、というか自分を良い存在にしようとしていません?

      「こんなに辛い環境で育った私」「こんなに大変だった環境で育った私」
      でも私はこんなにまとも、ということを表現しているのでしょうか。

      きれいごとなんてちゃんちゃらおかしいですよ。
      虐待受けて親を責められない?
      責めますよw私は許してませんwww
      仕方ないことだとは思いますが、許すことはできません。

      あんまり言うと不幸自慢みたいになるんで嫌なんですけど、
      私も虐待受けたことありますよ。
      幼稚園の頃に母親から。
      たぶんヒステリー持ちでもあったんでしょうね。
      マンションの7階から落とされそうになったり、包丁向けて「殺す」って言われたり
      スリッパで頭を叩かれたり、ご飯もしょっちゅう抜かれてました。
      あんた達なんて産まなきゃよかった、とかも言われたことありますね。

      一人だけで2人の子育てしてたからストレスが、
      とか大人になったら思いますけど…。

      いや許せないですよwwwww

      それと、私の幼少期のダメージは別モノですからwww
      子供の頃はそんなの知りませんし、「~~理由で怒ってるの」とか言われても
      納得なんてとうていできません。

      MAYUさん、我慢でもしてるんですか?
      無理して良い子になろうとしてるように私には見えます。

      自分の経験もあって、
      「過去こんなに辛いことがあったから、私への発言は気を付けて欲しい」
      みたいな人、嫌なんですよ。

      他の人がそんなこと知るはずないじゃないですか。

      みんな両親が揃っていると思うのが一般的なように、
      まさか「あなたの親が毒親なんて」とはみんな思わないんですよ。

      初対面・もしくは友達でも
      「説明しないけど、自分の様子を見て傷つかない言葉を言って」
      というのは甘えだと思っています。

      そして、「過去こんなことがあったから私はこんなに辛い、苦しい。だからこれからもきっと~なる」
      というのも甘えだと思っています。
      この思考だった時が自分にもありましたけど、
      この考え持っているだけでマイナスな方向に行くんですよね。

      本当にごめんなさい。
      私には共感できません。

      今までもらったコメントの中でも一番冷たいことを書いてると自分でも思います。

      みんながみんなMAYUさんの気持ちをわかってあげられる訳ではありません。
      私がブログに書いたようなことと似たようなことを感じている方は一定数います。

      わかってあげられなくて申し訳ないです。
      永田カビさんのことすごく理解してるような感じで決めつけてるように私には見えました。

      結局本人しかわからないことですよね。

      過去は変えられないけど未来は変えられるじゃないですか。
      何かしら受け入れて進まないといけないんですし、
      MAYUさんの言う「負の連鎖」を起こさないように私は生きています。

      MAYUさんも、何かうまいこと明るい楽しい道を生きて下さい。
      私にこれだけたくさん説明できて、自己分析もできているのですから
      これからいくらでも前に進めます。未来はどうとでもできますよ。

      私は寝ます。おやすみなさい。

      • 匿名 より:

        冷たいんですね。
        いつかあなたがカビさんの気持ちが分かるくらい辛い経験をすることを願ってます。

        • 鈴 林 より:

          コメント、一応ありがとうございます。
          優しさを安売りするような人間にはなりたくないと思ってます。
          感じ方は人それぞれですからね。

          人の不幸をこのコメント上で願うあなたをかわいそうに思います。
          良いことがあるといいですね。

    • 羊飼い より:

      MAYUさんこんばんは。
      読ませて頂きました、横槍失礼します。
      「カビさん(や私の様な人もいる事)を理解してから言って」からの~「ご自身の経験や価値観の中だけでは測れない世界がある(=貴方には理解できない)」。
      ・・・このやり取りは一生前に進まないなぁという印象でした。

      幼少期にストレスやトラウマ等に苦しむ経験があると、防御的・悲観的・臆病的な性格に出来上がってしまう事があるのは自然で、何も慌てる様な精神異常じゃありません。
      ここで問題なのは、カビさんやMAYUさんが、こうなった原因をひたすら追及(追憶)し続けている事。つまり「これは誰が悪いのか???」等という、答えが出たとしても何も得ない疑問について多くの時間を費やし、延々と頭を悩ませて、頭痛や吐気(体調不良)を起こしている事です。
      そして「どうにもならない呪いの様なもの」「何を言っても無駄」「もうすでに精一杯やってる」という概念で自分の限界を作り、邁進しない怠慢を正当化・美化している。
      そしてまた原因を恨んで追憶の繰り返し。もう過去に答えを求めるのはやめましょ。
      壮絶な過去を持つ人は、世界に多くいると思います。それでも現在どんな形であれ輝いている方も多くいます。カビさんは漫画を描く事で多くの人と関わり合う事が出来た。仕事に繋がり、お金が入った。世間の反応はどうあれ、小さな成功だと思います。
      これがカビさんにとってプラス前進かマイナス前進だったのかはさておき、苦しみながらも状況に変化をもたらしたのは尊敬に値します。さて、貴方は?
      『過去に辛い事があった ⇒ 心が病んだ ⇒ こうなったらもう何をしても無駄。後は周りのケア次第』という図式を絶対としているのはMAYUさん自身で、早くその鍵の付いていない檻から出て来てくれる事を切に願います。

      個人的には異なる意見、反論を言ってくれる事がむしろ真の優しさと思っています。
      それに従うかとか、論破だ勝っただ負けただとかいう話ではなく、そうぶつかって考察材料を貰えるうちが華だと。
      相手と自分の考え方を照らし合わせ、折り合いを付けながら互いが落ち着く隙間を見付け、歩み寄って行くのが人間関係だと考えています。そこにはお互いの現在があるのであって、過去は阻害要因でしかない。
      いじめ的な暴言は抜きにして「貴方は私(の様な境遇の人)を理解し言葉を選べ」は自分やカビさんを不治の病人にしているそのもの。

      難しい理屈は抜きに、最後の3行について。
      それを相手に言ったら「この人面倒臭い」と思れる可能性が高いので止めた方がいいと思います。地雷みたいな人間は避けられます。
      こんな書き方をしていますが、別にMAYUさんを憎んでいるわけではありません。
      長々と失礼しました。

  12. 鈴木健人 より:

    今後も熱いバトルが期待できそうな記事だ。
    ブックマークしておこう。

  13. パジャマ より:

    はじめましてコメント失礼します。結構日が経ってるのにすいません(汗)
    私も鈴林さんと同じような考えですね。
    カビさんが嫌いというわけでもないのですが、現状に不満言っててもなにか変わるわけでもないし、「こういうことがあって辛かった。じゃあ次どうするか?」を考える方が大切だと思います。

    私も虐待はありませんでしたが、学校でいじめられてたことはありましたよ。
    寝るのが怖いし朝日を見るのも怖いし学校に行きたくないと言ったら親に心配かけるし。
    ただそこに座っているだけなのに後ろからひそひそ悪口が聞こえてきたり持ち物がゴミ箱の中から見つかったり友人だと思ってた人に知らん振りされたり。

    でもこういう経験をしたあとどう向き合うか、っていうところが最も大事だと思います。
    いじめられて、
    「だから私はダメな人間なんだ」というふうに感じるか
    「じゃあ私はこいつらみたいな人間にならないようにしよ」って感じるかは
    人それぞれなんですよねー。

    「過去にこういうことがあり自分は傷ついている。だから優しくして。」っていう受け身体制はむしろ周りが引いちゃうのでやめた方がいいですよね。

    というか当時の自分がそうだったんですけど。
    なんというか、やっぱり自分が可愛いわけで、いい子に見られたいんですよ。
    「私はこんなにいい子なのに周りのみんなからは認められていないの!」的なものが自分にもあったんだと思います。今振り返ると結構恥ずかしいですがw
    自分に非はなく、相手がすべて悪い状態にしたかったんだと思います。

    私がそれに気づいたのは遺書を書こうと思った時なんですよね。
    「私が生きててもみんなに迷惑をかけるだけだ。親にもクラスメイトにも申し訳ない。死のう。」みたいな。そんな感じの文章を書いた後に、いじめてきた子の名前を書いたんですね。その後自分で、ん?って思ったんですよ。私はいらない存在だから死ぬだけなのになんでこいつらの名前書いたんだっけ?みたいな(笑)

    そこで気づいたんですよね。ああ、私ってこいつらに復讐したかっただけなんだなって。
    死んだら少なからず騒ぎになり結果的にその子達がやってきたことはバレるじゃないですか。ああ、自分ってこんな考えだったんだ、って思いました。私は私が思っているほど、いい子ではなかった。そこら辺に気づいたあたりから吹っ切れたみたいで、罵られても割と平気でしたね。やり返されるのが怖かったので卒業直前まで我慢して、翌日に思ってること全部ぶちまけてきました。言いたいことは沢山ありましたから。

    もちろん言葉は選びましたけどね。相手と同レベルにはなりたくなかったし。
    耐えて耐えて耐えて許せなくて悲しくて逃げ出したくなる気持ちはすごくわかりますが、いい子の仮面をかぶったまま死ぬよりも多少褒められた手段ではないにしてもあらいざらい吐き出した方が気が楽だなって思います。

    それに考えてみればあの経験があるから今の私がいるわけで。
    過去にいじめられていなければ出会わなかった友人もいますし、「あの時に比べればマシ」という風に思えば多少のことでは凹まなくなりました。

    「自分にとって-としか思えないことでも考え方によっては+にもなる」
    という父の教えが今では自分の信条になってます。

    それに経験上、サッパリとしている人の方が愛されるんですよね。
    「辛かった。悲しかった。その分私と話す時は気をつけて」と言っている方は、愛を与えられてもそれに気づかず「まだ足りないまだ足りない」とどんどん欲しがり、やがて底なし沼に落ちてしまいます。周りが応援することはできますが這い上がるのは自分です。

    ただ、私は自分で書くのも変かも知れませんが家族には恵まれていたと感じてるので。
    家族が常に支えてくれていたからこそ私はこういうふうに考えることができますがやはり居場所である家ですらくつろげないことがどんなに辛いのか。
    信頼出来るはずの親に甘えられないことがどんなに辛いのか。
    経験していないのでなんとも言えないです。想像しただけでも私は耐えられないです。
    狼に育てられた人間が元に戻れなかったように、幼少時の経験というのはなかなか頭から離れてくれない。そこを克服したあなたは本当にすごいなと思います。

    私が言うと「恵まれた環境で育ったくせに」と言われるかもしれないんですがカビさんや前にコメントしていたMAYUさんが自分の人生を肯定できるように祈ることくらいしかできないですよね。レズ風俗レポ漫画はそういう意味では多くの人に影響を与えたし、カビさんと同じような境遇の方が少しでも気が楽になればいいな、くらいに思ってます。むしろ漫画化してよかったと思いますね。

    鈴林さんは非常に前向きでサッパリした書き方で非常に読みやすかったです。
    防御線を引かず、物事をきっちり伝えているのが素晴らしかった。
    ほら、よくあるじゃないですか。Twitterとかでイラスト投稿する時も
    「すっごい下手くそに書いちゃった!」とか
    「あー自分の絵が下手すぎて死にそう」とか防御線引きまくりの人。
    イラストって楽しいから書くものだと思ってるので
    「o(`・ω´・+o) ドヤ」って感じでイラスト投稿してる人の方が好きですね。

    潔い方は性別を問わず尊敬します。

    長文失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      パジャマさん、コメントありがとうございます!
      返事が遅れてしまってすみません・・・;

      いじめられてからの復活?というのも変ですが…
      すごいですね!!(゚∀゚)
      いじめていた本人たちに言い返せたのは
      本当にすごいと思います。

      相手と同じとこまで落ちないように
      意識できたのもすごいです。
      そーいうところで気持ちの上だけでも
      優位に立てるのは良いと思ってます。

      やり返されるのことを考えていたとしても、
      行動に移せるのがすごい!

      良い子になろうとするのは、
      なんなんでしょうね?
      日本人だから、とかもあるんでしょうか?

      自己分析というか、
      自分をみつめなおせていて本当にすごいと思います。

      虐待~云々はホント気にしないでくださいw
      パジャマさんの言う、
      「恵まれた環境」もそうですけど
      自分の環境が、他から見てどうなのか、
      なんて話聞かないとわかりませんし。

      そして「~だったから私すごいかわいそう!」
      という思考もしないことにしてるんで、
      虐待とかも
      「よくニュースで見るし、あってはいけないことだがよくあること」
      と思うようにしてますw

      いじめもそうですが、本人にとってどれくらい辛いかなんて
      人それぞれなので…。

      「お前の方が辛くなかっただろ!」
      なんてのも変かなぁと。
      痛みが人によって違うような感じ、というか。

      でもやっぱり思うことは思うし。
      人間なんで!
      聖人君子じゃないし!!w

      それでこんな風に意見を書いてる、とwww

      読みやすかったなどなどありがとうございます!
      面と向かってならまだしも、ネットですからね!!!w
      誰にも気兼ねせず書いてますよ!!w

      防御線引くと、後々の自分が傷つかなくなりますからね。
      やる気持ちもわかるんですが…
      「下手だと思うなら載せるなよ!」
      と見ている側はなりますからねwww
      あるあるですよねwww

      ちゃんとコメント返せているのか不安…。
      話が飛び過ぎていてすみません。
      コメントありがとうございました!

  14. まる より:

    日にちがたっていますが、鈴林さんに共感したのでコメントさせていただきます
    先日永田カビ先生のコミック2冊を買って読みましたが、もやもやして全く共感できませんでした。このもやもやを鈴林さんがすっきりさせてくれました。ありがとうございます。主人公は被害者意識が強く、自意識過剰で精神年齢が思春期で止まっていると思います。毒親に育てられた人達が全員このような経過をとるわけではないですよね。自ら壁をつくってしまいこのような状態になったのは親が悪いと責任転嫁しているように見えて仕方がありません。自分にも責任があると思いますが。どなたかが言われるように境界性パーソナリティ障害なのかもしれません。境界性パーソナリティでもゴッホのような芸術家なら素晴らしいと思いますけどね。
    日本中にはこのような方が一定層いるので、支持されるのでしょうか。親に恵まれなかった私はかわいそう、繊細な神経をもつ私に配慮してと言っているようで読んでいて不快になりました。

    • 鈴 林 より:

      まるさんコメントありがとうございます!返信遅れてすみません;
      日にち経っててもいいんですよ!!ありがとうございます!で、できるだけ・・・コミックスも読みますw

      ありがとうございますw私と同じように感じる方もやっぱり居ますよねw
      配慮して欲しい感は感じます。毒親という存在に育てられてしまったことは確かに不幸だと思います。
      でもそれを見知らぬ人に「気遣って!!!」と言われても困りますよね。友達でも「どうした!」となるのに。
      当事者からしたら、私のような考えの人って全く受け入れられないものなんでしょうけど・・・。
      境界性パーソナリティ障害さらっと見ましたけど、確かに症状としてはなんとなく合致しているように感じますね・・・。
      不快な読後感わかりますwため息出る漫画でしたw

  15. えこ より:

    無償の愛って無いと思うし、あってもそんなにいいもんじゃないと思います。
    どんな事をしても受け入れられるって、赤ちゃんみたいに何も出来ないし言葉も分からないから許されてるだけで、全然対等じゃありません。

    永田さんて私の姉に似てる所があるんですが、自分の気持ちや妄想だけで生きてるっていうか・・・
    周りが見えてないし、他人の気持ちが理解出来ないというか・・・

    『顔』という映画があるんですが藤山直美さんの役は、母親が死んで悲しくて1人で部屋にこもってボーっとしていて、お葬式にも出てきません。
    妹役の牧瀬さんがお葬式や親戚の対応をして大変なのに、姉役の直美さんは自分の事だけしか考えて無いからイラついてる役でした。
    大人になったら親が死んで悲しくてショックで辛くても、その気持ちはいったん置いといて、お葬式の準備や親戚へ挨拶をしますよね。
    姉役の直美さんは自分の気持ちや感情の中だけで生きていて、現実への対応がどれだけ大変かが分かってないんです。

    永田さんは自分の気持ちや感情を一時でも捨てて、無になって肉体労働をした事がないのでしょうか?
    肉体労働をしても気持ちを優先させて気持ちに振り回されるから、仕事が進まなそうですが・・・

    本を出して有名になったり売れたりするほど、批判や悪口も増える事を覚悟でやってるんでしょうか?
    分かるとか応援してるとか肯定してくれる人以外は、父親と同じ分かってくれない加害者と思ってこの先もやっていくのでしょうか?
    そうだとしたら、自分と自分と同じ分身のような内部でしか生きていけないですよね。
    一生それが出来ればいいかもしれないけど、その外側に晒されたときはすごくダメージを受けると思うんです。
    永田さんのように自分自身を売りにしてる人って、どんどん痛い人になって結局不幸になってる気がします。
    こういう人が今後も増えて、それが商売になっていくのは怖いです。

    • 鈴 林 より:

      えこさん、コメントありがとうございます!
      あぁ、そうか。永田さんは確か・・・「対等」な関係を望んでいるんですもんね。。。
      映画のような状況は現実にもあるでしょうね。処理、というか行動というかしなくてはいけないことがある一方で
      好き勝手にされたらそれは腹立たしいですね。
      肉体労働は・・・なんとなくだけど無さそう・・・。あまり深く考えないと幸せだと思います!(私がそう)

      批判は・・・覚悟してる・・・とは・・・思うんですけどね。
      しかしえこさんの言うとおり全て「加害者」と思ってはいそうな気がします。
      私永田さんのこと全然知らないですけど!!!w
      自分の過去の傷とか現在の傷を売り物にできてしまう時代は確かに怖いですね・・・。

  16. 通りすがり より:

    はじめまして、コメント失礼します。日にちが経っているのでコメントを残そうか悩んだのですが…もやもやして仕方がなかったので。

    永田カビさんの心身を心配する声や応援したいと肯定的な意見が続く中で、私はこの2冊を読み終えた後に「なんて甘えた人なのだろう」と思ってしまいました。それと同時に、そう思うことは間違っているのだろうなあと思いました。それで何となくモヤモヤしたまま色々な方の感想を読み漁っていたら鈴林さんの記事を見つけました。

    もうねほんとに、この記事って私が書いたんじゃない?って思うほど共感してしまって(笑)鈴林さんの記事のコメントも読んでしまいました(すいません)。色々な方がいるのだなあと。カビさんと同じ経験をしたという方たちでも本を読んで感じることは様々で。

    私も鈴林さんのように虐待うんぬんあった人間で、両親もいなかったので、余計に親に感謝せずに一人で生きている気になっている(少なくても私はこう思っています)カビさんにイライラしてしまうのかも知れませんね。心のどこかで私の方が不幸だったと思いたいのかも知れません。カビさんのまわりに鈴林さんのような人がいたらまた違ったのではないかと考えてしまいました。

    でも今は正直、女児服を着ているカビさんを見たのであまり心配していません(笑)この人はもう大丈夫だなあと思いました。SNSを見てみると飲みに行ったりと友達もいるようですから。薬を飲んでるんじゃないの…と引っ掛かりはしますが(笑)

    鈴林さんのおかげでスッキリしました。ありがとうございます。
    通りすがりなのに、長々と失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      通りすがりの方、コメントありがとうございます。
      日にち経っててもいいんですよ!(゜∀゜)
      気にしてませんw
      同意ありがとうございます!w
      物事の感じ方は人それぞれだし、それに正解も間違いも無い…とは思ってます。
      余りにも度が過ぎるのも問題ですけどね!w
      「あいつなんて死ねばいい」とかですね!
      不幸の度合いって測れないものだと思いますし、
      自分にとってはすごく辛いことでも他の人からしたら違ったりとか、
      人からもっと不幸な話聞いたら「何でもないや」と思えたりとか…
      他人が居て初めて感じられるもの…だと思います。

      中には「色んな考えがあることを知って下さい」とか言いながら私の考えを否定されたりするのでw
      「おまいう」になるんですよねw
      まぁそれが世の中なんかなぁとこの記事で感じましたw

      永田さんの周りに私みたいな人がいても、まず友達にならなさそう…とは思いますw避けられそうw

      私はSNS見てないですが、女児服は見ました!
      吹っ切れてる?ようですよね。
      これで残弾尽きたのか創作もの描くらしいですが、それがどうなるか…だと個人的に思ってます。

      確かに薬飲んでるのにお酒平気なんですかね!?時間あけて飲んだりするんでしょうか??ちゃんと飲んで欲しいなぁ…w

      スッキリしたようで良かったですw
      コメントありがとうございました!

  17. ハンニバル より:

    わたしも最近読んでもやもやして、ぐぐったらここにたどりつきました。
    うん。言いたいことはほぼ同じw
    20そこそこの子が描いたものかと思いきやまさかの28才・・ヤバさと恐怖を感じた本でした。
    わたしも毒親持ちで若いころあんな感じだったのでいいたい事はわからなくもないですが、本人の自己解決の向かい方というか考え方がやはりおかしい気がします。
    たぶん本人もどうしたらいいか向かっていく方向がわかってなさそうで、自分はなにも悪いことしていないのに、他人は優しくしてくれない。傷つける存在。そう思っているのだろうなぁ・・と。

    幸いわたしは、自分が孤独で寂しくて、人が優しくしてくれないのは自分のせいだと教えてくれる友達にめぐまれました。
    無自覚で人を否定して傷つけているから傷つけられる。優しくして欲しいなら先に優しくしろ。言って欲しい言葉があるなら先に言え。人を「嫌い」から見るな。最初に否定から入るな。と、こんな感じのことを教えられて、だいぶ生きやすくなりました。

    永田カビさんは、それを今まで自分に教えてくれなかった親にそれを求めているのも間違った方向だし、こんなにイカレてて生き辛そうにしているのに教えてあげない編集さんもどうかしていると思う。こんな内容でOKだしてる編集さんだから編集さんもメンヘラなのか?
    そしてなによりこの本をだしたせいで、共感しているメンヘラさんばかりが寄ってこないのも本人にとってダメな要素。メンヘラさん同士だと居心地いいだろうけど、誰も生き辛さから抜け出す答えを持っていないという悪循環。

    わたしは本当に教えてくれた友達がいたからいいけれど、うちの姉はいまだ永田カビさんのようで、自分の生き辛さは親のせいで、自分は無自覚で人を否定して傷つけているのに自分は悪くないって態度だし、親のこと嫌いなくせにいまだ実家暮らしで、ついこないだ、「妹は小3のころ先生に反抗していたんだ。あんた知らなかっただろ!」と母親とケンカしたときに言ったとか・・。姉40なんですけど・・・。

    わたしは、生きやすそうにしている人は人の気持ちがわかっている人だと思っています。もともとの性格とか環境とかもあると思いますが、そうでない人は、人とかかわって失敗もいっぱいして、うまくいかなかったり、つらい思いもいっぱいあって、失敗しなくなった人に与えられるご褒美のようなものだと思うので、そういうのを避けてぬるい環境にいるくせに辛い辛い言っているこの漫画は不快でしかなかった・・。
    そこから抜け出すすべを知ってから描くべきものだったのでは?と。

    • 鈴 林 より:

      ハンニバルさん、コメントありがとうございます。返信遅れてしまってすみません。
      お!同じ気持ち嬉しいですね!wありがとうございます!
      「自分は間違ってない」と思うことが必ずしも不正解ではない・・・ですけど
      それにしたって全てを他人に投げすぎですよね。
      キリスト教じゃないですが、「与えよ、さすれば与えられん」でしたっけ?この精神は多少必要ですよね。
      ハンニバルさんの友達めちゃ良い人ですね!!!すごい優しい!!ハンニバルさんのことを大切に思ってるからこその行動ですよ。
      編集さんは・・・言い方悪いですが「食い物」にしている感はありますよね。
      「これはネタになるな」という目線での「一人で交換日記してるんですよね?」だと思います。
      商売人としては良い目を持ってると思います。メンヘラだったらたぶん・・・もっと引っ張られてそうwww
      あまり関わらないようにしてる感はありそうです。個人的な予想ですけどね!!!
      過去に生きるか、未来に生きるかですよね・・・。言うのは簡単ですけど気づいて実行するのがなかなかに辛い。

      あ~・・・ハンニバルさんが言う「ぬるい環境」にいるから私も不快に思ったのかしら・・・。
      あなた恵まれてますよ!?と私は思ってしまいましたし。
      抜け出す術がみつからず、読者に投げかける・・・というか読者と探す?形にしたからこそ
      この本がすごく売れたのかもしれませんね。

      答えになってるか微妙ですが、コメントありがとうございました!

  18. 匿名 より:

    人には色々な考え方があるんですね。
    きっと貴方は 強い方なのでしょうね。
    私はどちらかというと カビさん寄りの人間だと思うのですが、
    貴方のような 主張が激しく、自分にも他人にも厳しいような方は、正直苦手です。
    立派だなあすごいなあとは思うのですが、そうであるのがよいとか、そうなるべきとか、そんなのは思いません。
    マイペースに徐々に自分が納得できる範囲を広げてゆき、そうすれば少しずつ成長できるから、
    いきなりぐんと変わるのは難しいから、、
    そういう方には とやかく言わずに、
    申し訳ないけどグッとこらえて見守っていてほしいです。
    全人類が貴方のように強いわけではないですから…

    育った環境が性格や価値観に繋がり、このような対立?を生み出すのかなあと 思わされました。

    • 鈴 林 より:

      返信遅くなってしまいすみません。
      コメントありがとうございます。
      あなたの考えは間違ってないと思います。
      私も含めてみんな他人に対して「私のようになるべき!」と思っていると思います。
      あなたも「私はゆっくり進むから」というような考えでいいと思います。
      正に人それぞれですし。
      あなたの考えを否定されても、それはその人だけかもしれません。

      育った環境・周囲の人などなどで性格などが変わるのが普通だと思います。
      「グッとこらえて〜」は…どうなんでしょうねw
      私も含め、みんな言いたいこと言いたいじゃないですか。それは叶いにくいかもしれません。かわし方を覚えた方が早いと思います。
      他人に期待するより、自分が変わる方が何倍も楽だと思います。
      でも他人に期待しちゃう!!!私も!!!w
      返信になっているか疑問ですが、コメントありがとうございました!

  19. 匿名 より:

    なんつーか、永田カビさんと、永田さんにスルーできないほどのイライラを感じる人達って、方向性が違うだけで本質的に同じタイプの人なのかなと思いました。まる。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      そうですねw
      永田カビさんを受け入れられる人・・・もしくは近しい人、にも言えますが
      確かに似てきますね。
      人はなんだかんだ言っても同じような考えによるものなんですかね。

  20. 同い年のアラサー より:

    鈴林さんてマメな性格やねんなぁ〜。

    同い年やのに、人の心に対する理解力が著しく欠けてることにびびった…。性格がとても悪いから友達もいないでしょう?

    それにほかの記事も少し見させてもらったけど、あなた30目前やのにwwwの乱用はイタイよ。読む気しないし。

    あなたはカビさん嫌いだろうけど、わたし鈴林さんあんたの考え方や生き方が嫌い。

    これっぽちも人の気持ち理解しようとしないカチコチの頭だから、リアルでも知らないうち周りのみんなから煙たがれてるの気づいてないんだろうなぁ…。あと、わたしの様にこうするべき!という考え方は鬱陶しすぎるよ。

    少なくともあなたよりはカビさんは幸せだとは思った。共感してくれる人がカビさんの方がはるかに多いんだものね。

    • 鈴 林 より:

      ・MAYUさんの文はすごく共感できるけど、鈴林さんはとにかく見下して人を見ている方ですね。
      人を上から見下している人でないとわからないよ、あなたの文は……。

      ・こんな、幼稚なことを堂々とネットで言う鈴林さんは精神年齢15歳くらいでしょうかね…。わたしも呆然です。
      ======================
      コメントありがとうございます。
      同じ方だったようなので、ここでまとめておきますね。

      あなたの言い方だとあなたも「人を見下している」ことになりますけど・・・。
      読む気しない、と言いながら読んでもらったようでありがとうございます。
      この文面だとあなたがかわいそうに見えてきちゃいます。
      なんと言ったらいいのか・・・元気出して!!w

      うん。はいはい。嫌われ者ね。オッケー(゚∀゚)

  21. たばさ より:

     ついさっき満喫で読んできて、「永田カビ 嫌い」で検索したらこのページがトップで出てきました。

     まだまだ熱くなりそうですね、ここ。記念に書いときます。

    ・メンタルヘルスに理解がない人→鈴林さんに賛同
    ・メンタルヘルスに理解がある人→鈴林さんに激しく反対

     って感じ?

     私の感想ですが、永田さんは「寂しくて、寒くて、湯船に浸かってもその寒さが解消されない。」など鬱による身体症状が極めて顕著であり、頼むから漫画なんぞ描いていないで入院治療を受けてくれ!と思いました。

     漫画として世に発表する以上、鈴林さんのような意見が表出するのも当然であり、その意見をインターネット上に書く以上、賛否の嵐に巻き込まれるのも当然です。

     ただ、世の中の趨勢としては、メンタルヘルスへの理解を深め、健常者と共存できる社会にしようと動いているわけですから、お互いもっと歩みよる必要があるかな?

    • 鈴 林 より:

      たばささん、コメントありがとうございます。

      そうなんですよ~出てますよね。狙ってなかったんですけどね。
      ですね!!!たぶんそうです!
      そしてたばささんの意見に激しく同意ですね!

      漫画なんぞ描いてないで入院治療を受けてくれ!は笑いましたwww
      その通りだし優しいw

      メンタルヘルスについて仰る通りよくわからないですし、
      特に深く調べようと思うほど興味があるわけでもないです。
      しかし他のコメントの方のように
      「こんなに私かわいそうなんだから助けてよね!!!あんた最低!」というようなことを言われると
      う~ん(´・ω・`) となってしまいますw

      こんなに意見割れるものなんだな~と思ってます。人の考えとは面白いものですね。

  22. へむ より:

    上から下まで全部読みました。
    私、アナタ好きです!!

    自称メンタルヘルスな方、またそれに近い方々、なぜ健康的な人には悩みが無い様な物言いをするのでしょう…自分の身の回りの現実でもあった事なんですが、『自分はこんな境遇だ。辛いきつい大事にして私を分かって』と言う方が『アナタの様に何も考えないで生きたい。人の事を気にせず生きたい』と言うのは許されるのか…

    自分の周りではガビさんの様に卒業につれて孤独になって行く友人が数名いました。今まで自分を理解してくれてたコミュニティの離散。周りは新たなコミュニティを作っていく孤独。
    そのせいでたまに学生時代のコミュニティで集まると彼女は毎回誰かをターゲットにし自分の辛さや孤独を盾に責めまくっていました。

    初めは皆、彼女を理解し、彼女の孤独を埋めようと色々模索しました。しかし彼女の暴走は止まらず結局は疎遠に。もちろん悪者は我々です。

    比較的健康な人間にだってキャパシティがあります。いっぱいいっぱいな中、生活を健やかに過ごそうと我慢し努力しに日々を頑張ってる…
    辛さを突破するための策とし、楽しい事を企画する。それも全て自分の力自分の提案でどうにかこうにか楽しくしようと努力をしてるわけで、それを知ってか知らずか自分の周りのメンタルヘルスの方は『何も考えない生き方』として見下しのような全貌の様な目で見てくるのです。

    申し訳ないけど、メンヘルの人から、バカにされる、攻撃される、妬まれ責められるくらいなら私は彼女らから離脱します。決して彼女らの考えは否定しませんし、こちらからは攻撃もしません。だけども一緒にいて一方的にこちらが傷つくなんてそれは友人と言うだけで我慢できたもんじゃありませんもん。『あなたが離れる事によってメンヘルの子は否定されてると同じ』とか言われそうですよね。ここのコメ観てると。もしそれを言われたら。

    そんなんだから近づきたくないんだよ!!!!
    の一言です。

    ほぼ自分語りになってしまいました。

    • 鈴 林 より:

      へむさん、コメントありがとうございます。
      ふぁーーー!ありがとうございます!(´;ω;`)
      いやぁ私も自分のブログで自分を否定されるの疲れるというかめんどくさくなってきたんですよ!w
      心からありがとうございます。
      そう言っていただけてありがとうございます!!

      そーなんですよ。
      誰にだって悩みはあって、悩みの大小なんて人それぞれなんですよね…。
      もちろん、病気のこともあるかもしれないですよ。他の方が言うように、私はその病気について理解は少ないかもしれません。

      しかし病気だからって
      「私たちの病気を理解し、最大限手厚く迎えろ。何もかもそちらが私を助け、私を気遣いなさい。」
      というようなことを言われても受け入れられないですよ…(´・ω・`)
      王かよ…(´・ω・`)

      そんなつもりは無いかもしれないし、(まぁ無いと思いますけど)「そんな風に思うなんて!!!!」ってまた怒られそうですけど….
      いやでも今までの流れだとそう映るんですもの…(´・ω・`)

      私もへむさんと同じく、否定はしません。
      できる限り理解も深めはしたいです、が理解と「受け入れる」のとはまた別なんですよね。
      「できるだけ関わりたく無い」という部類ですよね。

      いやもうホント、ありがとうございます。

      • へむ より:

        連続ですみません、へむです。

        昨日のコメを書く前の晩。不安定な友人から言われたんです。

        最近素晴らしい自己啓発本を読んだ。自分が楽になるには他人の事を気にしない。自分の好きな事ばかりする。自分を甘やかす。そう、あなたのような生き方が最強。

        (私アナタの前だからいやな事細かい事言わずにいつもご機嫌な態度でいるだけで、周りからは神経質な気い使いって言われるんだけどな…てゆうか君に随分と気を使ってるのはわからないわけね…)

        この友人みたいな人、漫画で読んだな…

        そうだこの永田さんだわ!!いや、ないないない!!これこそ自分甘やかしてるけど解決してないじゃない!

        誰か…私と同じ意見の方に癒してもらいたい…!?鈴林さんっっ*・゜゚:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。.

        の、流れでした。おかげで元気が出ました!!その上こんなに早く返信いただいちゃって!
        申し訳ないけど、私は不安定な人の病気は治せません。それはガンとか炎症とか、そう言った病気を治せないのと同じで治せないのです。なので理解はしますが受け入れは勘弁です。素人が病人を受け入れても悪化するだけでしょ??
        さらに「いいえ!私は病気でない!人より弱いだけ!」と、申すなら、胃腸が弱いから食事を無理にすすめられないな程度には気を使います。
        だけど私を攻撃するようならばそれはもうフェードアウトですよ!!さいなら!
        だって、受け入れて我慢しろって
        私は胃腸が弱くて焼肉が食べれないんだ!だからあなたも食べるな!!って言われている感じですもん!食うよ?!焼肉(*-ω-*) あんたのいないところで食べるから問題ないでしょ!!

        文章の書き方が快活で気持ちいいのでブログ、ちょこちょこ読ませていただきます(*´ω`*)ゞこちらこそ、元気を分けてもらえました!ありがとうございます!

        • 鈴 林 より:

          !!∑(゚Д゚)
          度々ありがとうございます!
          こちらこそ本当にありがとうございます(´;ω;`)
          コメント来るたびにほぼほぼ怒られてるんでコメント来てると
          「!!」
          となるようになりましたw
          気にしなきゃいいんですけどねw

          友達の…言うことはまぁ合ってると思いますよ…。
          「素晴らしい自己啓発本」の言う通り、他人を気にしすぎて縮こまっても良いことはほぼ無いですからね。
          だからといって傍若無人に振る舞って良いというわけでもないですが。

          しかし…言い方….!!(´・ω・`)
          言い方ひどくないですか…。

          仮にも友達なのに…
          「やだこの人…」となる一言。

          学校時代ならともかく、学校ではなくなったら
          「嫌な人とは付き合わない」
          という選択肢が選べるんですよね。

          だから大人になっても付き合う友達って仲が良いというか、長く付き合うと思うんです。

          その人と無理して付き合わなくていいんじゃないですか?(´・ω・`)疲弊する心がもったいない…(´・ω・`)

          へむさんの言う例えわかります!
          「私は牛乳飲めないのに!なんであなたは私の前で飲むの!?あてつけ!?」
          って牛乳アレルギーの人に怒られたら
          「えぇ…(´・ω・`)」
          ってなりますもんwwww

          言い方で似たような意味も伝えられるのに、この言い方だと
          「もうあなたとは食事行かない」
          が選ばれますもんね….w

          他の記事までありがとうございます゚+。*(*´∀`*)*。+゚
          本当にありがとうございます!

  23. たばさ より:

     おぉ!!

    ・メンタルヘルスに理解がある人→鈴林さんに激しく同意→鈴林さんちょっと引き

     来ましたね。ついに。

     私は趣味でヒーロー、、、じゃなくて、社の福利厚生を担当している者です。産業医の先生の手配やカウンセリング窓口の依頼とか、色々やってます。

     鈴林さんの言葉を借りて、、、心の病を持つ人が「王」化するパターンを私の経験から、鬱を例に言いますと、

    ① 鬱病初期
      「志望していない配属で全然楽しくないし、この間のコンペも負けたし、彼にも振
     られたし、忙しくて親友とも会えないし、、、。」
    ② 鬱病発症
      「朝なのに、、、仕事なのに起き上がれない、、、何?私だめじゃん。仕事行かな
     くちゃ、、、でもだめ、体が動かない、、、。あぁ、私ってだめな子だ。もう何もか
     も嫌。自分が嫌。もう死にたい。」
    ③ 欠勤により上司または親と心療内科へ(免罪符の獲得)
      『あなたは心の病です。ちゃんとお薬を飲めば直りますよ。』
      「私が悪いんじゃないんだ!病気が悪いんだ!!」
      『病気を治すためには周囲のサポートも必要です。上司(または親)さんもご協力
     ください。』
      「私の心を、、、気遣ってもらえるの?うれしい!!」
    ④ 復職→「王」化
      「○○さんに××と言われました!私のこと気遣ってない!パワハラです!!」
      「さっき△△課長とすれ違ったとき、無視されました!!パワハラです!!」

     って感じです。「王」化は私の経験上、男性には無く、女性に顕著に現れます。特に女性上司に対し強い攻撃性を示すケースが多いので、そうならないよう配置について配慮してます。女性上司をパワハラで訴えるといった裁判沙汰もありました。

     でも②の段階で自ら命を絶ってしまうケースもありますので、それよりは全然いいです。特に男性は確実に命を絶つ方法を選択するので注意が必要です。うぅ、、、カウンセリングの窓口を一生懸命増やしているんだから、心を悪くする前に頼むから利用してくれ!

     縁あって我が社に入社してくれた方達です(私もですが)。簡単には切り捨てません。

     で、心の病を持つ人との接し方ですが、

    ① 心の病を持つ人に直接接する部署の人→メンタルヘルスを習熟し、必要最小限の接触
     を。
    ② 心の病を持つ人に直接接しない部署の人→「おはよう。」「お疲れさま。」の挨拶の
     み必ずすること。

     が基本ですね。心の病を持つ人にとっては、接することもストレス、無視されることもストレスです。見守ることが基本。すっげー大変ですけどね。

     心の病が快方に向かうのは、おおむね10年ほどかな?でも直るんだからいいじゃない。命を絶たれるよりは「王」化全然オッケー。社へ貢献する方法なんて100通りだってあるだわさ。

     でも、、、「嫌な人とは付き合わない」という選択肢があれば、心の病を持つ人とは付き合わないというのが一番平和ですね。

    • 鈴 林 より:

      わ!(゚∀゚)たばささん、度々コメントありがとうございます。
      会社の福利厚生担当の方ってそんな仕事をしてるんですね。
      知りませんでした。

      なるほど。
      「今までの頑張りを認めてもらえなかった」

      「認めてもらえた!」

      「これもこれも!」

      というような感じ…なんでしょうか。

      確かに命を絶たれるよりは王にでもなってもらった方がいいですね!
      他の部署の方は「挨拶する」というのがなんだか驚きだし
      納得がいきました。

      挨拶は「あなたの存在することを知っています」
      という一種の信号ともいえますからね。
      一人で閉じこもっていてはできない「挨拶」、誰でもできるし
      するのも楽!

      付き合わなければいけないなら付き合いますが…
      やはりそれも「必要最低限」ですよね。
      確かに命を絶たれるよりは王にでもなってもらった方がいいですが
      周りの人にもキャパシティがありますから…。

      趣味でヒーローをやっているものだ、とか
      言ってみたいですよねw

  24. 匿名 より:

    他の方とのコメントは全部読めていませんが、私はあなたのことを羨ましいなと思います。
    最初は、悩んでて自分で立ち上がった人に正論ぶつけなくてもと思いましたが、きちんと「自分は自分」と境界線があるから言えるんだなぁと感じました。

    私は考えすぎてしまう性格で、それを改善したくて色々な本を読んでいますがHSPという、考えすぎてしまう性質を持つ人間がいると知りました。
    本来は皆さんが持っている境界線を持っていない人間がいるそうです。まさに私。
    そもそも口に出さなくてちゃんと自分と相手の距離感をうまく保てるなんて高騰手段を、皆が当たり前に持ってるなんて知りませんでした。(自分がその能力がとてつもなく低いだけなのですが…)

    愛されていないと感じる人にとっては、親からの愛は記憶のない赤ん坊の頃からの無償のものだと思い込みが大きいんだと思います。
    あなたの言われるように親に愛されてないわけではいことも今ならよくわかりますが、肯定されないとそれを感じ取れないんです。
    感じ方とかって人に教えてもらわずに大人になるにつれて備わって来るものですもんね。
    教えてもらうものでもないこたは承知していますが、その普通が身体だけ大人になってしまってついてきていないんですね。

    長い文章でしたが、あの漫画に対して感じたことがストレートに書かれていたので私自身も感じることがたくさんありました。
    私が作者本人だったらヘコみますが、なるほどそう言われたらと思う点もありましたし、自分とは違う視点で見られたのであなたの意見を見ることができてよかったと思います。

    自分に甘いことを甘くないよって言われて心救われていましたが、ちゃんとしなきゃと思えました。
    ありがとうございます。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      わからないままにせず、改善しようと調べるなんて偉いしすごいと思います。
      「自分は自分」という境界線?を持っていないのは…私は日本の教育とか文化があるからでは、とも思っています。

      洋画を見たり、海外ドラマを観ると日本では「え!?それ言っちゃう!?」というようなことを
      さらっとやっていて文化の違いを大きく感じますw

      もちろん「言われないとわからないこと」もありますけど、「言うことが無粋」ということもあるとは思うんですよね。
      私の感想・というか意見で良かったと思ってもらえて、私も嬉しいです。ありがとうございます。

      • 匿名 より:

        返信ありがとうございます。
        確かに日本の文化と言われればそうですね。
        集団性と言っていいのか、多数派に合わせる心理は大きいかもしれません。

        今のタイミングでこのブログに来てよかったです。
        ブログに書き込みしたことも初めてなんですが、たまたま見つけて読んだことに感謝しています。

        実は先週から休職していて、原因になった夢を今朝見てまたへこんでいたところでした。
        あなたのブログを見ていなかったら発奮することもなく、作者に共感して自分かわいそうと思っていたと思います。
        早期復帰できるように、自分の中で気持ちの切り替えができたことに感謝です。

        • 鈴 林 より:

          いえいえ!こちらこそありがとうございます!
          お国柄・・・仕方ないとは思うのですが、今の時代とはそぐわないですよね。

          そんな風に言っていただけてすごく嬉しいです!ありがとうございます。

          休職して夢に見るくらいですから、相当何か嫌なことがあったんですね。
          もちろん「自分かわいそう」と思ってもいいとは思うんですが、ずっとそのままも良くないとは…思います。
          あなたも怒っていいことだったかもしれませんし!
          何があったかわかりませんけども・・・←

          「この人はそーいう人なんだな」って思うと、ちょっと冷静になれたり
          「こんな言い方しかできないなんてかわいそうだな」とか少し気持ちに余裕が出るのでオススメです!w

          多数に合わせることは時として大事ですけど、自分の気持ちくらいは自由でいてもいいと思います!
          早期復帰、無理せず頑張ってください(*’ω’*)

  25. 羊飼い より:

    こんにちは!
    こちらの記事を読ませて頂き、共感の一言に尽きます。
    私のモヤモヤを全て代弁してくれてありがとう(笑)

    永田カビさんの人間関係観はいちいち重たくて、気軽に接し難い人間という印象です。
    多分彼女の心の良薬になるのは『愛される』『必要とされる』『大切な存在になる』、
    『絶対裏切らない』『どんな時も助け合う仲』『全て理解してくれる』などでしょう。
    そして理想と現実を比べて絶望して憂鬱になっていくのだから、もう一人迷宮ですね。
    永田カビさんは対人関係において上記の感情が芽生えない状況を「孤独」と捉えているようなので、解決の先は長そうだなぁ~(笑)・・・と思いました。
    人肌の温もりが欲しい!というレベルの愛を要求しているところが、そんなの誰でも難しいよ。心をケアする為に通うなら風俗より協会が財布に優しいかと思いました・・・。

    ところで、この手の話題には必ず「人の気持ちも理解しないで上から目線で言わないで!」が沸きますが、これぞまさに自分を孤高の悲劇に追い込むタイプの典型だと思いました。
    他人の気持ちなど考察する事は出来ても、完全に理解する事などできません。
    理解したとしても、それが受け入れられるとは限りません。
    「異なる価値観からの意見」を「上から目線・否定・弾圧」と解釈し、それが嫌だというのなら、耳を塞いで閉じこもっていた方がよいのでは。

    • 鈴 林 より:

      羊飼いさん、コメントありがとうございます!
      段々羊飼いさんのような方が減ってきたので、余計に嬉しいですw
      ありがとうございます!w

      その欲しい言葉、というか感情?状況?も本当に手に入ったら
      それはそれでストレスを感じそうな…wそんな気がしますw
      そう!!そうなんですよ!!教会ホント良いと思うんです!!wあとお寺とか??

      お察し、もしくはコメントをご覧の通りです・・・w
      一人の意見、として書いているので「私は違いますね」というのなら「なるほど」と思えるんですが
      「人の気持ちも理解しないで!」ってのは・・・じゃあ私の気持ちも理解してよwという思いが沸きますw

      異なる価値観があって当たり前だと思うんですよね。
      その方が楽しいし、世界も広がる!!

  26. めりー より:

    感想の内容はともかく、改行しすぎで読みづらいくて文章もうまくまとまっていない、やったら長ったるいのに中身がペラペラで説得力がない文章だと感じました。

    私もこの記事をきっかけに本を読んで作者は自分の人生の悪かった部分を全部家族や他人に責任転嫁する卑屈で見ていて苛々する人間だと感じましたが、漫画の感想とかいえ詳しくは知らない他人の感性や生き方を相手が反論できない安全圏から一方的に批判してるのにコメントで第三者から非難の言葉がきた途端に言い訳がましくなって別の意見にも理解のある大人ぶる鈴林さんは汚いなぁ、って思いました。

    安全圏から他人を一方的に批判するものを一度でも発表したのなら第三者に叩かれたからって言い訳せずに堂々とすべきです。それが他人の生き方を一方的に批評して非難した人間の責任で義務だと思います。

    • 鈴 林 より:

      めりーさん、コメントありがとうございます。
      はぁ(゚∀゚)左様ですか。
      「安全圏から批判して」って言いますけど、逆に危険域から批判するってあるんですかね?
      批判することをとても大きなものとして捉えているように感じました。

      めりーさんにとって「意見を言う」ことは批判と同義なんですね。
      それがめりーさんにとって同じことだと映っているなら、まぁいいんじゃないですかえね。

  27. ぽむ より:

    鈴林さんめんどくさそうな人にも
    コメント返して大変ですね((+_+))尊敬!!
    でもでも、私も永田さんのまんが試し読みしただけなのに
    すっごいもやもやしたので鈴林さんのおかげですっきりしました!!

    日にちが経ってからコメントすみません(._.)

    • 鈴 林 より:

      ぽむさん、コメントと気遣いありがとうございますw
      なんだかすみませんw
      全員に返すぞ!とは思いましたが途中「つら・・・」とも思ったりしたので
      そう言っていただけると嬉しいです!ありがとうございます!(*´ω`*)
      もやもやしますよね!wスッと入ってはこないですけど、もやもやするからこそ売れているのでしょうかね・・・w

      日にち経ってるとかいいんですよ!(゚∀゚)
      コメントありがとうございました!

  28. 匿名 より:

     鈴林さんにとって、作者の永田さんは心理学でいうところのシャドウの役割なのかなと、感想やコメントのやり取りを見て感じました。
     コメント全て拝見いたしました。すでに指摘していた方がいましたね。作品を読んモヤモヤしたのなら、こういう見方も一つあることを残しておいてください。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      あなたのおかげで、コメント返したつもりのことに気づけました。
      ありがとうございます。
      また、同じようなコメントの2つについては削除してしまいました。すみません。

      残しておいてくださいも何も・・・。残しているのですが・・・。
      なんだか上から目線で話されているところが受け入れづらかったですけど、コメント3つもありがとうございます!(゚∀゚)

      • 匿名 より:

        鈴林様
         コメントを送信しても更新ページにのらないので、同じコメントを何度を送ってしまいました。その点は申し訳ございません。
         なるべく丁寧に文章は書いたつもりでしたが、うまく伝わらなかったみたいですみません。作品について何か始終もやもやしていると書いていらっしゃったので、私が感じたことを送ったまででした。さらに困らせたなら申し訳ないです。

        • 鈴 林 より:

          度々すみません。
          あ・・・もうなんというかこちらこそすみません・・・!
          このコメントでは攻撃されることが多くて、八つ当たりみたいなことをしてしまいました・・・(´・ω・`)
          本当にごめんなさい。ごめんなさいしか言えないです・・・!
          文字だけって難しいですね。他の方からしたら「ここでそれやり取りするなよ」というような内容ですが、
          私は、まさかお返事いただけると思ってなかったですし、悪い方に捉えてしまった自分が恥ずかしいです。
          ありがとうございます。

  29. りく より:

    鈴林さんの感想にとても共感を覚えました。
    自分はまったくもって普通の家庭に育っているため、こういう悲劇のヒロイン願望が歪んだ形で出ているようなタイプの方は理解に苦しみます。
    「他人の家にはずかずか入らせてもらうけど、私の家は絶対にダメ!近寄らないで!」
    特にこの部分が、そうそう!と思えました。

    • 鈴 林 より:

      りくさん、コメントありがとうございます。
      全く違う考えの人って本当に存在するものなんだな…と感じますよねw
      世界が広がります。
      言われた側としては一方的ですよねw共感していただいてありがとうございます!

  30. ゆず より:

    ここ見て正直な感想

    不毛~
    からっぽ!
    って思ってしまいました
    意味あるのかな
    永田さんもえらいのに目をつけられちゃったねって感じた

    • 鈴 林 より:

      ゆずさん、コメントありがとうございます。
      感想なんでね。ありがとうございます。
      私も目をつけられちゃったねって感じです。

  31. 匿名 より:

    責められるのしんどいなら消せばいいですよ。
    せっかく共感して貰えると期待して感想書いたのに認められないのはお辛いでしょう。
    あなたが病んでしまいますよ。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      消せばいいって言われますねwありがとうございますw
      反対の意見でも、もっと冷静に意見交換できると思ったんですけどね・・・
      想像以上に人格否定とか思いもかけない方向から言われることが多くてびっくりしました。

      心配していただいてありがとうございます!
      始めに、なんとなく全部に返すって決めてから続けてますw

      • 匿名 より:

        冷静に意見交換したいんだったら、記事の内容も感情的じゃなくて、冷静に書けば良かったんじゃない?

        • 鈴 林 より:

          匿名の方、コメントありがとうございます。
          そうですねー。冷静と言ったら確かに語弊がありましたね。
          もっと人格否定だったりただただ永田さん擁護とかじゃなくて違った意見が聞けると思ったんですけどね。
          自分の感想なんだからどう書いたっていいじゃないですかw

          • 匿名 より:

            でしたら他の人が鈴林さんの感想を見て、それに対してどんな感想を書いたって言いと思うので、いちいち相手を否定するような事を書く必要がないと思います。

            そもそも記事の内容は意見交換を求めてるようには見えず、永田さんの漫画を見て鈴林さんが腹が立てて、それを記事にしているように見えるので、まともな意見はでにくいのかなぁと。

            売り言葉に買い言葉だと思います。

            偉そうに色々とすみません。

            ちなみに私は、永田さんの漫画は面白い表現が多いので好きです。
            ただ鈴林さんが言われるとおり永田さんは自分勝手な部分が多く、相手に求めすぎている気がするので、永田さん自身はあまり好きにはなれないなぁと思いました。

          • 鈴 林 より:

            匿名の方、コメントありがとうございます。
            そうなんですよね~~!つい「くっ」と思って書いてしまうんですよwネット向いてないですねw

            そもそもコメントが来ると思ってなかったのが良くないですねw
            もう完全に個人の感想で書いてたので他にどんな意見があるんだろうとか全く考えてませんでした。

            ありがとうございます。
            確かに「そんな捉え方があったか!」となる表現が多いですね!
            気を使っていただいてありがとうございます(;^ω^)嬉しいです!
            永田さんは、最近いい感じな気がしてるのでこのままいい方向に流れて欲しい…!

  32. すずめ より:

    お疲れ様です。
    初めに、私はここの意見全ては読んでいないのでズレたこと言ってるなと感じたら気にせず流してください。

    私はめりーさんのコメントに強く共感しました。同時に、鈴林さんの返信に疑問を持ちました。
    鈴林さんは批判の意味を履き違えてはいませんか?批判する、というのは何も悪口を言う、貶める、攻撃するといった意味合いではなく物事を評価、判定する、正しい方向へ諭すといった意味合いもありますよ。鈴林さんからは批判を前者の意味合いで捉えている印象を受けました。
    また、具体的な「危険域からの批判」の例を求めていらっしゃいましたが、それは自分の都合の悪い意見から話題をすり替えるための発言のように思えました。ちなみに私は「危険域からの批判」は自分の公的立場を明らかにして批判することだと思います。芸能人がTVで政治家を批判したりね。

    永田さんは永田さんで問題を抱えていらっしゃいますが、正直に申し上げて鈴林さんの人間性にも疑問があります。だからこそこんなにコメントが来るんですね。

    まずは自分にも永田さんに似た部分があると認めてみてはいかがでしょうか?自分と同じ意見の人にはすり寄り、おろしろくない、攻撃されたと感じれば「それも1つの考え方ですね」と器の広いふりをして拒絶する。なんだかなぁと思いますね。
    そして私にも両者の欠点に通じるものがあります。他人の振り見て我が振り直せという諺もありますし、お互いこれからがんばりましょうね。

    長文失礼致しました。

    • 鈴 林 より:

      すずめさん、コメントありがとうございます。
      そもそも私、自分のこと人間性に問題ないと思ってないです(゚∀゚)

      めりーさんのコメント読み直しました。あのコメントもらったあたりは、それまでに色々もらってて
      既にコメントもらうことが嫌だったんですよねwなので好意的なものは素直に嬉しかったです。
      「責められなかった…」と思って。
      個人の意見と書いているのにみんな「私のこのブログでこんな意見を広めるな」とか言うのでもう嫌になっていたんですよねw
      すずめさんの見解で大体合ってると思います。

      この記事で私は、言葉・特に文字だけだとだいぶ誤解を与えるし
      色んな考えの人がいるし、お互いを認め合えない人もいるんだなってことを学びました。

  33. 匿名 より:

    去年の記事にコメント失礼します。
    私は去年の夏、pixivコミックで公開されてる一人交換日記を読みました。
    私の親は私が小さいころからほぼ毎日しょうもないことで喧嘩しています(苦笑)。中学までは家族なんて~と思ってのですが、ちょうど反抗期も治まってきた高校生半ばの頃に、あるきっかけで幼い頃描いていた「理想の家族像」がぼわっと噴き出したんです。なんで私の親は…仲睦まじい家庭に生まれたかった…って、理想と現実に苦しむ私の様が永田カビさんとどことなく似ていて、だから、カビさんの漫画読んでいたらすごく辛くなりました。でも、鈴林さんのような意見を他で見たとき、最初はびっくりしましたが「ああ、確かにそうかもしれない…」と思いました。きっとカビさんは、幼少期に本来満たされるべきであるはずのモノが満たされてなかったのでしょう。だから、過去と現在を繋げて見て悩んでいるのでしょう。私もそうでした。だから、過ぎた不遇を親のせいにしてました。でも、親のせいにしたってどうにもならないんですよね。過去はもう過ぎちゃったし、辛いことをなかったことにはできませんから。それに自分がどんどん辛くなっていくだけだし…自分で変えていくことが大事なんですよね。
    記事の文中で、カビさんのご両親目線で書いてあったことですが、そこは盲点でした。
    漫画ではわからなかったのですが、不器用ながらの親の愛かもしれないですね。
    私の憶測ですが、カビさんはきっと、病気のせいで慢性的に気が沈んでいるのでしょうね。ちょと、問題が拗れてがんじがらめになりそうな気がして、そこが心配です。
    長文とまとまりのない文でスミマセン…

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      理想の家族像わかります!wドラマやマンガ、そして友達の家族を見ていると
      「これが仲のいい家族か・・・」でもうちはなぁ、と違いに悲しくなりますよね・・・w

      過ぎたことをいつまでも考えていても仕方ないんですよね・・・。どうにもなりません。
      受け止めるなり見ないようにするなりで前に進んだ方がいいですよね!
      pixivコミックご覧になってるということなら…最近のは読まれました??
      最近のを読んでいると、吐き出してすっきりしたのかなんとなく前より前向きになれているようでした。
      私全く関係ないのに「よかったな」って思えましたwまだでしたら読んでみてください!
      病気もちょっと良くなって…るような…w

      • 匿名 より:

        返信ありがとうございます!

        そうなんです、解っていただけますか…!ありがたいです…!
        今まで何かのせいにして逃げてきたツケが今回ってきてると冬の終わりに痛感したので、小さいながらも自分に革命を起こそうと、日々努力しています!笑

        そして、ずっと前で終わりだと思っていたので、鈴林さんに言われたった今読んできました…!カビさん、確かにいい方向に進んでいってるみたいでよかった…最後の辺りの「私の主観で描かれていた」と書いてあったところで、カビさんがいい方向に向かっている感じがしてなんだかホッとしました…!
        問題を解決するのはいつだって遅くはないんですね。

        • 鈴 林 より:

          匿名の方、こちらこそ返信ありがとうございます!
          ありがたいなんて…!とんでもないですありがとうございます!
          冬の終わりにww最近!!w
          仮にみんなに好かれたとして…「で?」ってなるんですよね…w
          人気者になりたいの?と言われれば違うし…。外国みたいに「人は人。自分は自分」と持つことができれば
          それだけでだいぶ楽になれますよね(´・ω・`)

          終わりだと思うのわかります!w途中のマンガは本当に「大丈夫か!!」って感じでしたけど
          マンガで吐き出して、人と触れ合って、永田さんなんだか変わりましたよね。
          いい方向に行きそうな雰囲気!
          何かをするのに遅いときは無い、ってよく言いますけど本当にそうですよね。
          むしろ10年20年しか生きていないのに「成功していこう」と思っていたのって無茶なんだなって最近思います。

  34. あさしろ より:

    鈴林さま、初めまして。最近、私も永田カビさんの著書を読みまして、モヤモヤしていましたので鈴林さまの記事を拝見しましてモヤモヤがスッキリしました。
    なんていうか、カビさんは他人に求める期待値が高い方という印象を受けました。
    「1返したから100返してよ~!!!」と駄々こねている子供という感じというか……
    私もカビさんとは同年代で境遇も似ているのですが、(10年以上ある精神疾患を罹っています。今は改善され殆ど症状は出ていないですが)両親でも話が合わないこともただあるのでそこは、「仕方ない」って考えたほうが気が楽なのになとか他人にあまり期待しないほうがいいのに思いました。期待が裏切られると辛いし、勝手に期待をかけられた方が可哀想ですし……(-_-;)
    永田カビさんの著書が評価が高いのを見て、疲れている方が大勢いるのだなと思いました。(承認欲求が強い方が)
    最近のカビさんのも読みました。彼女が精神的に安寧が訪れますようにと切に願います。
    いきなりの長文・乱文失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      あさしろさん、コメントありがとうございます。
      さっき返したと思ったんですが…!被ってしまったらすみません;;;

      私の感想でモヤモヤが解消されたということは、私とあさしろさんは似た部分があるようですねw
      隣の芝生は青く見える…というか、知らないからこそ良く見えすぎてしまうんでしょうね。
      期待が大きすぎるから、本質を知ったらガッカリしてしまう。だから人と付き合うのが難しいってのもあるのかもですね(´・ω・`)

      最近のカビさんは吐き出しまくったせいか良さそうですよね!
      コメントありがとうございました!

  35. 匿名 より:

    私も何となく鈴林さんとカビさんは同じ種類の人かなぁと思いました。私は運良く良い両親に恵まれ、立ち直れる程度の小さな挫折を乗り越えつつここまで来ましたけど、苦しんでる人を甘えてる、嫌いとは言えません。できるだけ優しくしたいです。何となく自分に近しい物を感じたからこそ、端々で共感してしまってそれが鈴林さんをイラつかせてるのなぁ、と……鬱の気がある人って鬱病の人を責めるって言いますよね……二人ともなるべくご自身を見詰めすぎないでほしいです。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      そーいう目線もありますね~。近しい何か、自分の嫌いなものを相手に感じるからこそイライラするのかもしれませんねw
      心配ありがとうございます!色々頑張ります!

  36. なか より:

    色々吹き荒れてますね。
    批判しているような文書にも思えないですが、そういう風に受け止める人が多いことは誰しも自分に甘いところがあってそこを攻められてるように感じてるから本能的に防衛してるのかな?とも思います。
    精神面で苦労してた友人達を見て来ましたが、それでもなお鈴林さんの意見に共感できます。

    ただ、苦しんでいる人たちはあまりに自分が苦しみすぎて人の気持ちへの共感力が余裕がないために欠如してる人が多かったです。なので自分の苦しみだけをどうにかしたくてその狭まってしまった世界の中でもがいて答えを出してそれを発信してしまうので、その狭まった世界から少しでも抜け出せた人から見たら、攻撃されてるようにも思える態度や発言に思えてしまう。
    わかってもらいたくて必死に頑張るけど 伝わらないと絶望してしまって無気力になる。死んでしまいたいほどの孤独に陥る。でも、それってその人の世界の中で他人が本当の意味で他人として認識されていないように思えます。
    他人の意見やその発言の背景や思い、他人にもそれぞれの歴史と考え方がある、というのが認識できず、自分の世界の中の想像にしかすぎない他人だから思いが伝わらない、理解されない時に世界も信用できずに壊れてしまう。

    わかってくれないではなく、そういって来る人の言葉にはどういう背景があるのだろう?自分の気持ちだけに目がいってしまえばどんどん現実とは乖離してしまう。その辛さが肯定されて、その場で慰められても、結局ループになって抜け出せなくなれば淀みにしかならない。

    頑張って抜け出そうとしてるけど、自分を変える気が本当の意味ではないからこそ、賛否両論がうまれるのでは?と思います。辛い時には正論でなく寄り添ってもらうことで癒される気持ち、そこから抜け出すことで根本的に楽になれる気持ち。どれも皆経験していてるからこそ段階的な意見の相違が見られるのかと。

    ただ、そこを抜け出せるにはその人本来が持っている強さももちろんあると思いますが、それだけではないと思います。鈴林さんの言葉には辛いことを知っている故の強さを感じます。無神経な人はそもそも理解ができない感情だと思います。

    ほんの少しだけ、ほんの少しだけ他人の感情を自分の世界からでなく見られたら変わるのかなとも思います。鈴林さんが同じ種類の人間に感じる人がいるというのは、同じ種類でも段階が違うんじゃないかと。 悩んでる最中の人には上から目線にも聞こえるだろうし、そんな言葉を求めてないってなるのかなあと。
    だけどいろんな人と付き合い、見て来た中で、人にも言い方にもよりますが、自分が欲しい言葉以外は深く傷ついたり拒絶する人は淀んだままが多かったです。

    なので辛い中でも、外部の力を借りる、カウンセリングを受ける、自分だけの力で解決しようとしない、つまりは外部の人を信頼する (そういう人に巡り合う運もありますが)方に流れていけたら、良いなと思います。 鈴林さんの経験値がないから経験していって得るんだ!っていう姿勢はものすごく共感しました!

    • 鈴 林 より:

      なかさん、コメントありがとうございます。
      色々吹き荒れてるんですよwそれだけこの作品が注目されているし、同じような、もしくは近しい人がいるからだと思ってます。
      本を読んで終わっていたらなかったことなので、そこは感想書いててよかったとは思います。

      共感していただいたり…本当にありがとうございます!!もう毎回「本当にひどい人ですね」とか書かれるのでコメントにいい思い出がありませんww
      自己防衛もあって私に攻撃するのは理解できるんですが、ひどいこと言われるのは慣れませんねw

      なかさんのようなこと言っていただけると本当に嬉しいです。ありがとうございます。
      段階的に変わっていく、のはなんとなくわかります。時間が経ってから理解ができることありますけど、それは段階が進んだということなんですかね。
      いやもう本当に色々…ありがとうございます!

  37. なか より:

    返信ありがとうございます。
    ひどい人…。 そうですかね。
    おそらくそう発言する人はそばにいたら優しくしてのしかかられて、あまりの重さに距離を置くかフェードアウトする人が多い気がしますけどね。
    鈴林さんは発信する言葉に責任を持つ、コメント全てに返信してる時点でそれは垣間見えます。

    最近は現実を生きるのが辛く感じる 繊細な人が多くなってきている気がします。
    個人的には、怒られ慣れていない、理不尽なことは流せず、アドバイスは受け入れられない、自分を肯定する言葉だけを受け入れる人が多くなってきたと。アドバイスも思った効果が得られなかったらアドバイスした相手を恨む 、それを受け入れて実行する際に自分の責任だと落とし込めない、自分のしたことに責任を取る覚悟がない人が増えたなーと。

    これは全然作品と関係ないですが。笑
    そんな中作品の感想をここまで書いていたことに 共感とあっぱれって思っちゃいます。

    意見も色々あると思いますが、自分の事に責任を持って社会を生きる。
    親や周りに感謝の気持ちを持つ。そうやって生きていきたいですね。

    • 鈴 林 より:

      なかさん、度々コメントありがとうございます!
      コメントまで返してくださるなんて…本当にありがとうございます!あまりいません!!w

      私の言い方もあるんでしょうが、「この作品はそんなものじゃない。~~の人へ向けての~~な作品だ。あなたみたいな人に言われたくない」とか
      こんな方向のコメントが多いですかね。「どんな楽しみ方したっていいじゃないか…」とは思うのですがw
      あと「他人の意見を聞かない人なんですね」とかがありますかね。こーいう人はみんな私の「感想」という意見を無視しているので「おまいう」状態だと思ってますww

      仰ってること、なんかわかります…。アドバイスした人を恨むって自分は傷つかないですけど、周りは傷つくんですよね。
      その人のためを思って言ったのに、結局その人に恨まれる。そんな風になったら「もう関わるのやめよう」とはなりますよね。
      私も似たようなこと思ったときありましたけど、だからこそ今「その決定をしたのは自分だから」と思えます。

      感想書いたのは…本当ただ「スッキリしたかったから」ですねwwwまさかこんなに賛否両論分かれるものになるとは思ってませんでしたw
      これを書いたときは間違いなく、この内容にイライラしましたからねw

      なかさんの言うように、自分に責任持って、せめて周りに感謝して生きたいですね。

  38. マルハーゲ帝国 より:

    こんにちは。
    私はここで話題になっているマンガを読んだことは無く、「どんなお話なんだろう?」と検索していたらこちらに流れ着いたものです。
    コメント欄が熱くてビックリです。顔が見えないコミニュケーションってこんなんなるんだ…と非常に勉強になりました。
    「あなたはひどい人だ!言葉に気を付けろ!」と主張する方々の文面ほど、相手を責めてダメージを与えようとしている内容であるように思えて、興味深いですね。

    人間関係で一番大切なのは、親子でも恋人でも友人でも、『相手に対する敬意』だと思うのですが、相手が見えないネット空間では見えない相手に敬意をもって接することは難しく、結果、水掛け論の不毛なやり取りになってしまうんでしょうね。

    わざわざ相手の作った空間にお邪魔して意見を述べるのだから、この空間の持ち主の方の意見に沿う沿わないに関係なく、もう少し礼儀をもって言葉を選べばいいのになぁ、そうしたらもっとわかりあえるのになぁ、と、今、ガンジーのような気持ちになっております。心はすっかり丸ハゲ丸眼鏡です。
    わかってほしいなら、まず自分が相手を理解する努力をしなきゃ。
    優しくしてほしいなら、自分だって相手に優しくしなきゃ。
    ギブアンドテイクよ~、と、道端でニセモノ時計売ってる外国人の人も言ってましたよ。(時計は買いませんでした)

    盛大に話がズレましたが、こちらに来たおかげで、本を買うか買わないかの判断をすることができました!ありがとうございます!

    (本当に通りすがりなので、返信は不要です)

    • 鈴 林 より:

      マルハーゲ帝国さん、コメントありがとうございます!
      返信不要とのことでしたが、しちゃいます!すみません!!

      笑いましたwwありがとうございますwww時計を売る外国人の話とか面白いです!w文才を感じます(*´ω`*)

      いやぁ・・・コメント熱くなってますよね!!!私も思います!!!
      「どうした!!」と始めは思いまいたwもうホント…色々ありがとうございます。マルハーゲ帝国さんのような方がいるだけで救われます!!
      ギブだけ求めても何も生まれないですよね。

      こちらこそ、ありがとうございます!

  39. 長崎純景 nagasaki nozomi より:

    こんばんは。私はこの漫画を少し読み、漫画の作者の名前を調べこの記事に行き着きました。この漫画もこの記事もなんか不思議な感じで読ませていただきました。なんか、漫画も記事の作者さんも両方とも心が綺麗だなと思いました。なんか、上からのようですいません。しかし、あなた方は綺麗です。全てが。一生懸命やって頑張って、この言葉はすごく陳腐に感じますが、人に対して暖かさを感じます。変な言い方してすいません。なんか、すごく心にうたれた感じがしたので。言い表せない自分の心を精一杯の文にしました。
    司馬遼太郎『義経』にこんな文があります。「夜ものを考えると次第々々に心が消極的になり、物事の両面のうち不運なことのみ予想し、ついには破滅すら考える。やはり物事は太陽のあるうちにお考えあそばせ」と。
    申し訳ありません。なんか、関係ないことを書いて。しかし、お二方ともとても美しいです。

    • 鈴 林 より:

      長崎さん、コメントありがとうございます。
      おお、なんと!Σ(゚Д゚)ありがとうございます。私もうまく言えないですが、長崎さんが私のことを悪く言っていない…
      ということはなんとなくわかります。
      とんでもないです。コメントありがとうございます。太陽のあるうちに考えた方が、確かに明るいことを思いつきやすいですね。

  40. かがる より:

    感想読みました!私はレズルポの時はまだ「カビさんって自分を変えようと行動的になった人なんだ!経験しようとするのすごい!」って思ってたんですけど、二作品目は親元離れて引越しすることの躊躇いにネチネチと親を言い訳にして、いやそんなに辛い辛い言うなら早く出なよ親にも失礼だろ….28歳でしょ…?ってなって、モヤモヤしてました。鈴林さんの感想を最初に見た時、またカビさん派(鈴林さん全面否定派)の意見の返信を見た時、共感性がない方なのか、少しは理解してもいいんじゃないかと思いました。でも、読み進めるにつれ、 鈴林さんはとても優しい方なんじゃないかと思いました。全面否定されてる方の意見も、一つの考え方として返信し、自分の意見を述べる時も、自ら行動して良い方向にいけるよう助言をしているので、甘やかすだけが優しさではないと知りました。今最初の感想を読み直してみると、叱った後に色々連れ回したい、と言っていたのが、とても愛のある行動だと思いました。「かわいそう」だけでなく「ちょっと考え方変えて外を見よう!」みたいな!私は好きです。長文失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      かがるさん、コメントありがとうございます。
      ありがとうございます…!!! (´;ω;`)そう言っていただけるととても嬉しいです!
      私自身、この感想書いた時「うわーーー!」って書いたので…!w

      ありがとうございます!

  41. ゆかり より:

    私は逆にかびさんに共感しました
    もしかしたら似ている部分があったからかもしれません
    逆に「腹が立つ」なんて方がいるなんて事にびっくりです

    甘えるな しっかりしろって意味なんでしょうね
    でもかびさんはうつ病を患っててそういう風な考えは出来なかったんだと思います
    普通の考えが出来ないんだからしょうがないですよ
    うつ病の人に向かっていえますか?
    出来るんだったらとっくにしてますよ
    もう少し人の気持ちを汲み取って考えてみてください
    違った見方もあると思います

    コメント失礼しました

    • 鈴 林 より:

      ゆかりさん、コメントありがとうございます。

      私の感想なので、ここに書いてます。
      感想で、人の気持ちを汲み取って書く必要は無いのではと思いました。

      「人の気持ちをくみ取る」って大変ですよね。
      こんなにもできないのですから。

  42. 匿名 より:

    鈴 林さんへ
    こんにちは。
    あなたの感想読ませていただきました。
    私の憶測で申し訳ないのですが、たぶんあなたは永田ガビさんが心配でたまらないのではないでしょうか。
    心配だからこそコメント欄にも反応して書いているのではないでしょうか
    もし心配してこの記事を書いたのだとしたら、あなたのやさしさはとても素晴らしいと思います。
    ですが、心配するあまり神経質になってあなた自身を追い詰めることにはならないでください。
    私は批判や肯定意見を毎回反応するあなたを見て私はとても心配になりました。
    自分の意見を正直に言うことはいいと思いますが、それについての意見まですべて受け止める必要はないと思いますよ。
    まずは自分のことを大切になさってくださいお願いします。
    勝手な憶測でモノ言って申し訳ありません。不満なら削除してしまって構いません。
    あなたもガビさんも幸せになってくれることを祈っています。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      匿名の方みたいなコメントいただいたのは初めてです。本当にありがとうございます。
      とても嬉しいです。
      コメントいただきありがとうございました。私も、あなたが幸せになってくれることを祈ります!
      私も自分を大事にしようと思います。本当にありがとうございます。

  43. しましっぽ より:

    初めまして。
    pixivコミックでこの漫画を読んで、モヤモヤと言うかさっぱりこの人の気持ちを理解出来なくてカビさんについて検索していたらこちらのブログを見つけました。
    途中までしか読んでないし、飛ばして最終話を読んでしまったので感想も何もないかもしれないですけど笑
    まず、うつ病の人ってこんなに寂しくてたまらないの!?って言うのが一番最初に感じた事です。それと、多分私はカビさんと同じ歳くらいなのですが、この方は心が子供のままのような感じがします。この歳で親に愛されているのかとか考えた事がありませんでした。何というか親は大事だし、ありがたい存在だけど、自分は自分と言うか…そこまで親にどう思われているのかもう関係なく過ごしているし。
    鬱の人の気持ちとか分からないので勝手な考えですが、ここまでくる間にもっと出来る事があったのでは…と思ってしまいます。この人はこの先どうやって生きていくんですかね。
    でも、それなりに共感する人がいるって事は結構世の中病んでる人が多いのかなと感じました。
    鈴林さんの感想を読んで少しスッキリしました。

    • 鈴 林 より:

      しましっぽさん、コメントありがとうございます!名前がかわいいですねw

      最終回読まれたんですね!(゚∀゚)私も読みました。良い方向に進んでてよかったです。
      スッキリできたようで、よかったですwありがとうございます!
      親に色々してもらっていることを「当たり前だ」と思い過ぎていたのでは…と個人的には思いますね。
      あと「憧れ」みたいなものが強すぎたのかなぁとか。

      私も鬱の人の気持ちがよくわからないです!w
      常に前向き…は難しいとしてもあそこまで自分の気持ちを前に出すことが難しい人もいるんだなぁ…という他人事な感想ですね←

  44. めぐすり より:

    私も、スッキリしました。
    病気ならワガママをぶつけて生きて迷惑をかけてもいいのかな?
    そうじゃないんじゃないかな。
    自分で考えて反省するっていうのは、自分を傷つける事と同義ではない。
    傷をつけて反省したフリをして、私はこんなに傷ついてるんだから
    もう責めないで!って言ってるみたいに感じました。
    同年代のカビさんは幼稚園児みたい。気持ち悪いです。
    擁護する人も、理解する気はありません。
    画力はあるので別方向で頑張ってほしいですね。
    感想を失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      めぐすりさん、コメントありがとうございます。
      そうなんですよね…「私を助けて欲しい!」と言いながら人と話さずに相手を傷つける人は理解できないです。

      幼稚園児ならかわいいんですけどね…(´・ω・`)大人だとちょっと面倒に…!
      pixivコミックで公開されてる最終回だと、いい方向に向かってました!(私が言うことでもないですが)読んでみてください!

  45. 匿名 より:

    読みづらく文章になってないブログ、病気の人を追いつめるテンプレ。結局わがまま言ってるのは永田カビさんと一緒だし、あなたは攻撃的でもっと悪い。Googleなんでこんなブログが上にくるよ。
    ていうか病気になったこともない人がその病気の人をジャッジしてもいいのかね?っていう内省もないし、薄っぺらい人間だね。

    永田カビは頑張りすぎずにがんばれ。ブログ主はいい人ぶって周りの人をせいぜい気付つけないようにしろ。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      おっ久々にこーいう方からコメントもらいましたね。

      ジャッジしてるつもりも無いですし、個人の意見なのでね。匿名の方が言うのに反論すると…
      検索順位についてはGoogleにお問い合わせください、永田カビさんへの激励はここではなくツイッターなどでしましょう。
      そしてあなたも、自らを省みましょう。新興宗教の教祖みたいなこと言いましたが、嫌なことでもあったんですか?元気出しましょう!