花のち晴れ 4話 感想・ネタバレ 完璧イケメン天馬くんは最強で愛莉との関係も変化するゾ!

シェアする

スポンサーリンク
花のち晴れ_R

鈴林です。花のち晴れのドラマ…本当に毎回宇多田ヒカルさんの歌の使いどころが上手い。毎回あの歌が流れる度に泣くんだけど!wそこまでの演出も上手いし、なにより宇多田ヒカルさんの歌が最高。

今4話で、ここまで全部この歌で泣いてるからね。涙もろくなったのかもしれないけど、宇多田ヒカルさんの歌好きだわ~~~雰囲気に合い過ぎだわ~~。

今回は、漫画の3巻の内容をじっくりやった感じだった…かな。漫画でのメグリンとの出会いはさすがにドラマでは再現しづらいよね…w

アニメならまだしもドラマだと制約が多すぎるもんなぁ。

今回の話は漫画だと3巻

次回は4巻だったり5巻だったりするのかな?

スポンサーリンク

花のち晴れ 4話

スーパー完璧イケメンの天馬くん

やっぱりここまでの天馬くんが満点すぎるでしょ。最強。このさわやか完璧イケメン男子馳天馬くんに勝てる奴なんていないよ…。最強すぎる。

愛莉の策略で閉じ込められる、というところは漫画と一緒だけど閉じ込められる場所が漫画よりも厳しいところだった。あそこって冷蔵庫的な設備のある倉庫だよね。とても広いけど。

4話 完璧イケメン天馬くん_R

http://www.tbs.co.jp/hana_hare/story/ep4.html

出ていく前に何故か水が降ってて…あの中にあるもの全部ダメになったのかな、って心配になってしまった。

漫画でも愛莉はカメラを仕込んで中を撮影していたけど、会話も聞けるようにしていたとは!これはオリジナルなのかしら??

天馬くんは音ちゃんよりも先に居て、寒いはずなのに真っ先に上着をかけてくれるし

「こうやって音とくっついてる方があったかい」

とか言って抱きしめてくれるし。はーーーー!!ファン増えるわ!!グイグイ増えるわ!!

あそこでお母さんのお葬式での話も出してくるところがずるい。あの中寒いだろうし、もっと天馬くんとくっつくかと思ったら水降り出しちゃうし。

結局あの水…どうやって降らせたんだろう??事故??

庶民生活だってOKな天馬くん

音ちゃんちの前でイチャイチャしてたら、音ちゃんのお母さんにみつかって家にあがるなんて…!!いいね!!こーいうオリジナルいいよ!天馬くん溶け込むわ~~。音ちゃんのお父さんの服…という名のスウェット似合うわ~~。

親公認の関係だけあって、すごく馴染んでた。そして音ちゃんのお母さんのドジが炸裂w

「タコさんウィンナー…だったものです」

って言ってあのウィンナー出してくるの笑ったw天馬くんは、ちょっと引いているように見えたけど「練習なんだし、一緒にやりましょう」って言ってくれるし優しい。

音ちゃんと、天馬くんと、音ちゃんのお母さん。昔とは違うけど、昔とは変わらない関係だなって感じがした。

りえさんとの関係

なんとなくだけど、天馬くんにとってお父さんは「裏切り者」扱いなんじゃないだろうか。お母さんが亡くなったのに、別の女を傍に置いたりして。

むしろ…りえさんとの関係って…お母さんが生きていた頃からだったり…しないよね??

お母さんが亡くなって、ずっと音ちゃんが傍にいてくれたから前に進むことができた、という天馬くんの言うことはわかる。身近な人を亡くしたことはないけど、1人じゃないだけで嬉しいと思う。

だからこそ、りえさんのことは好きじゃない…のかな。頑なに「りえさん」と呼ぶしね。きっと「お母さんと呼びなさい」とか言われているだろうに…。

愛莉と音ちゃんはトモダチ

正直、愛莉と音ちゃんの感じは漫画の方が好き。私はどうしても原作推しになるので、ここだけは譲れない。

しかし!!ドラマも…なんかいいね!!

4話 水筒初めて見た_R

http://www.tbs.co.jp/hana_hare/story/ep4.html

愛莉と一緒に服を探してるところとか、ラストのあたりとか確かに仲良さそうだった。漫画の方が、愛莉の病んでる感を強く感じたけど…漫画の表現の方がわかりやすいしね。

「そうやって愛莉のことで頭いっぱいにすればいいんだよ!!」

って言ってるあたり、良かった。私の中での愛莉のイメージと合ってた。そして天馬くんと音ちゃんの映像を見たときのハルトの落胆具合が…辛い。あれは見てて辛いでしょ。

自分の好きな人と別の奴が抱き合ってイチャイチャ会話してるのを見せられてるとか辛すぎる。怒りをあれで抑えられるハルトがすごい。あれを見せられて逃げ出す人だって多いと思う。

愛莉はあれを見せて、「あんな奴ダメだな!愛莉、帰ろう」とか言われるのが望みだったのかな。それとももっと愛莉を憎むハルトも見たかったんだろうか。

工場で愛莉をみつけるのとかも…正直漫画の方が好きだけど…ま、まぁまぁ!!ドラマも良かった!!

雨のシーンとかよく再現したな~って思う。工場も良い感じに似ていた。

愛莉が小学生の頃にハルトに助けてもらったのと、同じように音ちゃんが助ける、というのは演出上手かった。そーいう使い方をしてきたか。ありがちだけど、良い話のやつだよね。

あの雨の日で、きっかり失恋してしっかり気持ちを切り替える愛莉ってすごいよなぁ。あたしにはできないかもしれない。

そして音ちゃんの家に来て、音ちゃんとハルトを応援してくれる愛莉。

ここからの愛莉がかわいいんですよ!!!この後はかわいい愛莉しかいないはずだ!!

海斗と杉丸と一茶、とメグリン

海斗と杉丸と一茶…この3人の影がどんどんと薄くなってきたなぁw海斗はまだ出番あるから良いけど、杉丸と一茶は、今回の主な出番が「悪かった」という音ちゃんへの謝罪のシーンだしね…w

9巻読んでも思ったけど、海斗って愛莉のこと好きでもおかしくないよな…?だいぶ構ってくれるしだいぶ心配してくれるし…。無自覚で愛莉が好き、とかだったら面白いんだけどそんな展開は無いかしら。

そしてラストに出てきたメグリン。一茶のことをスルーして、ハルトのところに一直線。

「私たち、どこかで会ったことない?」

か…。早々にネタバレすると、漫画だとアプリゲームのキャラに似てるー、とか言ってるからドラマでも似たような感じだと思う。

ファンの人には申し訳ないけど…め、メグリン…あんましかわいくないんじゃね…?漫画読んでてハードル上がっているからだろうか…。

今回の話は漫画だと3巻

次回は4巻だったり5巻だったりするのかな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク