いだてん 8話「敵は幾万」感想・ネタバレ 面白くなってきたよ!

いだてん メインビジュアルいだてん

鈴林です。いだてんは視聴率が悪いしなかなか面白くならないな~~~と思ってたけど…

8話も面白かった!!

マジで!? って自分でもびっくりするくらいだw 泣けたしほのぼのしたし、四三には頑張って欲しいとも思える。頑張って観てきてよかった…!

スポンサーリンク

いだてん 8話「敵は幾万」

優しい実次兄さん

熊本から東京までお金を持ってくるなんて、当時からしたら相当な苦労だろうにそれをあんなに笑顔で持ってきてくれるなんて…。

本当にいい兄さんだ。泣けてくるわ。

8話 優しい兄上_Rいだてん公式ツイッターより

スヤちゃんの嫁ぎ先の家がお金を貸してくれたおかげで何とか用意することができた。実次兄さんがあそこまで四三が走ることに対して前向きだなんて意外だった。美川くんじゃないけど、もっと反対しても良かったのに。

世界記録を破ったことも影響しているんだろうか。

実次がずっと良い人で感動した。世界に行って活躍できるのか不安だという四三に対して
「お前が弱虫だとこれから100年先の選手もみんな弱虫だ!」

って励まして…というか叱り飛ばしてくれて感動した。実次マジでいい人…。

前日に永井先生と可児先生と一緒に酒飲んでるところでも四三のことめちゃくちゃ自慢してたし。本当に弟が誇りなんだろうな。

弟のために1800円を用意して、郵便為替で送るなんてこともできないから持ってきてくれて。
オリンピックがどんなものなのか、ちゃんとわかっているのかも不安だけど世界に戦いに行くってのは知っている実次。

熊本に帰る時も「勝とうと思うな!」って言ってくれて優しい…! あそこで「勝て!」とプレッシャーをかけないところが本当に優しいと思う。

とりとめもなく書いたけど、実次に対して良い感情しか湧いてこなかった。

好きでもない男に口説かれて

スヤちゃんは庄屋さんの池部さんのとこと結婚するんだ…。
四三と結婚して欲しかったなぁ。でもこの時代、好きな人と結婚する方が難しいのはなんとなくわかる。

スヤちゃんが実次に池部さんの家を紹介したのは、四三が好きだからこそだよね。四三が東京で頑張っていることを応援したいから、自分にできることをした。それが義母と夫にに資金援助をお願いすること。

実次も「幾江さん」って呼ぶくらいだし、本当に地元で有名な家だったのかな。

1800円で金栗家の田畑を買い取り、無料で貸し付けるなんて…気前が良すぎる。ほぼあげているようなもの…ってかあげてる!? よね!?

スヤちゃんを信用して貸した…? あげたとは言っているけど、きっと幾江さんはスヤちゃんが「惚れた男のため」に頑張っているのを察している気がする。

惚れた男のためだからこそ、ここまで動いたと知っている気がする。

スヤちゃんが嫁に出ると聞いて、そしてスヤちゃんからのお金を見ているときの金栗がまた…悲しい。

自転車節を歌ったのは、スヤちゃんへのけじめをつけるため…なのだろうか。それともただただスヤちゃんを思い出して歌ったのだろうか。

東京講師を出た後に結婚ということも考えて良かったのかもしれない。でも四三はまだ結婚を考えられる時じゃなかった。

しかしスヤちゃんは嫁に行く年頃になっていて見合いだって決まっていた…。

スヤちゃんと四三が川で遊んだりしていた時……あの時もう先のことは決まっていたんだろうな。

自分の子供に興味のない親なんて

8話 弥彦!_Rいだてん公式ツイッターより

弥彦…! 弥彦良かったね…!!
予告でちらっと見て、それだけでもうわかったけどやっぱり見ると泣けるやん……!

三島和歌子さん、やっぱり弥彦のこと大好きだったんだ。弥彦のことも好きだからこそ、弥彦と四三のテーブルマナー練習の時にいつも付き合ってくれていたのかな。怖かったけどいてくれたからこそ変わるものもあったはず。

8話 母上行ってきます _Rいだてん公式ツイッターより

四三には見送りのために東京講師からたくさん人が来ているのに、弥彦には天狗倶楽部だけだった。そうなのか…と思ったけど、シマちゃんが来てくれて良かった!!

弥太郎もあれだけ「恥だ」とか言ってたのに、お母さんと一緒に走ってきてくれて
「親に何も言わずに行くやつがいるか!」
って言ってくれたし。本当は良い兄ちゃんじゃないか!!

「三島家の誇りや」って言ってくれて嬉しかったろうな。おめでとう弥彦。

その後いつものどや顔でインタビュー答えててさすがだと思ったw

コメント